窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第792話 土下座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ONE PIECE 第792話 土下座

ONE PIECE 78 (ジャンプコミックス)

ネタバレ注意です。
以下感想

落とし所

鳥カゴからの解放されたドレスローザに木霊する数々の声。

漁夫の利で悪魔の実を狙うバージェスと、
それを阻止すべく立ちはだかったサボの戦いも決着を迎える。
3人が交わした兄弟の契りの杯は血よりも濃い。
無神経にもそれを嘲笑うバージェスはエースの火拳で火達磨に。
二人の兄弟に比べれば沈着冷静な印象のサボですが、
胸にたぎる思いは二人に負けないぐらい熱いですね。

暴君ドフラが倒れた今、国民たちは奇跡の王リク・ドルドの帰還を望む。
そりゃあれだけおっかない目に遭えば、
暴力なんてもう懲り懲りと考えるのは自然なのですが、
だからといって「滅んでも構わない」はさすがに言い過ぎでしょうよと。
大体、10年もの間ドフラが国王として君臨していたのだって、
国民たちが目先の利益に食いついたのが原因なわけだし、
今回もその場の勢いでテキトーなこと言ってるようにしか思えないんだよなぁ。


王位への復活に躊躇うリク王に対し、藤虎は、
世界政府に代わってお詫びの土下座を行う。
藤虎がこの一件について本当のところどう思っているのかは別にして、
七武海制度の廃止を目指す者としてはこれ以上にない好機ではある。
まぁ藤虎が本当にこの一件を申し訳ないと思っているなら、
誰の働きでこの国が救われたのかもしっかり言及してもらわなきゃですね。

まとめ

てなわけで今回はドフラ打倒が果たされたドレスローザの事後処理。
その場の勢いだけで都合のいいこと言ってるような国民といい、
自身の立場も弁えず土下座までやらかしちゃった藤虎といい、
みんな言ってることやってることが極端すぎてなんだかなぁってカンジです。

とはいえ藤虎がこうもあっさり非を認めたことで、
上司である赤犬やさらにその上の世界政府がどう動くか、
さらに諸悪の根源である七武海制度がどうなるかが気になるところ。
別に今回だけに限った話でなく、クロコダイルや黒ひげが事件を起こした時点で、
七武海制度が欠陥だらけの制度であることはバカでもわかる。
さすがにここまでくれば七武海制度も廃止でしょうかね。
せっかく七武海までのし上がったバギーが若干気の毒ですけどw
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/07/06 21:30 ] ONE PIECE | CM(2) | TB(0)
[ 3031 ] Re: ONE PIECE 第792話 土下座
>今回もその場の勢いでテキトーなこと言ってるようにしか思えないんだよなぁ。

そう思いますね。
じっさいに国が滅んだら、「やっぱり戦うべきだった」と言いそうです。
まあ、民衆というのは流されやすいものですし、
ましてや、これだけ立て続けに色々あれば(ルフィたちが上陸してから一日の間の出来事!)極端な事を言い出すのもわからなくはないですけどね。
[ 2015/07/10 00:13 ]
[ 3034 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> ましてや、これだけ立て続けに色々あれば(ルフィたちが上陸してから一日の間の出来事!)極端な事を言い出すのもわからなくはないですけどね。

現にルフィたちという侵略者が国を壊してくれたおかげで、
こうしてドフラの支配から解放されたとも言えなくはないですからねぇ。
[ 2015/07/11 23:55 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。