窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> K RETURN OF KINGS> K RETURN OF KINGS #03 Kismet

K RETURN OF KINGS #03 Kismet

『K RETURN OF KINGS』vol.1【初回限定版】(Blu-ray)

K 2期 第3話。
クランズマンの窮地を察し、白銀の王が再び地上に舞い戻る。
以下感想

帰還

クランズマンの窮地を察し、白銀の王が再び地上に舞い戻る。

ボロアパートの一室を根城とする、
意外と所帯じみた印象の緑のクランの幹部連中&王。
緑の王は不変の性質を持つ白銀の王、
並びに赤と青に出入りをしているクランズマンにご執心な模様。
すでに自力じゃ身動きすら取れなさそうな装いですが、
こういうキャラに限って群を抜いて強かったりするんですよねぇ。

そんな緑の王の命で、カマっぽい幹部の御芍神紫がクロに襲い掛かる。
紫はクロにとって、無色の王の元に身を寄せていた頃の兄弟子。
その力関係は変わらず、クロは紫に手も足も、刀も、のび~る腕も出ない。
そういえばクロも紫も伏見と同じく複数のクランを渡り歩いた男。
二人共複数の力を持つレアキャラなのでしょうね。
にしてもクロって基本的に負け犬って印象がありますよねw

紫の手によってクロの首が飛ばされるというまさにその時、
はるか上空からクロの主、アドルフ・K・ヴァイスマンが落下してくる。
見たところ彼はいまだに「伊佐那社」の肉体の中に留まっている模様。
1期のラストで思いっきり吹き飛んでいた覚えがあるんですけどねw
というか健在だったのならもっと早くに戻ってこいやww

まとめ

てなわけで今回はようやくのシロの帰還。
1期から引き続いての主人公なだけあってさすがのカッコよさでしたね。
今期の彼は記憶を失った謎の少年「伊佐那社」ではなく、
すべてを思い出した始まりの王「アドルフ・K・ヴァイスマン」っぽいので、
1期とは比べ物にならない威厳や風格を観せてくれるのではと期待してます。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/10/18 14:20 ] K RETURN OF KINGS | CM(0) | TB(1)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

K Return of Kings TBS(10/16)#03
第3話 kismet 緑のクラン、五條スクナ、御芍神紫、磐舟天鶏は 話していた。 白銀の王が不在で次に打つてがなく手持ち無沙汰だった。 緑の王、比水流は白銀の王に会いたい。 紫にミッションを与える、夜刀神狗朗、天之雅をゲーム版上から排除して下さい。 夜刀神狗朗は殺してもいいですが。天之雅は連れ帰って下さい。 彼女は我が同胞です。 面白そうだからとスクナも同行する。 少し急ぎすぎてや居ないか...
[2015/10/18 17:01] ぬる~くまったりとII