窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第797話 レベッカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ONE PIECE 第797話 レベッカ

ワンピース エピソード オブ サボ~3兄弟の絆 奇跡の再会と受け継がれる意志~ *通常版BD [Blu-ray]

ネタバレ注意です。
以下感想

父と娘

実の父親、兵隊さんの正体、キュロスの過去と意図を知ったレベッカは・・・。

海軍から絶賛逃走中のルフィは、
レベッカにキュロスの意図を伝えるため王宮へと足を運ぶ。
この国を救った英雄も王女を拉致したことによってただの犯罪者へと逆戻り。
まぁドフラの件もあって国民が海賊に不信感を持っているのは当然なのですが、
この鮮やかな手のひら返しにはさすがに乾いた笑いしか出てきませんねw

キュロスは何も言わず娘の前から姿を消そうとしていましたが、
対するレベッカはこれからも実の父親と一緒に暮らすことを望んでいた。
キュロスもレベッカもこの国のため戦い続けた英雄に当たるわけで、
大手を振って王族として君臨すればいいじゃないかとも思うのですが・・・。
きっと二人は「片足のオモチャ」と「元王族の少女」として過ごした
あの10年間の日々も大切にしたいのでしょうね。


まとめ

てなわけで今回はキュロスとレベッカの物語のクライマックス。
正直なところ終始足手まといでしかなかったレベッカにさほど愛着もないのですが、
それでも胸に来るものがある一話でした。

で、ルフィが寄り道している間に最高戦力藤虎が到着。
こうして追いつかれてしまったとなるともう詰みとしか思えないのですが、
果たしてここからどうやって藤虎の猛追を振り切るのか・・・。
それと同じく姿を消したローが何をしているのかも気になりますね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/08/24 21:15 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。