窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり> GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第11話 来訪者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第11話 来訪者

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 Vol.1<初回生産限定版> [Blu-ray+CD]

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第11話。
開戦から5ヶ月、自衛隊派遣によって特地にも変化が生じる。
以下感想

優しさとその責任

開戦から5ヶ月、自衛隊派遣によって特地にも変化が生じる。

日本と特地を繋ぐ唯一の「門」を有するアルヌスは交易の要所。
人や物が集まればそこには街ができるというのは至極当然な流れと言える。
注目は、この街の統治はロゥリィたち避難民やイタリカのメイドたち、
つまりは自衛隊にも帝国にも所属しない民が担っていることですね。

「門」は両国にとって政治的、軍事的、経済的に非常に大きな価値を持つため、
今後の講和においてもこの地の扱いが最大の問題となるに違いない。
そこでをこの地を管理する第三者機関が必要となってくるわけですよ。

日本との終戦を目指して行動をはじめたピニャは、
まず帝国の主戦派=日本と戦争したい派の切り崩しを図る。
交渉のカードは銀座事件で日本の捕虜となった主戦派の親族たち。
主戦派って割には身内の一人ぐらいで簡単に掌を返すものですよねぇ。
排他的思考に凝り固まった輩とは違い交渉が捗って非常にありがたいですけど。
というかピニャが「主戦派の中でも話が通じる相手」を選別している成果か。

ここしばらく、テュカは、いるはずのない父親を探して彷徨っている。
偵察隊の黒川はそんなテュカをこのまま放ってはおけないと言い出しますが、
あくまで小奇麗な理想論でしかないため伊丹に真っ向から却下される。
黒川の意見は幼すぎるけど伊丹の意見は保守的すぎ、0か100かの極論です。
大切なのはどこまでの干渉を良しとするか線引きを決めること。
この命題は何もテュカの件に限った話じゃなく、
特地に派遣された自衛隊の全員が考えなければなりませんね。

で、こういう議論の直後にダークエルフがやってきたのには運命を感じる。
彼女が自衛隊に頼もうとしていた仕事は「手負いの炎龍退治」
第3話では"撃退"に成功しましたが"退治"となれば話が変わってくる。
相応の報酬があっても相手取るにはあまりにもリスクの大きい敵ですし、
自衛隊の上層部はこの依頼を断る方向に動きそうな気がします。
しかしこの件はコダ村を守るため行動した伊丹たちの責任と言えなくもない。
上層部の意向とはまた別に伊丹がこの件をどう捉えるのかが気になります。

まとめ

今回は発展を遂げたアルヌスの街とテュカの異変、そしてお久しぶりの炎龍さん。
アルヌスが現地人による自治都市となり、ピニャによる講和の準備が着々と進行し、
そして伊丹が現地人への過度な干渉の危険性を若手自衛官に説く。
ただ自国の安全を守るため、現地の状況を調べるため、とはもういかない。
これまでよりも一段高度なステージに物語が進んだって印象の一話でした。

今後の焦点はもちろんダークエルフが自衛隊に依頼しようとしている「炎龍退治」
まずは自衛隊や伊丹が彼女の依頼を引き受けるのか否か、
そして引き受けたとしたらどのような方法で炎龍を仕留めるのかが見所ですね。
それと「炎龍退治」を通してテュカの精神状態がどのように変化していくのかにも。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第11話 来訪者
新キャラが続々・・・・
[2015/09/12 23:48] ゴマーズ GOMARZ
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ TokyoMX(9/11)#11
第11話 来訪者 5ヶ月が経過してアルヌスの駐屯地周辺には交易を 求める人々が集まり町が出来ていた。 外務省官僚の菅原浩治はピニャ殿下と共に 講和条約締結のために貴族たちと会席していた。元老院は主戦派と講和派に分かれている。講和派は、これを気に皇帝から実権を元老院に取り戻そうとしている。自衛隊には穏便に門の向うに帰ってもらいたいと考えている。だから直ぐにでも講和が締結できる。狙うのは主戦派で...
[2015/09/13 00:37] ぬる~くまったりと
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第11話 『来訪者』 ダークエルフ登場!またも第一印象は最悪だった。
ここからは未知の領域=原作を読んでおりません。ネタバレしようが無いのでのびのび紹介できますね。  難民キャンプが街に!本来難民生活は辛いもの。不便不自由そして物資の不足があるからです。しかし自衛隊の難民キャンプは一味違うと。まあ民衆は湧いてくるものとしか思ってない専制国家に比べたら遥かに住みよいでしょうし。しかし何もなかったはずの丘周辺に立派な石造りの建物があるのにはビックリした。...
【GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり】 第11話『来訪者』 感想 (キャプ付)
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第11話『来訪者』 感想(画像付) ポンコツ不幸なダークエルフ・ヤオちゃん登場。 一族を炎龍から助けるため、自衛隊に助けを求めに来るが…。 そうと知らず伊丹とロゥリィに敵対してしまう。 もうなんか間が悪い子(^^;  
[2015/09/13 10:14] 空 と 夏 の 間 ...
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第11話 来訪者」
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第11話 来訪者」に関するアニログです。
[2015/09/14 20:08] anilog
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第11話「来訪者」感想
開戦して5カ月が経過。 アルヌスは戦時下とは思えぬ程に平穏を保ち、さらには人と物資の往来により市街地までも形成されはじめていた。 そんな中、帝国へと戻ったピニャは主戦派を懐柔しようと画策。 日本の外交官『菅原 浩治』と共に水面下で元老院への根回しに奔走する。 そんな中、茉莉は症状が改善するする事のないテュカを心配して現実と向き合わせる事を伊丹に提案。 ...
[2015/09/17 00:03] アニメ色の株主優待


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。