窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> Fate/stay night [Unlimited Blade Works]> Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #20 Unlimited Blade Works.

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #20 Unlimited Blade Works.

Brave Shine(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

Fate/stay night UBW 第20話。
士郎とアーチャー、過去の自分と未来の自分の対決。
以下感想

空っぽな器に込められたもの

士郎とアーチャー、過去の自分と未来の自分の対決。

英霊にまで到達した「士郎の魔術の完成形」であるアーチャーと、
つい先日ようやく本来の魔術回路を開いたばかりの士郎。
UBWの使い手としての練度は比べ物になるはずもなく、
そもそもただの人間と人智を超えた英霊という越えがたい壁がある。
なので通常であれば士郎に勝ち目など微塵もないはずですが・・・。

貯蔵魔力枯渇寸前のサーヴァントとアヴァロン持ちの人間ということで、
両者の肉体強度はおそらく拮抗している。
練度についてはアーチャーが丁寧にご教授してくれているのと、
「使い手の技能まで模倣する」というUBWの特性で差が埋まりつつある。
今のアーチャーに抵抗する士郎を完璧に仕留めるのは困難であり、
一方で士郎も人真似ではアーチャー以上の武技を習得するには至らない。
つまりこの2人が打ち倒すべきは相手の肉体ではなく心のほう。
アーチャーがリスクを承知で固有結界まで展開させたのもこれが理由でしょうね。

士郎が人助けに走るのは強迫観念に突き動かされていただけに過ぎない。
感情も持たない空虚な人間による人助けなぞ偽善もいいところ、がアーチャー談。
選定の剣に選ばれたから、という理由だけで正しいだけの王道を貫き通し、
結果祖国を滅ぼすに至ったセイバーとしても耳が痛い話ですね。
自身の欲を決して示さないから周囲に理解されずに拒絶されてしまう。
与えられた役割に忠実であることがそこまで悪いことなのか?とは思いますけどね。

アーチャーに言わせれば、「正義の味方」という士郎の理想は、
衛宮切嗣が最期に残した忌々しい呪いみたいなもの。
しかし長き時の果てにアーチャーは忘れ去ってしまっていただけで、
切嗣が本当に士郎へ残したものは呪いではなく希望であったはず。

他に選択肢がなかったという点は否めませんが、
幼き日の士郎は切嗣の理想が尊いものだと碓かに"感じていた"。
また切嗣も士郎なら決して道を間違えないだろうと確信したから夢を委ねた。
士郎を救うために切嗣が埋め込んだ「アヴァロン」が、
今もまだ士郎の命を支え続けてくれていることこそがその証拠でしょう。

槍兵の意地

綺礼&慎二に迫られ絶体絶命の凛を救ったのは・・・。

綺礼の令呪によって自害を強要されたランサーですが、
心臓を穿たれてもなお一定時間活動可能という驚異的なしぶとさを発揮する。
別ルートではあのギルガメッシュ相手に半日以上も善戦するぐらいですし、
こと生命力、継戦能力についてはバーサーカー以上のバケモノと言える。
サバイバル戦である聖杯戦争においてこれほど有用なサーヴァントはそういない。
彼が真っ当なマスターのもと本領を発揮できていればどこまでいけたのだろう、
と、本人でなくとも惜しまずにはいられませんね。

そのランサーによって綺礼は始末され、慎二も追い返され、
凛はようやく囚われの身から解放される。
たかだが手駒と侮っていた相手に背後から刺される。
綺礼の迎えた結末はまさに因果応報といったところですねw
にしても凛にしろランサーにしろ、
みんなあんなワカメ野郎なんかに対してものすごく親切ですよねぇww

まとめ

てなわけで今回はUBWルートの大一番、士郎vsアーチャー。
碓かに士郎は自らの意図も持てない破綻者、言わば空っぽな器に違いない。
しかしその器に込められた理想は呪いなどという後ろ暗いものではなく、
士郎がその理想を追い求めると決めたのだって強迫観念ではなかったはず。
初心を取り戻し、正しいだけのアーチャーを否定する士郎が超カッコよかったです。

士郎が自身の迷いを振り払い覚醒したところで、
互いの信念をぶつけあう2人の戦いも決着間近か。
そして士郎が、かつて切嗣が目指した「正義の味方」の体現者として、
この聖杯戦争にどのような終わりをもたらすのか。
Zeroの頃から続く「正義の味方」に対する問答も終わりが近づいてきましたね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 3003 ] Re: Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #20 Unlimited Blade Works.
>与えられた役割に忠実であることがそこまで悪いことなのか?とは思いますけどね。

少なくとも、士郎やセイバーの場合、周囲の人間にも問題があると思いますね。
都合のいい時は利用したくせに、都合が悪くなると責め立てる。
確かに士郎やセイバーが、あまりに不器用だった部分もありますが、周囲も敬ったり恐れるばかりで、
みんなのために私情を消して努力していた彼らの本心を理解しようとせず、
間違った部分を正そうともせずに、ただ排除しようとしたわけですからね。

>にしても凛にしろランサーにしろ、
みんなあんなワカメ野郎なんかに対してものすごく親切ですよねぇww

多分、小物過ぎるからでしょうねw
彼らからしたら、慎二は言峰に唆されて戦場で踊ってる滑稽で哀れな道化ですからね。
怒る気にもならないのかもしれませんねw
凜の方は、あんなのでも以前からの顔見知り&桜の義理の兄貴というのもあるでしょけど。
[ 2015/05/24 19:40 ]
[ 3007 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> 少なくとも、士郎やセイバーの場合、周囲の人間にも問題があると思いますね。
> 都合のいい時は利用したくせに、都合が悪くなると責め立てる。
> 確かに士郎やセイバーが、あまりに不器用だった部分もありますが、周囲も敬ったり恐れるばかりで、
> みんなのために私情を消して努力していた彼らの本心を理解しようとせず、
> 間違った部分を正そうともせずに、ただ排除しようとしたわけですからね。

そうですね、他人のために人並みの人生すら捨て去ったこの2人に対し、
身勝手な欲望ばかりを押し付けた周囲こそが諸悪の根源であるのは間違いないです。
当人が平気そうにしているからそれでいいやと間違いを正そうともしない。
あまりにも浅ましい考えに腹が立ってきますね。

しかし一方で、そういう彼らを救おうと苦心した者だって少数ながら確実にいたはずで、
(むしろ人間としてごく普通の良識を持ち合わせていればそういう結論に至るはずなのですが)
そういう者たちが抱えていた苦悩は当人が負ってきた傷にも勝るものではないのかと思います。

まぁ具体的にはセイバーの無二の親友であるはずのランスロットのことなのですが。
どれだけアルトリアを救おうと努力しても彼女は決してその手を取ってくれない。
そしてあくまでアルトリアに救われた側、すなわち弱者側に立っている彼には、
悲しいことに彼女の強さにすがりつくしかない者たちの気持ちもよくわかってしまう。
そして最後には自身の弱さに屈服し、その苦悩は狂化という望まぬ形で発露してしまった。

私が愛するランスロットにまつわる内容だったのでムダに長くなりましたが、
碓かに士郎やセイバーみたいな存在に救われてばかりな状況を良しとする連中は論外です。
しかし、彼らみたいな存在を心から救いたいと願う者だってきっといたはずで、
そういう人達に対して士郎やセイバーの在り方は、
もしかしたらあまりにも無慈悲なのかもしれないなぁ、と思った次第です。

どれだけ考えを重ねても士郎やセイバーの在り方を責められないですし、
責めていいものだとは微塵も思えません。
当の本人(アーチャー)による発言でなければ決して許せるものではないでしょう。
しかしその一分の隙もない正しさこそが、
特定の人間にとっては何よりも残酷なのだろうと思います。
[ 2015/05/24 21:22 ]
[ 3008 ] Re: Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #20 Unlimited Blade Works.
>綺礼の迎えた結末はまさに因果応報といったところですねw

時臣もバゼットさんも騙し討ちで殺害してますもんねw
ランサーは、本来の主と結果的にだけど凜の父親の仇まで討ちましたね。

>初心を取り戻し、正しいだけのアーチャーを否定する士郎が超カッコよかったです。

この士郎が精神世界らしき場所でアーチャーと問答したり、
過去の映像を見て初心を取り戻すアニオリは原作者の監修だそうです。
初見の方にはわかりづらくて不評みたいですけど、
個人的には原作以上に士郎の内面に踏み込んでくれて良い演出だったと思いますね。
[ 2015/05/24 22:14 ]
[ 3009 ] 通りすがりの幻想殺しさん、コメントありがとうございます
> この士郎が精神世界らしき場所でアーチャーと問答したり、
> 過去の映像を見て初心を取り戻すアニオリは原作者の監修だそうです。
> 初見の方にはわかりづらくて不評みたいですけど、
> 個人的には原作以上に士郎の内面に踏み込んでくれて良い演出だったと思いますね。

私は原作プレイ済みとはいえ内容については本当にうろ覚えという状態で、
視点としてはZero視聴済みの初見組に近いものであったと思うのですけど、
今回の内容はZeroから続く切嗣の願望がついに実を結んだ素晴らしい一話だと思いました。

どれだけその過程と結末が血に染まろうと、偽善だの自己満足だの蔑まれようが、
そのはじまりは何人にも汚すことのできない美しい想いによるものであった。
この内容で納得できない人はむしろこれまで何を見てきたんだろうと疑問に思うぐらいです。
[ 2015/05/24 22:35 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

Fate/stay night [UBW] 第20話 「Unlimited Blade Works.」
士郎とアーチャー 現実として突きつけられる未来の己自身と問答する士郎が導き出す答えとは。このあたりはこの物語では一番重要な部分なだけに流石にじっくりと尺を割いて描いてくるなと。そしてこれはこのUnlimited Blade Works.編としてだけではなくZEROから見てきた切嗣の願いとそのanswer的なものも詰まっていたと思うので見応えのある内容だった。
[2015/05/24 19:12] ムメイサの隠れ家
Fate/stay night[UBW] BS11(5/23)#20
第20話 Unlimited Blade Works. アーチャーは魔力切れの症状が発生。これでも士郎にはちょうど良いハンデ。 凛の心臓を求める言峰綺礼。凛は俺のものだと止めようとする間桐慎二。ランサーが立ち上がり言峰綺礼を貫く。結局こうなったかと踞るランサー。 役立たずは最後まで役立たずだったなと凛を襲う間桐慎二。お前が望むなら聖杯を分けてやっても良いぞ。さっさと此処から立ち去りなさい。ラ...
[2015/05/24 21:15] ぬる~くまったりと
【アニメ】Fate/stay night [Unlimited Blade Works]  第20話「Unlimited Blade Works.」感想
いよいよ運命の戦いに臨む士郎。 そして、慎二の魔の手が迫る凛。 二人の命運やいかに!? ということで、第20話の感想になります。 ※ 重要 「定期更新停止のお知らせ・・・の予告」 (注意事項) ・基本、嫁にハアハアする感想になります。 ・管理人のFate関連の知識は次のとおりです。  ①原作ゲームはVITA版...
[2015/05/24 21:31] 今日から明日へ(仮)
アニメ「Fate/stay night [UBW]」第20話「Unlimited Blade Works.」感想ヾ(*・∀・)/
士朗は戦いながらアーチャーの技術をトレースしているのか。さらに鞘入りだからチート回復あるから死ななさそう。 エセ神父はこれで死んじゃうんだっけ?もう復活しない?かなりあ ...
[2015/05/24 22:13] とっくりん
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #20「Unlimited Blade Works.」
トラッグバックが弾かれるのをブロックするために、日本語をはさみます。「Fate/
Fate/stay night「第20話 遠い夢跡」
Fate/stay night「第20話 遠い夢跡」に関するアニログです。
[2015/05/25 01:38] anilog
Fate/stay night UBW 2nd 8話「Unlimited Blade Works.」
評価 ★★★☆ その先は地獄?         
アニメまとめてプチ感想(DD3期・Fate・電波教師)
ハイスクールD×D BorN 第8話 この作品らしいバトル、士気を上げるすべも心得てる一誠くん。 デートしてあげると言ってもらえた朱乃さんやる気メーター上がる上がるww 面白くないリアス部長のやる気メーターも急上昇^^; 一誠の新しい大技はパイリンガル!!…「バ」ではありません^^; 作者GJネーミング、よく思いついたなww 激おこ一誠の攻撃に糸目キャラ赤子同然、フルボッコに。 ...
[2015/05/26 13:36] のらりんすけっち
Fate/stay night 第20話 『Unlimited Blade Works.』 ランサーが一杯いい仕事した!!
激突、士郎VSアーチャー!!まず勝てない。そう思ったらアーチャー魔力切れ。思ったより早かったですね。しかし本人は「ハンデにもならん」と余裕。技量が違う、経験が違う、覚悟が違う。ここで言う覚悟は「相手を殺す」覚悟です。衛宮士郎にそりゃ無理だろうと。 いざ戦いですが…時間ないのになんかゆっくり。基本的にはアーチャー圧倒してるんですが、何故かトドメを刺しません。代わりにお喋りを始めて...