窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> Fate/stay night [Unlimited Blade Works]> Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #21 answer

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #21 answer

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box Ⅱ【完全生産限定版】

Fate/stay night UBW 第21話。
未来の自分自身との問答で、衛宮士郎がたどり着いた答えとは・・・。
以下感想

この夢は間違いなんかじゃない

未来の自分自身との問答で、衛宮士郎がたどり着いた答えとは・・・。

すでに士郎は魔力も枯渇し肉体も限界をとうに超えている、
しかしその心だけは決してアーチャーには屈しない。
今の士郎を支えている強い思いと、異常なまでの愚直さは、
かつてアーチャーが歩んできた過程の象徴でもある。
そしてセイバーが語っていたように、結末が望んだものとは程遠いものあろうと、
その過程までもが間違いであったという確証はどこにもありはしない。
きっとアーチャーはこの戦いでそのことを確かめたかったのでしょうね。

自分の人生が紛い物であろうと、最後まで偽者であったとしても、
「他人のために生きたい」という願いだけは尊くて美しいものであるはず。
これこそが「人間になりたいと望む機械」衛宮士郎のたどり着いた一つの境地。
傍から見れば開き直っただけのようですが、そもそも「悟り」とはそういうもの。
かつて自身の悪性と向き合った際の綺礼もそうでしたが、
行くところまで行ってしまった破綻者というのは本当に末恐ろしいものです。

士郎はその不屈の精神で、ついにアーチャーに追いつき、追い越す。
そして士郎の一撃を受けたアーチャーはようやく敗北を受け入れる。
「彼女がもう少し非道であれば・・・」というアーチャーの発言は非常に正しい。
アーチャーは「凛が聖杯戦争に勝利する条件を整えつつ自分殺しを敢行する」
というとんでもない縛りプレイでこれまで戦い続けてきた。
まぁその縛りはひとえに「聖杯戦争を平和に終結させるため」であり、
このことがアーチャーが今も「正義の味方」であり続けようとしている証拠ですね。

地獄の釜

偽者同士の戦いを傍観していたあの男がついに動き出す。

聖杯戦争の範疇外にいる8人目のサーヴァント、ギルガメッシュ。
彼はまず死に体のアーチャーを不意打ちで始末した後、
10年来の宿命を持つセイバーに「聖杯の正体」と自身の目的を明かす。
「雑種の一掃」とはなんとも、本物のみを愛でるギルガメッシュらしいです。

しかし、ここで面白いのが、彼が「偽者」と蔑む士郎やアーチャーこそが、
彼曰く地獄の中でも生き残ってきた「価値ある者」であるという事実です。
加えてアーチャーをあまりにも卑怯な手段で葬り去ったこともまた興味深い。

ギルガメッシュ=慢心王という等式には間違いないのですが、
一方で審美眼と観察眼、物事の本質を見抜く眼には非常に優れている。
贋作者という醜悪なゴミを掃除しただけに過ぎないと考えられる一幕ですが、
もしかしたらそれ以上の理由があったのかもしれないと勘ぐりたくなってきます。

で、今度は明らかな慢心で士郎たちを見逃したギルガメッシュは、
人間の醜悪な願望=聖杯の泥を吐き出すに相応しい人材として慎二を選ぶ。
「この世全ての悪」の誕生を"祝福"することが目的であった綺礼としては、
その母胎に慎二みたいな羽虫を使おうとは考えていなかったでしょうけど、
「この世全ての悪」を兵器扱いしているギルにとっては慎二で十分なのでしょう。
で、これまで愛でまくってきた道化がようやく笑いを取る一世一代の大場面。
「増えるワカメ」とは随分とウェットに富んだ秀逸なブラックジョークですねww

まとめ

てなわけで今回は3話にも渡って描かれた士郎vsアーチャーの決着。
長き時の果てにアーチャー自身忘れ去ってしまった原初の願い。
かつての自分との戦いでついにそれを取り戻し、
心象風景が塗り替えられていく様子がなんとも感動的でした。
そしてそんな2人の戦いをすぐそばで見守りながら、
自身の迷いにも答えを出したセイバーが非常にいい味を出していました。

ついにアーチャーも脱落し、ワカメもただの肉塊となってしまい、
残る参戦者もマスター2名、サーヴァント2騎、慢心王1名にまで絞られた。
次回は最終決戦に挑む士郎、凛、セイバーについて。
万夫不当の英雄王相手にあまりにも無力な士郎たちは、
どのような方法で勝つ算段をつけるのか?
そして自身の迷いに答えを出し、10年前の戦いの真相にも気づいたセイバーが、
どのような思いで最後の戦いに挑むのかにも注目しています。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

Fate/stay night[UBW] BS11(5/30)#21
第21話 answer くだらん、理想と現実は両立などしない。結局はただの殺し屋に成り下がる。 士郎とアーチャーの戦い、いずれ士郎はアーチャーに追いつく。心は折れない、万人を救おうと足掻き続けた男を俺は知っている。もはや士郎が切ろうとしているものはアーチャーではなかった。己自身の思い。セイバーも自身の事を考える。過程は間違っていなかった、結果だけが伴わなかったのだ。 切嗣が願った夢は美しいと...
[2015/05/31 23:55] ぬる~くまったりと
Fate/stay night UBW 2nd 9話「answer」
評価 ★★★ お前が……倒せ!         
Fate/stay night「第21話 天地乖離す開闢の星」
Fate/stay night「第21話 天地乖離す開闢の星」に関するアニログです。
[2015/06/02 11:08] anilog
Fate/stay night 第21話 『answer』 シンジは生き残ると思ってた。
遠坂凛じゃなくてもいいや。シンジがギルガメッシュにイリヤの心臓ぶち込まれてまさかの鉄雄化。あれ、シンジって死ぬんだ。嫌な奴だけど何だかんだでちゃっかり生存するキャラかと。自業自得なんで可哀想とは全く思いませんが、意外でした。 本気じゃなかったのかな。士郎とアーチャーの戦いは続く。二人共タフですね。剣で打ち合うって想像以上に疲れます。なのにどっちもへこたれない…というよりはやはり...