窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第798話 ハート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ONE PIECE 第798話 ハート

ONE PIECE Log Collection special “JIDAIGEKI

ネタバレ注意です。
以下感想

正々堂々

規格外の能力で迫り来る藤虎に、ルフィは・・・。

ローとセンゴク、コラソンをよく知る二人の会合。
よく知ると言ってもコラソンはスパイという複雑な立ち位置の人物。
各々の視点だけではその人物像を完全に把握するのは不可能なわけで、
見解を整合して彼との思い出に一区切りつけよう、というのがこの会合の目的。
これにてようやくローの10年間に渡る戦いが終わったってカンジですね。

ドレスローザからの逃走を図る海賊たちを追う藤虎は、
国中のガレキを港の上空へとかき集める。
あれだけの物量をぶつけられちゃ最低でも船はひとたまりもないですし、
ついでにドレスローザの復興も捗るという一石二鳥な攻撃。
にしてもこの技、ティーチの「解放」やキッドの磁力も顔負けな規模ですね。

野暮用をすませて港へと到着したルフィは藤虎から逃げる
・・・わけもなく真っ向から戦いを挑む。
海軍大将だろうが四皇だろうが全員ぶっ飛ばさなきゃ海賊王にはなれない。
なんて無謀なマネを、とは思いますが、言ってることは正論でしかないですね。
盲目の藤虎を相手に攻撃を宣言するあたりに、
正々堂々実力で海軍大将を倒そうというルフィの心意気を感じる。
不意打ちかましてガレキを落とされちゃ仲間たちが危ない、って事情もあるのですが、
正直なところルフィがそこまで考えて戦っているとは思えませんねw


まとめ

てなわけで今回はまさかまさかのルフィvs藤虎への発展。
シャボンティ諸島時と同じく大将から必死で逃げる展開だと疑ってすらいなかった。
ここで大将とのガチバトルが見られるとはなんとも胸熱な展開ですね。
とはいえここで海軍の最高戦力が倒れてしまうのはそれはそれで拍子抜けなので、
藤虎が手を抜くか何者かの介入で決着はお預け、ってオチになりそうかな。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/09/01 07:50 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。