窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> Classroom☆Crisis> Classroom☆Crisis 第十一話 それぞれの逆襲

Classroom☆Crisis 第十一話 それぞれの逆襲

【Amazon.co.jp限定】 Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス) 1 (イベントチケット優先販売申し込み券付)(メーカー特典:「霧科コーポレーション カレンダー(2016年)」) (全巻購入特典:「かんざきひろ描き下ろし全巻収納BOX」「描き下ろしB2タペストリー」引換シリアルコード付) (完全生産限定版) [Blu-ray]

クラスルーム・クライシス 第11話。
カズヒサ社長の真の目的、霧科コーポレーションを包む闇が明らかに。
以下感想

真相

カズヒサ社長の真の目的、霧科コーポレーションを包む闇が明らかに。

総選挙、ハイジャック、A-TECの解散、といったこれまでの騒動は、
すべてカズヒサ社長の真の目的「軍事部門の立ち上げ」への足がかりだった。
先見の明はあるし人を見る目もある、社長としての責任感も野心も十分。
感情論は抜きとして経営者としては至極真っ当で優秀な男ですね。
正直、このままこの人に付いてもいいんじゃないかと思えるぐらいカッコいいです。


快進撃を続けていたナギサはそんな社長の掌の上で踊っていたに過ぎない。
さらには霧羽家への復讐心も科宮家への忠誠心すら社長はお見通しであった。
これまでの自分の行いの無意味さ、どころか悪影響に気づいてしまったナギサは、
その心を完膚なきまでにへし折られてしまいますが・・・。
これってイリスの視点からするとネトラレ以外の何物でもないよなぁw

カズヒサ社長は会社や従業員の利益ばかりで顧客のことは何も考えていない。
社長の掲げる新事業の中核メンバーに据えられているナギサとカイトは、
上記のような意見を共有し社長に反旗を翻す。
しかし、ようやく敵対してばかりの二人が手を取り合ったと思った矢先・・・。
あぁなるほど、「それぞれの逆襲」ってアンタのことも含まれていたのか。
にしてもこの展開は予想してたけどちょっと再登場が早すぎやしないかな?

まとめ

てなわけで今回はこれまでのネタばらしとナギサの再起。
「会社の利益を最優先する」というポリシーのもと覇道を突き進むカズヒサ社長が、
ものすごく魅力的な悪役だよなぁと感心する一話でした。
まぁ悪役と言ってしまうのにも個人的には少し引っかかるところがあって、
別に兵器開発それ自体はさほど悪いこととは思ってなかったり。
科学技術の進歩と戦争は切っても切れない関係にありますから。

すべての謎が明らかになったところで、ここからナギサやカイトの反撃がはじまる、
・・・かと思ったら、今度は思いもよらない伏兵に刺されることに。
現状でも勝ち筋がまるで見えないってのにこれ以上落としてどうするんだろう?
ここから二人がどうやって逆転を果たすのかまるで予想ができませんね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/09/13 21:20 ] Classroom☆Crisis | CM(0) | TB(2)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

Classroom☆Crisis TBS(9/11)#11
第11話 それぞれの逆襲 ナギサの緊急動議は反対多数で却下される。役員会議でA-TECは解散で決定する。 イリスは無事に目覚めるがX-3の機体はボロボロで修理不能。それにイリスのパイロットとしての後遺症も心配。自分が科宮ナギサだと思いだしたがミズキには伝えない。霧羽ナギサは幼い頃からイリスを守っていた白崎家の一族だった。霧羽ヤスヒサの手から逃れるために地球に向かう途中で 遭難、死亡扱いだった...
[2015/09/13 22:23] ぬる~くまったりと
Classroom☆Crisis TBS(9/11)#11
第11話 それぞれの逆襲 ナギサの緊急動議は反対多数で却下される。役員会議でA-TECは解散で決定する。 イリスは無事に目覚めるがX-3の機体はボロボロで修理不能。それにイリスのパイロットとしての後遺症も心配。自分が科宮ナギサだと思いだしたがミズキには伝えない。霧羽ナギサは幼い頃からイリスを守っていた白崎家の一族だった。霧羽ヤスヒサの手から逃れるために地球に向かう途中で 遭難、死亡扱いだった...
[2015/09/15 01:39] ぬる~くまったりと