窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

がっこうぐらし! #6 ようこそ

【Amazon.co.jp限定】がっこうぐらし!第1巻 (全巻購入特典:「描きおろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付)(初回限定版)[Blu-ray]

がっこうぐらし! 第6話。
みーくんが学園生活部に加わるまで。
以下感想

「生きる」ために必要なこと

みーくんが学園生活部に加わるまで。

なし崩し的にゆきたちに保護され学校に戻ってきたみーくんは、
当然、ゆきの精神状態やらめぐねぇの存在やらはまだ知らなかった。
視聴者一同も第1話でのゆきの奇行には衝撃受けまくりでしたし、
渦中のみーくんとしてはそりゃショッキングな光景でしたでしょうね。
というかマジメな彼女のこと、「バカにされているのか?」とか思ってそう。

りーさんはみーくんに、ゆきのこと、めぐねぇのこと、学園生活部について説明し、
「ここではゆきの様子に合わせてほしい」とみーくんにお願いをしますが・・・。
まぁあくまで精神病だから早く治るに越したことないと考えるのは自然なこと。
ただこの状況で現実を直視できるようになったところで果たして幸せと言えるのか?
というかゆきがマトモになってしまうと間違いなく学園生活部は崩壊→全滅しますし。

加えて今のゆきの行いを咎めるのは学園生活部の理念に反する、
それは学園生活部を創っためぐねぇの遺志を否定することになってしまう。
めぐねぇと同じく創始者であるりーさんとしては決して看過できない問題でしょう。
にしてもりーさんもまた、ゆきほどではないにしろ病を患っていそうな気があるなぁ。
少なくとも4人の中で一番、学園生活部の存在に依存してるっぽいですね。

またしてもゆきの発案で一同は体育祭を実施。
思いっきり身体を動かせば嫌な考えも吹っ飛ぶし、ご飯も美味しい。
部屋に閉じこもって生きながらえるだけではただ「死んでいない」だけ。
こういう充実感を味わうことこそが本当の意味で「生きる」ということ。
本当に取り返しがつかなく前にこのことに気づけたのは幸運なことですが、
けいが出て行く前に気づけていれば・・・、と思わずにはいられないですね。


まとめ

てなわけで今回はみーくんが学園生活部に加わるまで、ゆきに対してデレるまで。
精神が病んでいるゆきを題材に描かれた、
みーくんとりーさんの考え方の違いがとても興味深い一話でした。
こういう深い心の闇や狂気と、瑞々しい生の充実感の対比がこの作品の持ち味。
ゾンビとの直接的な戦闘よりも心理描写中心の話のほうが100倍怖くて面白いです。

さて、学園生活部の卒アルも完成したところで、
ゆきたち4人の卒業もそう遠い話ではなくなってきた模様。
残念ながらめぐねぇの顛末も判明しちゃいましたし、
めぐねぇが4人をどのように送り出すのか、今からワクワクが止まりません。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/08/14 09:40 ] がっこうぐらし! | CM(0) | TB(5)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

がっこうぐらし! 第6話 「ようこそ」
「一つ…聞いてもいいでしょうか?          めぐ姉って…誰ですか?」 それ以上いけない。ついに禁断の領域に足を踏み入れてしまったみーくん、由紀の表情がw ということでここでついにめぐ姉のネタばらし。アニメは序盤から分かり易く演出していたので驚きはなかったけど漫画だと衝撃が走るシーンだったりするのかな。
[2015/08/14 12:43] ムメイサの隠れ家
がっこうぐらし!  #6 「ようこそ」
戸惑うみーくん・・・・
[2015/08/14 20:13] ゴマーズ GOMARZ
アニメ感想 15/08/13(木) #がっこうぐらし! 第6話
がっこうぐらし! 第6話『ようこそ』今回は・・・みーくんが正式に部員になりました。それよりも、衝撃の事実が・・・まさかめぐねえがすでに死んでたなんて・・・いや、今までみ ...
[2015/08/15 04:25] ニコパクブログ7号館
がっこうぐらし!「第6話 ようこそ」
がっこうぐらし!「第6話 ようこそ」に関するアニログです。
[2015/08/15 19:38] anilog
がっこうぐらし! 第06話 感想
 がっこうぐらし!  第06話 『ようこそ』 感想    次のページへ
[2015/08/16 01:25] 荒野の出来事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。