窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり> GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第5話 イタリカ攻防戦

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第5話 イタリカ攻防戦

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 Vol.1<初回生産限定版> [Blu-ray+CD]

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第5話。
交易都市イタリカでの、帝国皇女ピニャとの出会い。
以下感想

ままごと

交易都市イタリカでの、帝国皇女ピニャとの出会い。

交易のためヒロイン3人+自衛隊が目指していたイタリカでは、
帝国皇女ピニャの指揮のもと防衛戦が繰り広げられている最中だった。
イタリカに攻め入る盗賊共は敗走した諸王国軍の成れの果て。
ピニャは盗賊共を異世界の軍隊と勘違いしたため、
このような面倒事を引き受けることになったわけなのですが、
事の経緯を振り返れば実父の尻拭いをさせられているとも考えられる。
この件、決して自衛隊の責任ではないというのが私的な意見です。

帝国皇女であるピニャが率いる「騎士団」
7年も前にピニャが発足し、同年代の子女たちと腕を磨いてきたこの部隊。
正規の部隊となった今でも皇帝からは「ままごと」と侮られており、
このイタリカ攻防戦はピニャにとっての初陣でもあった。
ピニャは皇女とはいえ妾の娘という立場であったらしいので、
生まれに頼らず確固たる地位を確立しようという志があったのでしょう。
年端もいかない少女の頃からこういう志を持っていたのは立派ですが、
コンプレックスのせいか少々形にこだわりすぎているのが玉にキズかな。

ピニャと顔を合わせてイタリカの現状を知った伊丹は、
"ピニャの旗下に加わり"イタリカの防衛に助力する。
動機の一つは、交易の要所であるイタリカの民を守りたいから。
もう一つは、自分たちはケンカを吹っかけるには割にあわない相手だと、
帝国皇女であるピニャに認識してもらいたいから。
平和維持のためにはどうしても一定の戦力が必要だよね、というお話ですね。

ロゥリィの解釈「恐怖を刻みつける」は正しいようでちょっと違う。
あまりにやりすぎてしまうと諸王国軍残党のようにヤケを起こしますし
さらに言うと過度な干渉は不必要な依存やら責任転嫁を招きかねない。
これは「相手のプライドをへし折らない程度に力の差を誇示する」という、
非常に繊細な力加減が要求される作戦となるわけです。

日本が特地を統治し支配するつもりならそれもアリでしょうけど、
「特地は日本国内」という解釈は現実世界の諸外国に向けた建前ですから。

自衛隊という少数ながら絶大な戦力を手に入れたピニャですが、
戦局を読み誤って自衛隊を機能させられず、城門内部に敵兵の侵入を許してしまう。
相手は盗賊に落ちたとはいえ元は正規兵、
対してこちらは民兵+(ピニャ視点では)得体の知れない緑色の連中。
ピニャの立てた作戦も結果的には失敗ながら決して悪手じゃなかったですし、
これが初陣であることを考えれば結構頑張っているほうではないかと。

まとめ

てなわけで今回はキーマンの一人であろう帝国皇女ピニャとの出会い。
誇り高い世間知らずな姫騎士様という、
期待に違わぬ薄い本のネタにもってこいなキャラでしたねw

自衛隊にとって今回の戦いはこれまでの正当防衛とは事情が違う。
肝心のピニャも本当に肝心な時に限って思考停止ですし、
これはなかなかに厳しい状況、というかすでに手遅れっぽい気もする。
ここはひとまず自由奔放なロゥリィの奮戦に期待でしょうか。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ TokyoMX(7/31)#05
第5話 イタリカ攻防戦 翼竜の鱗を売るためにイタリカに向かう伊丹たち。レレイはコンパスにも興味を覚える。 しかし、眼前に煙が立ち上るのが視えた。嫌な予感しかしない。 ロゥリィは血の臭いがすると嬉しそう。 イタリカは野盗に襲われ、ピニャ王女の騎士団が必死に防衛していた。連合軍の敗残兵が野盗化したのだった。 到着した伊丹たちは現地人のレレイ、テュカ、ロゥリィを 交渉役に向かわせる。ピニャ王女は自...
[2015/08/01 21:07] ぬる~くまったりと
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第5話 イタリカ攻防戦
ピニャから漂うポンコツ感・・・
[2015/08/01 21:18] ゴマーズ GOMARZ
【GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり】 第5話『イタリカ攻防戦』 キャプ付感想
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第5話『イタリカ攻防戦』 感想(画像付) イタリカを守るピニャと伊丹たちは初対面。 自衛隊の能力を見せれば、帝国との戦いを回避できないか。 防衛戦に参加する伊丹たちだが…。 ピニャ姫本格登場ですが、すでにダメ姫ぽいオーラが出てますね(^^; 理想は高いけど、実力が伴わないタイプですね。  
[2015/08/02 01:29] 空 と 夏 の 間 ...
ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第5話 『イタリカ攻防戦』 ピニャの苦悩...ロウリィ有名人だな!
むせる。レレイが「装甲騎兵ボトムズ」を知ってるはずもありません。単に双眼鏡の使い方を間違えただけです。  ああ勘違い。イタリカが攻められている→異世界の軍隊か!と思って来てみれば盗賊だった。違うのね、じゃあさよなら。とも言えずに加わってしまったと。 ここに商売にやってきた伊丹達。しかし絶賛防戦中。帝国の姫と自衛隊。本来なら敵同士なんですが成り行きで協力という流れです。 姫...
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第5話 イタリカ攻防戦」
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり「第5話 イタリカ攻防戦」に関するアニログです。
[2015/08/03 19:39] anilog
GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第5話「イタリカ攻防戦」感想
翼竜のうろこを売りに行くテュカたちに同行し、イタリカの街へと赴いた伊丹たち第3偵察隊。 しかし、イタリカの街は連合諸王国軍の残党による襲撃を受け、危機的状況にあった。 成り行きから街の防衛を仕切る帝国皇女ピニャから事情の説明を受けた伊丹たち。 疲弊した住民達と街を治める幼いフォルマル伯爵家当主『ミュイ・フォルマル』を守るため、イタリカの防衛に加わる事を決める。 ...
[2015/08/05 23:40] アニメ色の株主優待