窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> レーカン!> レーカン! 第13話 夏の、思い出です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

レーカン! 第13話 夏の、思い出です。

レーカン! 1巻 (全巻購入特典対象外)[Blu-ray]

レーカン! 最終話。
響と友人たちの夏の思い出。
以下感想

友達とまた遊びに来て

響と友人たちの夏の思い出。

夏休み、響は友人たちと花やしきへ。
呼ばれてないのにやってきた山田兄は置いておいて、
上原たちが幽霊たちに声をかけたことで妙な大所帯に。
そんな大人数で挑戦したお化け屋敷であの響が驚きまくり。
「本物がハッキリ見える分、偽物が一層気味悪く思えてしまう」
とかそんな理由なのでしょうかね?


響にとってこの遊園地は幼少期に父とやってきた思い出深い場所。
生きてる友人と死んでる友人みんなでここにやってきたことで、
響は幼少期に座敷わらしと交わした約束を図らずも守ったことに。
小川たちには見えなくて響父には見えていたことを鑑みるに、
あの座敷わらしは迷子とその関係者だけに見える類の霊みたいですね。

その後一向は超デンジャラスゾーンである響宅でお泊り会を開く。
みんなで食事して、しりとりして、花火して、トランプしてと思い出てんこ盛り。
しかしいつまで経っても幽霊に慣れない成美は、
幽霊にビビりまくってなかなか寝付けずにいましたが・・・。
響もそうだけど他三人もなかなかどうして付き合いが良い。
目立った活躍こそなかったですが、この三人は終始いい仕事をしていましたねぇ。

まとめ

てなわけでレーカン!の最終回。
この作品らしく心温まるほっこり世界を満喫できる一話でしたね。

題材としてはベタで真新しさとは無縁といった印象で、
その古臭さが視聴者に安心感を与えるという作品でしたね。
あと特筆すべきはエロ猫や山田兄弟やコギャル霊などのウザキャラたち。
ウザすぎず、かつキャラが弱すぎもしないという絶妙な塩梅だったと思います。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/06/28 22:40 ] レーカン! | CM(0) | TB(3)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

レーカン! TBS(6/25)#13終
最終回 第13話 夏の、想い出です。 幼い頃に遊園地で迷子になった天海。 探していた父親の元に送り届けてくれた少女。 今日は全員で遊園地の花やしろにやって来た。山田は勝手に来たらしいが兄もついでに参加。怒りに震える江角だった。 井上はお化け屋敷があるので少し不安。実は地縛霊にも携帯電話をセットして音声と映像で 楽しめるように工夫してきた。 代返侍とコギャル霊に頼んで声を掛けてもらった。来れる...
[2015/06/29 12:13] ぬる~くまったりと
レーカン! 第13話「夏の、思い出です。」[終]
評価 ★★☆ お礼はいらない             
レーカン!「第13話 夏の、思い出です。」
レーカン!「第13話 夏の、思い出です。」に関するアニログです。
[2015/07/01 17:38] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。