窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第802話 ゾウ

ONE PIECE 第802話 ゾウ

ONE PIECE Log Collection special “JIDAIGEKI

ネタバレ注意です。
以下感想

本物

王下七武海最後の一人と新たな冒険の舞台「ゾウ」の正体。

"自称"白ひげJrである七武海のエドワード・ウィーブル。
見た目や言動はニセ麦わら海賊団や茶ひげのような偽物感が満載なのですが、
彼らと違ってその強さはまさに白ひげの若い頃そのものらしい。
誰もJrが本物の白ひげの息子だとはまったく思っていないみたいですが、
ここまで胡散臭いと逆に「実は本物でした」ってオチなような気もしますね。


1000年以上もの長い間動き続けているという幻の島。
ルフィたちの次なる目的地「ゾウ」の正体は本物の象だった。
海面からスラリと伸びた足を見ると、この巨大な象、
尋常じゃなく長い足の持ち主であることが窺えますねw

まとめ

てなわけで今回は白ひげJrの登場とゾウの正体について。
ゾウの正体が本物の象でしたってまさかのオチには笑いましたねw
これまでもへんてこな島は数多く登場してきたので、
巨大な生き物が島の正体って展開には別に驚きはないですけどね。
まぁそんなこんなで新たな冒険の舞台のオチは早速ついたわけで、
ここに新七武海やルーキー、四皇の一味なんかを絡め、
早々に物語が展開してくれることを願うばかりです。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/10/06 07:00 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL