窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> アイドルマスター シンデレラガールズ> アイドルマスター シンデレラガールズ Episode 24 Barefoot Girl.

アイドルマスター シンデレラガールズ Episode 24 Barefoot Girl.

アイドルマスター シンデレラガールズ 6 (完全生産限定版) [Blu-ray]

モバマスアニメ 第24話。
自信を失ってしまった卯月は再び光り輝くステージに立てるのか・・・。
以下感想

キラキラと輝きたいから

自信を失ってしまった卯月は再び光り輝くステージに立てるのか・・・。

クリスマスライブの前日、卯月はようやく事務所へと顔を出す。
いまだ病状がよろしくない卯月に対し、
Pや未央や他のプロジェクトメンバーは非常に優しい言葉をかける。
一方で美城常務は卯月のことを切り捨てろとPに忠告をしてくる。
この期におよんでイチイチ口出ししてくるんじゃねぇよとは思いますが、
この人のおかげで優しさと厳しさのバランスが保たれているのもまた事実。
こういうシリアス展開ではヘイト役ってホント重要ですよねぇ。

これまで頑張っていたつもりだけど、いつの間にか嘘になっていた。
魔法が解けてしまい、自分はもう輝けないのかもしれない。
そのことを恐れて立ち止まってしまっていることに卯月も気づいていた。
Pの言うとおり卯月の笑顔がなければニュージェネはとっくに解散しており、
凛にいたってはアイドルにすらなってなかったわけなのですが、
そういう自分の影響力ってなかなか自覚しにくいもの。
いつだかの未央みたく魔法の力で自信過剰になられても考えものですが、
今の卯月みたいに謙虚が過ぎるとそれはそれで厄介ですね。

ここまで現状をしっかりと認識できているのであれば、
あとはもう進むのか留まるか、本人の意思で選んでもらうしかない。
まぁ前回の凛と未央の呼びかけに応じて事務所へ足を運んだ時点で、
それ以前にデビュー前、仲間が次々と消える中アイドルを目指し続けていた時点で、
彼女は最後まで輝くことを諦めないだとろうと確信していました。
不器用で消極的だから他の人よりはちょっとだけ歩みが遅い、
ただそれだけのことでしたね。

いまだに自分に自信が持てているわけじゃないし、
これからどうなっていきたいのか明確なビジョンが見えたわけでもない。
だけど自分の可能性を確かめたいという一心で卯月は再びステージに立つ。
着飾らない素の自分でキラキラと輝いてみせた、
まさに卯月が彼女自身の魅力を自分の力で証明した瞬間でしたね。

まぁ制服でステージとかいろいろ問題ありまくりなんじゃないかとは思いますけどねw

まとめ

てなわけで今回は卯月の笑顔の復活まで。
さすがに3話続けて卯月の沈んだ表情ばかり見させられ、
だいぶフラストレーションが溜まっていたわけなのですが、
その分ライブでの卯月の満面の笑みには心打たれました。
いやぁホント、よく頑張ったよしまむー。

信じられないくらい目立たなくて無個性だった主人公(仮)が、
物語終盤でようやくアイドルとして花開く。
これぞまさしくシンデレラストーリーってカンジですね。
ぶっちゃけた話これでスタートラインに立てたって状態なのですけど、
だからこそ最終回での卯月の輝きからは目が離せません。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

【アイドルマスター シンデレラガールズ】第24話『Barefoot Girl.』 感想 (キャプ付)
アイドルマスター シンデレラガールズ 第24話『Barefoot Girl.』 感想(画像付) 島村卯月、頑張ります! 魔法が解けた卯月ちゃんを再びライブに向かわせたのは、Pとみんなの応援。 卯月ちゃんソロの『S(mile)ing』への流れは振るえましたね! 盛り上がったところで、次回は2週間後ってあんまりです(笑)  
[2015/10/04 01:45] 空 と 夏 の 間 ...
アニメ感想 15/10/02(金) #アイドルマスターシンデレラガールズ 第24話
アイドルマスター シンデレラガールズ 第24話『Barefoot Girl』今回は・・・クリスマスライブです。果たして、卯月の笑顔は見られるのでしょうか?相変わらず常務は冷たいですね。まぁ ...
[2015/10/04 03:31] ニコパクブログ7号館