窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

K RETURN OF KINGS #10 Keystone

『K RETURN OF KINGS』vol.3【初回限定版】(Blu-ray)

K 2期 第10話。
「jungle」の野望が芽吹きつつある中、残る3人の王は・・・。
以下感想

再起と堕落

「jungle」の野望が芽吹きつつある中、残る3人の王は・・・。

「jungle」が政府関係者とのつながりを深めたことにより、
一応は公務員であった宗像は「セプター4」室長の座から罷免される。
トップはひねくれニートになるわ、No.3は反抗期を拗らせ家出するわ、
「セプター4」は世の中どころか内輪の秩序すら守れぬ状況にw
まぁでも他の王だって軒並みニートなわけですし、
そこまで深刻になることもないんじゃないかな?ww

シロは自らの夢の結晶である石盤の破壊を決意し、その方法を見つける。
そして他の王たちも各々が司る属性に従い各々のスタンスを決める。
秩序を司る宗像としては石盤は正しき管理のもとその力を発揮されるべき。
しかし以前の戦いで宗像は石盤を守ること叶わずボロ負けし、
しかも今では「セプター4」を従える権利も、その志すらも失っていると。
幸か不幸か、宗像はようやく堅苦しい立場から解放されたわけですし、
これを機にもう少し心赴くまま自由に行動してみりゃいいのに・・・。


一方、石盤破壊のキーマンであるシロも着実に死亡フラブを建築中。
そしてようやく白銀のクランにも固有の名称がつけられることに。
「吠舞羅」も大概だと思っていたけど「白米党」はそれ以上にヒデェw
ネーミングセンスについても緑のクランの一人勝ちだよなぁww

まとめ

てなわけで今回はシロ&アンナの再起と宗像のニート化。
宗像みたいなデキる男が堕落していく様子はいい酒の肴になりますねw
堕ちるとこまで堕ちたこの男がどう再起するのかにはちょこっと期待してます。

こんな具合に宗像ばっかに注目してしまいましたが、
今回シロが下した決断についても触れておかねばなりませんね。
姉や中尉との思い出の品を破壊するのにはもちろん葛藤があるでしょうけど、
それ以上に今のシロにとってはクロやネコと一緒にいることが重要なのだろうと。
不死という己が身に課せられた宿命から脱却し、
彼らと共に限りある生命を歩んでいこうという思いの顕れなのでしょう。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/12/06 19:00 ] K RETURN OF KINGS | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。