窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> ヘヴィーオブジェクト> ヘヴィーオブジェクト 14 騎馬戦は足元を崩すべし アマゾンシティ総力戦II

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ヘヴィーオブジェクト 14 騎馬戦は足元を崩すべし アマゾンシティ総力戦II

ALL OFF / 「Never Gave Up」 TVアニメ「ヘヴィーオブジェクト」新オープニングテーマ <アニメ盤>

ヘヴィーオブジェクト 第14話。
歴史の定説の転覆を目論む、スラッダー=ハニーサックルとの対決。
以下感想

定説の破壊者

歴史の定説の転覆を目論む、スラッダー=ハニーサックルとの対決。

連戦で足回りがやられていたのが仇となったのか、
ベイビーマグナムは敵の罠により完全に無力化される。
搭乗者であるお姫様もその命を狙われるものの、
こちらはクウェンサーのとっさの機転でなんとか事なきを得る。
時間制限に焦っていたところを見事に狙われたって印象。
今回もお姫様は役立たずだったけど、そもそも状況が悪すぎでしたね。

「マスドライバー財閥」の出資者にして指導者、
さらにオブジェクト設計者でもある「スラッダー=ハニーサックル」
オブジェクト主流の現代戦のセオリーを破壊することを目論んでおり、
その可能性そのものを自己保身の切り札とし、
現にここまで確かな成果をあげてきた天才的頭脳の持ち主。
彼やクウェンサー&ヘイヴィア、さらには戦闘機のパイロットと、
今作は主役(オブジェクト)の陰に隠れた変態的超兵が多いことw
視聴者目線だととっくの昔に定説は破壊されていると思えるんですけどねぇww


武装の相性差こそあれ相手も同じく技術畑の出身。
クウェンサーはハニーサックルに勝利し、捕縛に成功。
各国入り乱れる泥沼の戦争を華麗に回避し、
「マスドライバー財閥」との戦いはこれにて終結となった。
しかしこれほどの功績をあげながらクウェンサーたちの査定はヒドいもの。
有能か無能かよりも上官に気に入られるかどうかが重要って話かなw

まとめ

てなわけで長きに渡る「マスドライバー財閥」との戦いの決着。
前回のアリに続いて今回は生身の技術者。
どちらもかなりの強敵には違いなかったわけなのですけど、
これまでの相手に比べると大分小者でしたよねぇ。
でも小者相手に戦っているほうがなんだか面白いっていうねw

クウェンサーたちのこれまでの働きが原因なのでしょうけど、
オブジェクト至上主義である現代戦の流れが変わりつつある。
(視聴者としては)戦場が多様化するのは喜ばしいことですが、
オブジェクト否定論者が台等してくるのに反応するかのように、
今度はオブジェクト至上主義を意地でも貫きたがる輩も出てくるはず。
いずれにせよ、時流の先頭にいるクウェンサーたちの苦難は続くのでしょうけどw
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ヘヴィーオブジェクト 第14話「 騎馬戦は足元を崩すべし アマゾンシティ総力戦II」感想
情報同盟への亡命を希望している事が判明したスラッダー。 正統王国は情報同盟のオブジェクトが介入してくる前に是が非でもスラッダーを殺そうと焦る。 しかし、肝心のベイビーマグナムはスラッダーの仕掛けた陽動に嵌り、自爆装置が作動してしまう。 何者かによりベイビーマグナムから脱出しようとするミリンダが妨害を受け、助けに駆けつけたクウェンサー。 脱出装置の射出口を塞...
[2016/01/17 23:16] アニメ色の株主優待
ヘヴィーオブジェクト TokyoMX(1/15)#14
第14話 騎馬戦は足元を崩すべし アマゾンシティ総力戦II ブレイクキャリアに搭載したレールガンが出現。ベイビーマグナムで狙撃しようとするが、ビルが倒壊して 瓦礫に埋もれて身動きが取れなくなる。戦闘機からの通信で、ロックオンされないようなコースで 飛行して爆弾で瓦礫を除去してくれる。 もしかしたらオブジェクトは存在しないのではと考えると罠の 可能性がある。地下にある試作実験炉が爆破すればベイ...
[2016/01/18 01:18] ぬる~くまったりと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。