窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

K RETURN OF KINGS #07 Kickdown

解(アニメ盤)

K 2期 第7話。
黄金の王亡き今最強の王、緑の王、比水流の侵攻。
以下感想

計算違い

黄金の王亡き今最強の王、緑の王、比水流の侵攻。

流が出撃するとなった以上、露払いの役目はもうオシマイ。
これ以上は逆に王の邪魔になってしまうと言わんばかりに、
紫は駄々をこねるスクナを連れてアッサリ撤退していく。
熱血漢八田ちゃんの空回りっぷりが微妙に面白い。
アツくなりやすいキャラ同士スクナとは気が合いそうですね。

國常路大覚亡き今、フルパワーの流を止められる者などいない。
そう語る磐舟の見解通り、流は障害を物ともせず石版の間へと到達する。
常に無表情な幼女の本気モード、
新米の王にしては結構なレベルらしく緑の王相手に結構頑張っていた。
一方で守り担当だったはずのシロは今回も本当に何もしてねぇなw
八田ちゃんは宗像にキレる前にシロに文句を言うべきだと思うのww


シロの狙い通りに流は石版の間に到達した時点で電池切れ。
しかしここでシロたちは自分たちの計算違いを知る。
敵の切り札である流もまた真打ち登場のための露払いであると知る。
緑のクランズマンと思われていた磐舟天鶏こそ第六王権者「灰色の王」
にしても最後の色が灰色とは、微妙に白銀や無色と被ってる気がするなぁw

まとめ

てなわけで今回はちゃぶだい同盟vs緑のクランの中盤戦。
王同士のバチバチバトルが見られると思ったらアンナ一人が頑張っただけで
ちょいと物足りなさを感じないこともないのですが、
最後の王も参戦した次回が真の本番ってことで良しとしましょう。

まぁその灰色の王にしても後出しジャンケンにも程があるだろってカンジですが、
今は亡き黄金と無色を除いた5人の王がようやく一同に会したわけですし、
次回こそは王同士が全力を尽くすガチバトルが楽しめるのかな。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/11/14 23:20 ] K RETURN OF KINGS | CM(0) | TB(2)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

K Return of Kings TBS(11/13)#07
第7話 kickdown 遂に御芍神紫が赤のクランズマンと対峙する。 彼を追って青のクランズマンも到着。 しかし轟音が鳴り響く、比水流が出撃したのだった。 それを感じて御芍神紫は自ら撤退する。 階下でシロたちと争っていた五條スクナを連れて撤退する。 第3フェーズに移行する、御柱タワーを全館緊急閉鎖。 紫とスクナが破壊した防壁のルートが無駄になる。 少しでも時間と体力を削ぐのが目当てだっ...
[2015/11/15 00:10] ぬる~くまったりとII
K RETURN OF KINGS #07 Kickdown
驚愕の展開じゃないですか・・・・
[2015/11/15 09:53] ゴマーズ GOMARZ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。