窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> K RETURN OF KINGS> K RETURN OF KINGS #09 kid's room

K RETURN OF KINGS #09 kid's room

『K RETURN OF KINGS』vol.3【初回限定版】(Blu-ray)

K 2期 第9話。
青のクラン「セプター4」を離反した伏見が進む道は・・・。
以下感想

三色目

青のクラン「セプター4」を離反した伏見が進む道は・・・。

石盤の奪取に成功した流率いる緑のクランは、
人々を異能の力に覚醒させる試みの試運転を行う。
万人が個性を輝かせる混沌とした弱肉強食の世界の到来。
黄金の王亡き今、本来ならこういう時こそセプター4の踏ん張りどころですが、
やはり中核を担っていた伏見の離脱が地味に痛手だったのでしょうか。

で、この状況であのいじけメガネは伏見の抜けた穴を新たな人員で補給していた。
かつて先代の青の王を始末した男を側近に加えたことから、
いよいよ自らの最期の時を見越しての準備をはじめたようにも思える。
おそらく宗像は伏見にその役割を期待してたんだろうなぁと今さらながら思います。

宗像とのケンカ別れでセプター4を脱退した伏見は、
ポイント制の緑のクラン「jungle」で猛スピードの出世を遂げていた。
お金の力で二人分のポイントを集める裏ワザを実施しているものの、
その程度でのし上がれるなら他にもっと上位ランカーがいてもいいわけで、
結局は伏見の優秀さあっての大躍進に違いない。
とはいえやり口があまりにも面白みの欠片もない姑息極まるものなので、
やはり目的はゲームを楽しむことでなく緑のクランの中核に入り込むことでしょう。

御芍神紫や五條スクナに並ぶJランカーにまで上り詰めた伏見は、
緑のクランの中核として例のボロい一室に招かれることに。
心機一転、鞍替えしても相も変わらず愛想の欠片もない猿。
その様子はまさしく人間関係クラッシャーそのものですが、
生粋のムードメーカーイワさんのおかげで、
ここではぼっちに悩まされることもなさそうかなw


まとめ

てなわけで今回は伏見の、青のクランから緑のクランへの鞍替え。
伏見も以前はセプター4のナンバー3であったわけで、
そんな彼を嬉々として受け入れる緑のクランの面々(スクナ除く)に
いろいろ違和感と疑念を覚える一話でした。
単純に食卓に並ぶ仲間が増えたことを嬉しく思っているのか、
それともぬるゲーを程よい難易度に変えてくれる障害の参入を喜んでいるのか?
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/11/28 23:45 ] K RETURN OF KINGS | CM(0) | TB(2)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

K Return of Kings TBS(11/27)#09
第9話 kid's room ジャングルの元Uランカー、平坂同反は捕らえられ幽閉されていた。 能力は比水流から与えられただけと教えられる。 彼女を脱獄させる伏見。 一般人にも得意能力が発動し始めていた。 政府も取り締まりを始める。 平坂はUランカーに復帰、伏見も急速なランクアップで注目される。 もうすぐJランカー入りが目前だった。 シロはドレスデン石版を無効化するために1ヶ月自室で頑張...
[2015/11/29 10:21] ぬる~くまったりとII
K RETURN OF KINGS #09 Kid's room
猿比古君の真意は・・・
[2015/11/29 16:31] ゴマーズ GOMARZ