窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 響け!ユーフォニアム> 響け!ユーフォニアム 第十一回 おかえりオーディション

響け!ユーフォニアム 第十一回 おかえりオーディション

響け!ユーフォニアム 2 [Blu-ray]

響け!ユーフォニアム 第11話。
麗奈と香織先輩、どちらがソロに相応しいかを決める再オーディション。
以下感想

悪者

麗奈と香織先輩、どちらがソロに相応しいかを決める再オーディション。

優子先輩は麗奈の実力の高さを理解していた。
それでもどうしても香織先輩に吹いてもらいたいと考える彼女は、
麗奈に「オーディションでわざと負けてもらいたい」と頭を下げてくる。
当たり前ながら去年のことなんて一年生の麗奈には関係ないですし、
「全国を目指す」と決めた今ではそんなふざけた考え方は許されない。
大体、そんな施しみたいなマネされて香織先輩が喜ぶわけないですよね。

香織先輩にとって問題は麗奈との勝ち負け以上に納得できるか否か。
だから何もかも見透かしてくるあすか先輩の予想を覆したいと望む。
しかし、部員全員で決めるオーディションという謳い文句ながら、
あすか先輩は「決めるのは私じゃない」の一点張り。
どちらが選ばれようが興味ないから参加すること自体失礼だと考えているのか、
これまで貫いてきた中立の立場を壊してしまうことを恐れているのか、
それともこの段階からオーディションの顛末を予期していたのか、
おそらく一番大きな理由は最後のやつでしょうね。

特別になるならここで負けるわけにはいかない。
しかし部内の雰囲気的にここで勝てば麗奈は悪者になってしまい、
先輩に頭を下げられてしまったこともあって、さすがの麗奈にも迷いが生じる。
しかしそんな麗奈を前々回のお返しとばかりに久美子が励ます。
特別になりたいんだけど、かといって独りぼっちになるのは嫌。
そういう複雑な中二心が感じられます。

そしてどちらがソロに相応しいか白黒つける再オーディション。
ホールという会場だからこそ余計に際立っているのでしょうけど、
香織先輩は碓かに上手いんだけどどこか小さくまとまっている印象。
対して麗奈には上手さに加えて圧倒的な力強さも感じられた。
協調性を重んじる香織先輩と特別になりたいと望む麗奈、
各々の性格の違いが音となってハッキリと表れていましたね。


合奏としては柔らかい印象の香織先輩の演奏も良いのでしょうけど、
ソロとしてなら勢いのある麗奈の演奏が相応しい、と思う。
しかし投票の結果は票を投じたのがごくわずかだったため同点。
結局は香織先輩自らが辞退する形になってしまい、
それを促した滝先生がすごく性格悪いような印象になっていましたが、
大多数の部員がだんまりだったためこれは仕方ない。
よくあんな態度の部員たちにブチギレなかったよなぁと関心するぐらいです。

碓かに、あのキツい雰囲気の中で意思表示するのにはかなり勇気がいる。
だから最初からそういう状況を嫌がっていた面々については、
同情の余地があるのでとやかく言うつもりはありません。
ただし、安全圏にいる間は散々文句を垂れ流していたくせに、
いざ我が身に火の粉が降りかかったら日和る卑怯者たちは別。
悪者になる覚悟もないのに好き勝手言ってんじゃねぇよってカンジですね。

まとめ

てなわけで今回は運命の再オーディション。
怒りの感情しか湧いてこなかった再オーディションの顛末ですが、
物語の演出としてはとても素晴らしいものであったと思います。
本当に正しい選択が何かはわかっているんだけど、
嫌われ者にはなりたくないから行動には移せない。
そういう人間臭い部分が存分に表現されていたと思います。

とはいえ、部内の雰囲気を一変してくれると期待していた再オーディションが、
こんなしょうもない結末で終わってしまったのは残念ではある。
大多数の部員がこの有り様じゃ犠牲となった香織先輩も浮かばれない。
まぁいくら優れた顧問と何人かの逸材が揃ったところで、
ものの数ヶ月じゃ腐りきった空気を拭い去ることは叶わないといったところか。
一部の生徒にとっては本当に気の毒な話なのですけど、
今の北宇治高校吹奏楽部に全国出場なんてしてもらいたくないと思えてきました。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

響け!ユーフォニアム 第十一回「おかえりオーディション」
響け!ユーフォニアムの第11話を見ました。 第十一回 おかえりオーディション 滝の公開再オーディションの提案によって部内の雰囲気は改善されて部員達も練習にも集中するようになり、麗奈も孤立することはなくなった。 安心した久美子だったが、麗奈を敵視している優子と麗奈が話しているのを見かける。 「あのね、私どうしても…どうしても香織先輩にソロを吹いてほしいの。だから、お願い...
[2015/06/17 21:07] MAGI☆の日記
「響け!ユーフォニアム」の組織論ー拍手をしない部員達の心理について
はじめに 「響け!ユーフォニアム」11話で秀逸だったのは、 再オーディション時に、どちらがソロにふさわしいか、 滝先生が演奏後の拍手で決めようと提案したのに、 結局は麗奈と香織のどちらにも拍手をしない部員達の描写。 私は、この部員達の描き方に色々感じてしまった。 拍手をする人、しない人 まず拍手をしないというのは、正しい言い方ではないのかもしれない。 拍手ができなかったと...
[2015/06/17 21:21] 失われた何か 
響け!ユーフォニアム
響け!ユーフォニアムに関するアニログです。
[2015/06/17 22:38] anilog
【響け! ユーフォニアム】 第11話『おかえりオーディション』 キャプ付感想
響け! ユーフォニアム 第11話『おかえりオーディション』 感想(画像付) 麗奈と香織の再オーディションを巡る展開。 部員全員で決めるというより、本人同士で対決させ、どっちが良いか判断させる。 滝先生にはそういう気持ちがあったんでしょうね。 音楽が好きかどうかが試されたんですね…。   滝の提案によって部内の雰囲気は改善されて部員たちも練習にも集中するようになり、 ...
[2015/06/17 22:46] 空 と 夏 の 間 ...
清濁混交飲み込んで―【アニメ 響け!ユーフォニアム #11】
アニメ 響け!ユーフォニアム 第11話 おかえりオーディション 清濁混交飲み込んで 鳴り響く音は 澄みやかに、高らかに それは今この時しか得られない 青春の音
上手じゃなくて、好きなの/響け!ユーフォニアム11話感想
 先週の更新つぶやきに使った画像ですが、言った言葉まで分かるともう1度使わざるをえない。
[2015/06/17 23:14] Wisp-Blog
響け!ユーフォニアム 第11話「おかえりオーディション」感想
滝の提案により、もう一度トランペットソロをオーディションで決める事になった吹奏楽部。 高まっていた滝への不信感は払拭され、平静を取り戻した部員達はコンクールへ向けた普段どおりの練習を続けていた。 そんな中、オーディションに向けて練習を続ける香織と麗奈。 二人の静かな戦いはすでに火蓋が切って落とされていた。 一日、一日。 迫るオーディション。 こ...
[2015/06/17 23:55] アニメ色の株主優待
響け!ユーフォニアム 第十一回「おかえりオーディション」
評価 ★★ すごいいい音ですね! どこまでも響いていきそう…… だからもっときかせてください!          
アニメ感想 15/06/16(火) #響け!ユーフォニアム 第11話
響け!ユーフォニアム 第11話『おかえりオーディション』今回は・・・いよいよ再オーディションです。優子が香織がソロになるようになんか必死です。一応自分でも、麗奈の方が実 ...
[2015/06/18 02:51] ニコパクブログ7号館
響け!ユーフォニアム 第11話「おかえりオーディション」
ソロパート再オーディションの裏で… あっちもこっちも百合百合じゃのう^^; リボンによって明かされる昨年のゴタゴタ。 久美子ちゃんのポロッと一言もたまには役に立つようで(ぇー リボンの百合パワーはネガティブ、 久美子っちの百合パワーはポジティブに働いたかな。 オーディション前にキマシ成分がっつり補給した麗奈たん。 これまでで一番いい音出してたんじゃない? オーディショ...
[2015/06/18 14:41] のらりんすけっち
響け♪ユーフォニアム TokyoMX(6/16)#11
第十一回 おかえりオーディション 麗奈をお昼に誘えと久美子に言ってくれる緑と葉月。屋上で練習していることが分かったので、久美子は 誘いに向かうが吉川優子に腕を掴まれる。どう思う?ソロに相応しいと思います。そうだよね、反則だよね、1年であの音は。 香織は麗奈を気遣ってくれていた。あすかに演奏を尋ねる香織。いつものように良いとしか言わない。オーディションで落ちた生徒たちも曲を 仕上げろと課題を与...
[2015/06/18 14:48] ぬる~くまったりと