窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> 長門有希ちゃんの消失> 長門有希ちゃんの消失 第14話 彼女の戸惑い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

長門有希ちゃんの消失 第14話 彼女の戸惑い

TVアニメ 長門有希ちゃんの消失 CHARACTER SONG SERIES “In Love” case.5 SUZUMIYA HARUHI

長門有希ちゃんの消失 第14話。
長門の復活にハルヒの帰還。
以下感想

割り切れない思い

長門の復活にハルヒの帰還。

「記憶の整理」という名の二人の長門の対話。
引き継ぎと呼べるほどの事柄は教えてくれませんでしたが、
「彼に気持ちを伝えた」という重要事項だけは教えてくれた。
というか「キョン」という固有名詞を一度も出してないのに、
同じ相手が好きなんだって当たり前のようにわかっちゃんですね。

試験期間で暫くの間音沙汰なしだったハルヒも帰ってきた。
そして戻って早々盛大な七夕パーティーを催すなど、
ハルヒが帰ってきたことで騒々しい日常が完全復活したカンジ。
しかし一方で七夕はハルヒにとって大切な思い出らしく・・・。
多分、第4話のカッパ探しでのやりとりから、
ハルヒはキョン=ジョン・スミスだと気づいていたのでしょうね。

もう一人の長門に告白され、キョンは嫌でも長門のことを意識してしまう。
「相手が覚えていないことをいちいち意識しても仕方ない」
頑張ってそう割り切ろうとするキョンに対し、ハルヒはある助言をする。
まさかあのハルヒから片思いの女の子のような心情が覗えるとは・・・。
なんだか違和感ありまくりでちょっと気持ちが悪いですw


まとめ

てなわけで今回は長門の復活にハルヒの帰還。
以前のような騒々しい北高文芸部に戻りつつ、
前回までのしんみりムードも引きずりつつといったカンジでしたね。

長門は元々ああいう性格ですし、
入れ替わってた際の記憶も残っていないために基本平常運転。
一方でごく一般的な感性を持つキョンが戸惑いまくりといった様相。
この様子だと長門より先にキョンが何らかのアクションを起こしそうか。
いずれにしろ、そう遠くない内に二人の関係に新たな進展がありそうですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

長門有希ちゃんの消失 TokyoMX(7/03)#14
第14話 彼女の戸惑い 脳内空間にも思える世界で以前の長門に別れを告げる長門。目が覚めると脳が調整して全てを忘れる。夢だと考える、眠っている間のことを尋ねる。それは話さないと照れた様子。私は彼に気持ちを伝えたから、次はあなたの番。同じ人を好きになったんだね。彼なら仕方ない。 長門を自宅まで送るキョン。朝倉には事前に連絡していた、自宅前で泣きながらも抱きしめる。以前の長門に戻ってゲーム三昧。ど...
[2015/07/06 00:43] ぬる~くまったりと
長門有希ちゃんの消失 ♯14「彼女の戸惑い」
評価 ★★★ 涼宮ハルヒちゃんの憂鬱?                   
長門有希ちゃんの消失 第14話
  長門有希ちゃんの消失第14話です。 有希ちゃんとハルヒの思い出。   寝ている有希ちゃんと見下ろす有希ちゃん。 つむじ。 目を覚ましたようですw 第14話「彼女の戸惑い」 有希ちゃんが帰ってきました。 目を覚ます直前の会話です。 有希「私が眠ってる間のこと教えてもらっていいですか」 有希「断る」 有希「ええええ」 一つだけ教えてくれました。 キョンに好きだと告白したこ...
[2015/07/06 07:52] アニメグラフィティ
長門有希ちゃんの消失 第14話
  長門有希ちゃんの消失第14話です。 有希ちゃんとハルヒの思い出。   寝ている有希ちゃんと見下ろす有希ちゃん。 つむじ。 目を覚ましたようですw 第14話「彼女の戸惑い」 有希ちゃんが帰ってきました。 目を覚ます直前の会話です。 有希「私が眠ってる間のこと教えてもらっていいですか」 有希「断る」 有希「ええええ」 一つだけ教えてくれました。 キョンに好きだと告白したこ...
[2015/07/06 07:52] アニメグラフィティ
長門有希ちゃんの消失「第14話 彼女の戸惑い」
長門有希ちゃんの消失「第14話 彼女の戸惑い」に関するアニログです。
[2015/07/07 17:39] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。