窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第810話 ぐるわらの一味、上陸

ONE PIECE 第810話 ぐるわらの一味、上陸

ONE PIECE ワンピース 17THシーズン ドレスローザ編 piece.19 [Blu-ray]

ネタバレ注意です。
以下感想

惨劇

ジャックとミンク族の死闘の行方と、サンジたちの到着。

ジャック率いる凶賊とミンク族の激闘は5日間にも及び、
ミンク族はジャックを崩すことこそできなかったものの確実に押していた。
そんな状況にしびれを切らしたジャックは5日目にして「毒ガス兵器」を持ち出し、
それによってミンク族はほぼ全滅に追い込まれる。
まさか5日間も公爵と旦那相手に休むことなく戦い続けるとは・・・、
ジャックのタフネスが相当なものなのは間違いないとして、
我慢強いんだか短気なんだかよくわからんですよねぇw


それから凶賊たちはミンク族の戦士たちに拷問を行っていたが、
ルフィたちがドフラミンゴを討伐したその日にジャックたちは島を去っていった。
ジャックを追い返したのはサンジたちでなくルフィたちで、
サンジたちはジャックとは入れ違いにこの島にやってきていた。
つまりサンジとシーザーはジャックに連れ去られたわけではなかったわけですか。

まとめ

てなわけで今回はモコモ公国で繰り広げられた惨劇について。
ジャックが島を離れ、二人の王が瀕死の重傷を負ったそのタイミングでの到着。
ルフィたちのドフラ討伐のタイミングも合わせて、
麦わらの一味がミンク族にとって恩人と評されるのも当然なナイスタイミングでしたね。
で、ここからサンジたちはミンク族を救うべく奔走するわけなのですが、
果たしてその過程に何が起きて、サンジとシーザーは姿を消してしまったのでしょうか?
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/12/21 21:20 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(2)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

週刊少年ジャンプ3・4合併号 感想1
とりあえず、ワンピース、ワートリ、ヒロアカ、読み切りの感想だけ。以下、ネタバレ注意
ジャンプ3・4合併号で語られたワンピースの時系列の矛盾
どうも、807話で語られた情報と、810の情報とで矛盾が生じているような気がしてまとめてみました。