窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> K RETURN OF KINGS> K RETURN OF KINGS #08 Kaput

K RETURN OF KINGS #08 Kaput

『K RETURN OF KINGS』vol.3【初回限定版】(Blu-ray)

K 2期 第8話。
死んだはずの灰色の王の介入で、シロの作戦にほころびが生まれ・・・。
以下感想

理想の高さと挫折の大きさ

死んだはずの灰色の王の介入で、シロの作戦にほころびが生まれ・・・。

かつて迦具土事件で死んだとされていた、灰色の王、磐舟天鶏。
野望も破れ今は緑のクランの居候の身となっていた彼ですが、
そのプライドの欠片もない在り方の前に宗像は情けなくも手も足もでない。
まぁ高すぎる理想を掲げ背伸びしまくる宗像にとって、
身の丈にあった戦いしかしない灰色の王は相性最悪と言える。
この男と比べると、宗像も伏見は良くも悪くも若いなぁと思えてきますね。


結局、ちゃぶだい同盟は灰色の王の乱入によって緑のクランに石盤を奪われる。
そして敗者たちは今回の戦いにおける戦犯が誰であるかという、
気持ちはわかるけど本当にしょうもなくて醜いアラ探しをはじめる。
灰色の王との直接対決で敗れた宗像に批判が集まるのは仕方ないとして、
一番責められるべきは本番においてほとんど仕事をしなかったシロでしょうw
要するに赤の連中や伏見の不満は概ね正しいだろうってことです。
3つのクランが手を組んでこのザマじゃ笑い話にもなりませんもの。

そしてそもそもちゃぶだい同盟に不満たらたらだった伏見と、
灰色の王にコテンパンにやられて荒れまくっている宗像がやらかす。
相手の軽口を軽く流せないところに二人の余裕の無さを感じる。
にしてもこれでもし伏見の裏切りが石盤の奪還のためであり、
その目論見が成功したとしたら、宗像としては一層立場がないよなぁw
というか裏切り者と蔑んだ伏見が抜けただけで仕事が回らなくなるとか、
この時点でいかにセプター4が無能集団であるかが明白ですねww

まとめ

てなわけで今回はちゃぶだい同盟の敗北と伏見の離反。
いつもと違って珍しくガキ丸出しな宗像と、
いつもどおりガキ丸出しな伏見が可愛く思える一話でした。

実際のところ伏見の意図がどうであるのかはさておいて、
コイツが出張ってくるとこの作品の面白さが跳ね上がるのは事実。
立場を弁えず好き勝手やらかす割には妙に執着心が強いこの男は、
個人的に今作でダントツで好きなキャラだったりします。
赤、青に続き今度は緑、3色合わさっていろいろ真っ黒になってきましたね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/11/21 23:20 ] K RETURN OF KINGS | CM(0) | TB(2)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

K Return of Kings TBS(11/20)#08
第8話 kaput 14年前の迦具都事件、赤の王、迦具都の暴走を誰も  止められなかった。 灰色の王、鳳聖悟は負傷した子供を発見する。 死んだはずの比水流が緑の王として覚醒したのだった。 未曾有の大事件で70万人が亡くなった迦具都事件。 あの時、石版の力が開放されて人類が進化していれば  もっと多くの人が助かったかもしれない。 そんな反省を込めて比水流の策に協力するのだった。 アンナが磐...
[2015/11/22 00:15] ぬる~くまったりとII
K RETURN OF KINGS #08 Kaput
なんかすごい展開になってきたけど、どうなっちゃうの!!
[2015/11/22 18:00] ゴマーズ GOMARZ