窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり> GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第13話 開宴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第13話 開宴

岸田教団&THE 明星ロケッツ / 「GATE II ~世界を超えて~」<アニメ盤>

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第13話。
人種の違いが分かつ、帝都の光と闇。
以下感想

ヒト種と獣人種

人種の違いが分かつ、帝都の光と闇。

帝国の議員たちを取り込むための日本の画策は順調に進行中。
あくまで催しの範疇で彼我の戦力差を見せつけるのも、
最初は法外な賠償額を提示するのも、いたってセオリー通り。
しかし、日本の画策に気づきつつも、それでも皇帝は余裕の表情を崩さない。
おそらくは皇帝は、日本は帝国と戦いたいわけではないとわかっているのでしょう。
慢心しすぎな気もしますがそれなりに優秀な政治家なのでしょうね。


貴族たち(ヒト種)による綺羅びやかな饗宴の裏には、
虐げられた獣娘たちの苦痛に満ちた生活が隠れていた。
単一民族国家である日本とは縁遠い光景なわけですが、
それ故に生まれてしまう価値観の違いが、
両国の講和を阻害する一番の障害になるのではないかと思います。

肉親の情を利用しウサギ娘を性奴隷にしていたブーメラン皇子は、
あからさまにバカっぽいのでいずれその報いを受けるに違いない。
一方でこの先扱いが難しくなってきそうなのが獣娘の情婦たち。
自衛隊員として本国に得体の知れない感染症を持ち込むわけにもいかない。
情婦にとっても隊員の男にとってもツラい状況ってところでしょうかw

そんな獣娘の獣ならではの感覚が、帝都を襲う大地震を察知。
この特地では「地面が揺れるはずなかろう」と、
その存在が疑われるレベルで地震の発生が少ないようですが、
だからこそこの地震が帝都に与える打撃が恐ろしく思えてくる。
とはいえ本当に不幸中の幸いながら、今の特地にはあの自衛隊がいる。
大地震に対する対応能力は間違いなく世界一の部隊ですしね。

まとめ

てなわけでGATEの2クール目は、水面下で行われている講和の準備、
そして帝都における格差社会が描かれた一話でした。
日本と帝国の講和成立が獣娘たちの地位向上に繋がればいいのですが、
この手の問題は非常に根深く、そう安々とは解決しないのが現実。
まぁ何事もある程度は割り切ってしまうしかありませんね。

炎竜編と銘打った2クール目ですが、早速やってきたのは炎龍ではなく地震。
とはいえ脅威の度合いといえば炎龍よりもはるかに上と言えますね。
やらしい言い方をすれば、ここで帝国に恩を売っておけばいろいろと捗る。
帝国側も、この未曾有の危機を前に、
さすがに戦争がどうこうとか言い出したりはしない、と思いたいですが・・・。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ TokyoMX(1/08)#13新
第13話 開宴 ピニャ殿下と菅原外務省が共催で元老院の家族も招いての 園遊会が開かれる。イタリカが協力して人間のメイドたちを派遣してくれる。菅原は元老院の重鎮の親類シェリーに真珠をねだられる、実力者の親類だと知って 急遽プレゼントを決意する。伊丹も帝都の服装で元老院議員に自衛隊の演習を見せる。自動小銃や迫撃砲のデモに元老院議員たちは講和条件に 前向きになる。外務省が提示した金額は帝都の全資産...
[2016/01/10 21:09] ぬる~くまったりと
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第13話 『開宴』 帝国の暗部とか悪そうな奴も出てきた。
自衛隊 in ファンタジー。いよいよ分割2期がはじまります。「炎龍編」と銘打っているからにはダークエルフ・ヤオの願いを聞いて、ドラゴンと戦闘。になるんでしょうか。多分最後はそうなりそうですが、出だしは全然違う話だった。 伊丹の頭にうんこ乗ってるwwwどうやら帝国の服装をしている様です。かぶりものが変なだけだと思うんだけど、何故それにした。外務省・菅原の工作が実を結び・帝都で和平派の貴族との園...
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりに関するアニログです。
[2016/01/13 02:08] anilog
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第13話「開宴」感想
帝国との講和へと向けて、秘密裏に元老院との接触を図る自衛隊。 園遊会へ招待された議員達は日本の国力と武力を目の当たりにし、講和に賛同。 工作を察知したピニャの義兄『ゾルザル・エル・カエサル』の乱入もあるが、議員達を逃がす事で事態が公にならずに済む。 ロリを口説く外務省官僚・・・異世界だからって法律を考えろ。 うらやま・・・けしからん。 その日...
[2016/01/13 23:48] アニメ色の株主優待
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第13話 開宴
ゲートの2クール目始まったぞ~
[2016/01/16 03:49] ゴマーズ GOMARZ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。