窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり> GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話 戦女神の騎行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話 戦女神の騎行

「ぷりずむコミュニケート」 ロゥリィ盤 (TVアニメ『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』 エンディングテーマ)

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話。
自衛隊のイタリカ攻防戦への介入。
以下感想

戦場の悦び

自衛隊のイタリカ攻防戦への介入。

神官であるロゥリィにとって、戦死者の魂は媚薬のような作用を催すらしく、
それを緩和させるためには戦いに身を任せるしかない、らしい。
ピニャからの応援要請を待っていた自衛隊一行ですが、
まずはこの体質で我慢の効かなくなったロゥリィが戦場へと突っ込んでいく。
今さらながら人間とは思えない怪力っぷり&魅せる戦いっぷり。
栗林の銃火器を駆使したスマートな白兵戦との対比が見事です。

ロゥリィ&栗林が門内にて無双を繰り広げているのと同時に、
伊丹が要請した援軍、戦闘ヘリの群れがイタリカに到着する。
かの有名な「ワルキューレの騎行」を流しながら賊共をゴミクズ同然に掃討と、
この航空部隊、なんともノリノリであるw
「虐殺を楽しんでいる」と考えられる光景ですが、それは半分正解で半分間違い。
そもそも殺し合いなんて何かしらに酔ってなければやってられないでしょうよ。

戦闘ヘリの圧倒的戦力を見て絶望したピニャが漏らした、
騎士の「誇り」やら「名誉」だって同じようなものでしょうね。

ロゥリィや自衛隊の活躍でイタリカ防衛戦はピニャ率いる防衛軍の完全勝利。
しかし勝者であるはずのピニャの表情はまるで敗者のもののように暗かった。
それは自衛隊の圧倒的な戦力に恐怖したから、
そして自衛隊が帝国の聖地を占領している敵であると気づいたから。
指揮官のピニャが何もできなかったため仕方がないことではありますが、
「帝国と友好的な関係を築こう」という目的に反して自衛隊は明らかにやりすぎた。
ナメられるのはもってのほかですけど過度に卑屈になられても面倒なんですよねぇ。

自衛隊は勝利の功労者としてはどう考えても破格の低報酬を勝ち取り、
レレイたちは当初の目的以上の交渉を成功させ、
一行は駐屯基地への帰路についていたのですが・・・。
女騎士たちは現状で一番やらかしちゃいかんことをやっちまったなぁ。
すでに散々自尊心を傷つけられたばかりだってのに、
ピニャに心休まる時はしばらくやってこなさそうですねw

まとめ

てなわけで今回はイタリカ攻防戦の後半戦。
栗林の、近代兵士っぽいようで近代兵士とはかけ離れた白兵戦、
それと自衛隊保有の戦闘ヘリの圧倒的戦力に大興奮の一話でした。
特に戦闘ヘリによる賊共の一掃はやはり観ていてスカッとしまいたね。

そして一難去ってまた一難、今度は伊丹が帝国の捕虜に。
この時点ですでにピニャは自衛隊と結んだ交渉を一部破っているわけで、
これ以上交渉を破れば(捕虜を人道的に扱わなければ)、
両国の関係は決定的なまでに悪化、全面戦争待ったなし。
果たしてピニャは「敵軍の将」というお宝に目を曇らせることなく、
冷静で合理的な判断を下せるでしょうか・・・。
ピニャは若干アホの気があるので信頼半分不安半分ってカンジですw
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 3057 ] Re: GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話 戦女神の騎行
部下が逃げてしまっているので、伊丹を殺して口を封じる訳にも行かない。
それに伊丹二尉は参考人招致に呼ばれていますので、このまま伊丹を返してしまうと、帝国の命運に係る発言をされてしまう危惧が有ることが分かった姫様がどういう決断をするのかが次回のテーマです。
となると、その次はいよいよ参考人招致のエピソードかな?
[ 2015/08/09 23:56 ]
[ 3058 ] Re: GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話 戦女神の騎行
>「帝国と友好的な関係を築こう」という目的に反して自衛隊は明らかにやりすぎた。

いや、至極計算通りだと思うよ?
ただ「共に戦って勝った」だけでは大した意味が無い。
次は戦場で堂々と、とか言われかねんw

無論、将来的には「友好的」が望ましいとして、
現状、1話のような事する連中を「仲良くしたほうが得」と即座に翻意させるには、
まずは最初に、とにもかくにも「敵対行動の無意味さを叩き込むこと」が重要。
言い方は悪いが蛮族に対する躾と同義。

今回、夜盗という第三者的立場のスケープゴートが居たので、
帝国の要人に憎しみを与える事なく、自衛隊の友好と恐怖心を刷り込めたという大成功。
握手&核兵器外交と似てるw

敵にも味方にも成り得る絶対強者、と理解した故の、
「絶対に敵にしたくない」≒「仲良くしたほうが得」
[ 2015/08/10 22:30 ]
[ 3059 ] Re: GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話 戦女神の騎行
一番上でコメントしてる人、ネタバレじゃないでしょうか
[ 2015/08/10 22:57 ]
[ 3063 ] 名無しさん、コメントありがとうございます
> 現状、1話のような事する連中を「仲良くしたほうが得」と即座に翻意させるには、
> まずは最初に、とにもかくにも「敵対行動の無意味さを叩き込むこと」が重要。
> 言い方は悪いが蛮族に対する躾と同義。

> 今回、夜盗という第三者的立場のスケープゴートが居たので、
> 帝国の要人に憎しみを与える事なく、自衛隊の友好と恐怖心を刷り込めたという大成功。
> 握手&核兵器外交と似てるw

仰るとおり、今回のイタリカ攻防戦は帝国に彼我の実力差を認識させる好機に違いなく、
「蛮族に対する躾」としては大成功であったと思います。
恐怖を刷り込み威圧するというのは、どれほど知性の低い生き物にも通じる、
手っ取り早くてわかりやすい交渉手段ですからねぇ。

しかし、「絶対的な実力差がある相手には敵対行動を選ばない」とは言い切れません。
現実世界でも既得権益や自尊心を守るために分の悪い戦争を起こすケースが存在しますし、
絶対的強者がテロの脅威に晒されるケースも存在しますね。
で、こういうことが起こるのは、相手側が様々な要因によって精神的に追い詰められた時です。

今回、自衛隊は、圧倒的すぎる戦力を誇示したことでピニャの心にあまりにも大きな刺激を与えた。
加えてピニャの指揮下でなく単独で賊の撃退を行ってしまったため帝国のメンツを潰してしまった。
「自衛隊が現在、門(帝国にとっての聖地)を占領している」という前提条件まであることですし、
長い目で見ればこの2つが今後、両国の交友の妨げになりかねないと私は感じました。

> 敵にも味方にも成り得る絶対強者、と理解した故の、
> 「絶対に敵にしたくない」≒「仲良くしたほうが得」

≒で結ばれているように、この2つは決して=ではありませんね。
「とんでもなくおっかない連中だから極力関わるのを止そう」と考える可能性もありますから。
あまりにもレベルが違う戦争を行う自衛隊は、ピニャの目には宇宙人のようにも映ったはず。
この第一印象を拭い去るのには結構な時間と努力が必要となるでしょうね。

異なる立場の者同士が仲良くなるのに必要なのは「利害の一致」、それと「共感」
なのでやっぱり「共に戦って勝った」という経験が欲しかったところです。
まぁ本文にも書いている通り、ピニャが棒立ちであったあの状況では叶わぬ話で、
少なくとも「敵に回すと損する相手」と理解させられただけでも上出来だだったと思いますよ。
[ 2015/08/14 18:30 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ TokyoMX(8/07)#06
第6話 戦女神の騎行 第3偵察隊から救援要請が届いた。速度の面からも第4戦闘隊に出撃を命じる。大音響のスピーカーとワーグナーの準備も完了です。 盗賊たちが被害門を突破して侵入してきた。ピニャ王女には既に指揮能力など皆無だった。町民の志願兵も戦うが軍崩の盗賊には叶うはずもなかった。 ロゥリィが悶え苦しみ始める。戦闘で亡くなった死者の魂魄が彼女を通過して神々に届くらしい。解消するには戦いに身を任...
[2015/08/09 06:11] ぬる~くまったりと
【GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり】 第6話『戦女神の騎行』 キャプ付感想
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話『戦女神の騎行』 感想(画像付) 圧倒的な自衛隊ヘリ部隊の火力に、イタリカを襲った盗賊は殲滅! ロゥリィちゃんも戦女神な戦いぶりでした(笑) 自衛隊の脅威を目の当たりにしたピニャは戦慄…。 帝国との和平交渉を担うキャラになるのかな?  
[2015/08/09 09:33] 空 と 夏 の 間 ...
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話 戦女神の騎行
戦闘かっけぇ!!
[2015/08/09 12:08] ゴマーズ GOMARZ
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話 『戦女神の騎行』 ロウリィがエロウリィになった!!
そしてグロウリィへ。情けや容赦はありません。  ワーグナーのCDを用意してあります!!俺が!いや俺が!いやいや俺が!!我も我もと出撃を志願する自衛隊。そんな中ヘリ部隊に白羽の矢。完全に地獄の黙示録のパロディ。というか名場面再現したくてウズウズしている模様です。 現場では騎士ノーマが討ち死に。この人原作でどうなったか分からなかったけど、死んでたんだ。恐らく薔薇騎士団初の戦死者。名のあ...
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話 『戦女神の騎行』 ロウリィがエロウリィになった!!
そしてグロウリィへ。情けや容赦はありません。  ワーグナーのCDを用意してあります!!俺が!いや俺が!いやいや俺が!!我も我もと出撃を志願する自衛隊。そんな中ヘリ部隊に白羽の矢。完全に地獄の黙示録のパロディ。というか名場面再現したくてウズウズしている模様です。 現場では騎士ノーマが討ち死に。この人原作でどうなったか分からなかったけど、死んでたんだ。恐らく薔薇騎士団初の戦死者。名のあ...
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第6話 戦女神の騎行」
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第6話 戦女神の騎行」に関するアニログです。
[2015/08/09 19:38] anilog
キルゴア中佐の霊が自衛隊に!? GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第6話「戦女神の騎行」感想
イタリカの街を盗賊から守る事となった伊丹たち第三偵察隊。 しかし、盗賊達の襲撃を受けているにもかかわらず、ピニャからの応援要請は来ない。 業を煮やしたロウリィの暴走もあり、伊丹たちは仕方なく独断で襲撃を受けている東門へと急行。 門を破り、市街へと雪崩れ込む盗賊たちを次々に撃退していく。 一方、伊丹の応援を受けた第4戦闘団もイタリカへと到着。 門の外に...
[2015/08/12 23:12] アニメ色の株主優待


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。