窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか> ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第10話 怪物進呈(パス・パレード)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第10話 怪物進呈(パス・パレード)

【Amazon.co.jp限定】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)

ダンまち 第10話。
ダンジョン中層に初挑戦するベルたちに襲いかかる洗礼。
以下感想

ダンジョンは狡猾

ダンジョン中層に初挑戦するベルたちに襲いかかる洗礼。

新たな仲間を得て装備も充実したベルは、
いよいよダンジョン中層へと初挑戦。
最初こそ見事な連携で順風満帆といったところでしたが、
「別パーティにモンスターを押し付けられた」のを機に追い詰められていく。
「ダンジョンは狡猾」とのリューさんの評は実に正しい。
モンスターを押し付けられたこと自体は致命傷と呼べるほどではなかったですが、
この際の負債が気づけば手に負えないほど大きくなったという印象ですね。

見知らぬ他人の命か、大切なパーティメンバーの命か。
冒険者たちがベルたちにモンスターを押し付けたのは、
苦渋の選択の末仕方なく行ったことであった。
そんな冒険者に我らがロリ巨乳の神は慈悲深き言葉を与える。
恨み事の一つも言ってやりたい状況ですが、それじゃ何も解決しないし、
何より当のベルも彼女たちのことをあっさり許してしまいそうですしね。

ヘスティアがベルたち救助チームを結成している一方で、
ベルたちも絶望的な状況の中懸命に戦っていた。
意外に便利な魔法を持っていたヴェルフと、
もはやミノ殺しの達人になりつつあるベルの活躍もちろんのこと、
特にリリの状況判断の早さと正確さが大きかったように思える。
サポーターという役割上直接戦闘で活躍することは少ないですが、
パーティ内では一番経験豊富で欠かすことのできない参謀役ですね。


まとめ

てなわけで今回はダンジョン中層に初挑戦するベルたちの大ピンチ。
碓かにキッカケは別パーティによりモンスターの押し付けでしたが、
息つく暇のないモンスターの出現率こそが一番の脅威に違いない。
というかいくら中層だからっていきなり難易度上がりすぎだろってカンジですねw

で、次回はヘスティア率いる救助チームによるベルたちの捜索活動。
あのリューさんまで参加と戦力的には申し分ないのですが、
問題はすでに満身創痍のベルたちが救助チームの到着まで耐えられるか否か。
ヘスティアが愛の力でいかに早くベルの居場所を突き止められるかがポイントですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか TokyoMX(6/05)#10
第10話 怪物進呈 中層攻略に出かけるベル。神は見守るしか出来ないとタケミカズチがヘスティアに告げる。タケミカズチのパーティも中層攻略に出かけた。最近、地震が多くないかい。 リトルルーキーの噂を神ヘルメスに報告するアスフィ。結構、やっかみや中傷も多い。ベルが気になるヘルメスだった。 ダンジョンを順調に攻略するベルたち。ベルに似たモンスター出現、セッカチですね。そのウサギ形状のアルミラージは強...
[2015/06/07 10:22] ぬる~くまったりと
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか「第10話 怪物進呈(パス・パレード)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか「第10話 怪物進呈(パス・パレード)」に関するアニログです。
[2015/06/08 11:08] anilog