窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> Fate/kaleid liner プリズマイリヤ ツヴァイ ヘルツ!> Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ! 第9話 金色の少年

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ! 第9話 金色の少年

TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!』オリジナルサウンドトラック「ツヴァイ デ プレッツェ」

プリズマイリヤ3期 第9話。
小さな英雄王が語る、美遊の正体とは・・・。
以下感想

逃れられない運命

小さな英雄王が語る、美遊の正体とは・・・。

英雄王に比べれば非常に温厚で親しみやすい印象の子供版ギル。
しかし全裸を恥じるどころかむしろ誇らしげに見せびらかそうとしたり、
美遊の持つ「希少性」に目をつけていたりと、英雄王に通じる部分も多々ある。
特に他人の秘密を暴いて悦に浸っているところとか本当にソックリw

美遊の正体は「平行世界における聖杯戦争の聖杯」
しかも聖杯戦争のために生み出されたアイリやイリヤとは違い、
天然物でありながら完璧に近いという規格外の存在であった。
美遊がすでに聖杯として完成し、中身すら備えている存在なら、
聖杯を完成させるための工程である聖杯戦争、
さらには聖杯の中身に相当する英霊も本来は必要ないはず。
つまり平行世界における聖杯戦争とは、我々が知る聖杯戦争以上に、
「聖杯を求め争う純粋な殺し合い」だったのでしょうね。

美遊の世界の聖杯戦争、及びクラスカードは美遊のために誕生した。
すなわちこの世界における一連の騒動の元凶と言えなくもない。
正体を暴かれ絶望した美遊は英雄王の半身に取り込まれ、
その半身は英雄王とは似ても似つかない異形となって大暴れする。
そしてその一連の流れを目にして激おこ状態のイリヤは・・・。
「魔法少女は二人で一人」と1期から言われているように、
今のイリヤはカレイドライナーのポテンシャルをフル発揮できるチートモード。
しかしこの状態のカレイドライナーが本当に完璧な存在であるのなら、
そもそも最初からカレイドライナーを二人に分割する必要はないわけで・・・。


まとめ

てなわけで今回は美遊の正体発覚とイリヤがやるべきこと。
もはや元が英霊なのが信じられないほどの異形と化した敵を前に、
「美遊の友達だから」という理由でイリヤが立ち上がる。
王道ながらかなり盛り上がる展開となってきましたねぇ。

異形化した英雄王と真の力を発揮するカレイドライナー。
規格外の化け物同士による最終決戦は、
もはや余人に介入の余地もない途方も無い戦いとなるでしょうね。
クロやバゼットや年増二人は残念ながらもう出番なしかな。
まぁ仮にも英雄王相手にそれなりにやり合えていた時点で、
クロやバゼットは十分株を上げていたと思いますよ。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ! 第9話 『金色の少年』 美遊の正体、そしてイリヤ怒りの二重変身。
ナニがナニやら。その言い方が結構あたっている気がする。 僕の体に恥ずかしいところなんて無い!!全裸少年の超然とした振る舞いに翻弄されるイリヤ。 服を着ろと言ったら葉っぱ隊になるなど見事なボケを見せてくれます。シリアスになったと思ったらすっかりギャグ展開。だったのもここまで。  この術式、アインツベルンのものではない。魔法少女が三人。聖杯の器として作られたイリヤ、...
Fate/kaleid_liner_プリズマイリヤ_ツヴァイ_ヘルツ! 第9話
ギルギル言うてますが、よくよく考えてみると名乗ってなかった。 スタッフロールもギルじゃないし。 美遊がなかなかにピンチ。それを絆で助けようとするイリヤ。 オープニングと重なる展開ですね。 以下ネタバレあり。 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ! 第1巻 限定版 [DVD] Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ...
[2015/09/20 08:30] こう観やがってます