窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ヘヴィーオブジェクト> ヘヴィーオブジェクト 09 障害物競走なら普通は泥まみれ 南極大陸制圧戦

ヘヴィーオブジェクト 09 障害物競走なら普通は泥まみれ 南極大陸制圧戦

「ヘヴィーオブジェクト」Vol.1<初回生産限定版>【Blu-ray】

ヘヴィーオブジェクト 第9話。
熱帯のオセアニアから一転、今後は極寒の南極へ。
以下感想

世界のどこにも属さない場所と、世界一安全な場所

熱帯のオセアニアから一転、今後は極寒の南極へ。

ドSな教官に踏まれるのが大好物な救いがたい変態のヘイヴィアですが、
一応貴族のこの男には格差社会を象徴するかのようにれっきとした婚約者がいた。
まぁよくある話なのですが、二人の婚約関係には、
あまり面白くもなさそうな政略が絡んでいる模様ですが、
少なくとも当人たちにはそういった事情とは別の想いがある様子。
にしても女の子のためならたとえ火の中水の中とは、
ヘタレな印象のヘイヴィアもれっきとした主人公気質ですね。

今度は何の嫌がらせなのかは知りませんが、
クウェンサーたちはオブジェクトのオの字もない南極で、
テロリスト相手に泥臭い戦いを強いられることとなる。
派手なドンパチをやらかしながらも、
赤ちゃんペンギンの圧倒的な可愛さの前では敵も味方も関係なくなる。
まさしく可愛いは正義、ただし正義で世界が平和になるかと言われれば、
それはまた話が別、というクッソくだらない一幕でしたねw


テロリストが仕掛けたオブジェクト用機銃にまたまた殺されそうになる二人ですが、
TPOにそぐわぬ薄着状態のお姫様の援護射撃で無事ミッションを達成する。
そして婚約者の命を救うべく教官のお叱りも覚悟でテロリストの企みも挫く。
たとえ自らの立場を悪くしようとも、誰からも理解されずとも、
人知れず人助けをするのが真のヒーローってもの。
そしてなんだかんだでちゃんと理解を得られているのが主人公補正ですね。

まとめ

てなわけで今回は珍しくヘイヴィアが主役を張るショートエピソード。
名前もわからぬ映像越しの婚約者ちゃんが結構可愛かったのと、
くだらなさ満点の銃撃戦がすべてってカンジの一話でしたねw
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ヘヴィーオブジェクト 第9話 障害物競走なら普通は泥まみれ 南極大陸制圧戦I
ミリンダちゃん脱ぐ!!
[2015/11/29 16:28] ゴマーズ GOMARZ
ヘヴィーオブジェクト 第9話「障害物競走なら普通は泥まみれI」感想
南極へと派遣されたクウェンサーとヘイヴィア。 数々の命令違反のせいで出世する事も出来ず、今日も雑用を押し付けられる日々を送っていた。 そんな時、正統王国の調査用航空機がテロリストの地対空ミサイルによりロックされる事案が発生。 しかし、氷の大陸ではオブジェクトが調査できず、クウェンサーとヘイヴィアの二人はテロリスト達の目的を調査するため、氷点下の雪原へと送り出される事にな...
[2015/11/29 22:41] アニメ色の株主優待