窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第786話 ギャッツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ONE PIECE 第786話 ギャッツ

ONE PIECE ワンピース 17THシーズン ドレスローザ編 piece.14 [DVD]

ネタバレ注意です。
以下感想

10分

ギア4にてついにドフラ打倒かと思いきや・・・。

ルフィ渾身の一撃が炸裂するものの、「鳥カゴ」はいまだ消えず。
追撃を加えようとしたところでギア4の時間切れ、10分間覇気が使えなくなる。
新世界での戦いでは覇気は必須なので、実質的な戦闘不能状態。
本人は「逃げまわる」と言いながら、
それが叶わぬほど疲労困憊になってしまうのが致命的ですね。

ギア4の猛攻を受けながらなおも健在のドフラ。
「鳥カゴ」内でのゲームがはじまってから、
ルフィやローに相当のダメージを負わされながらもまだ倒れない。
まぁ七武海に名を連ねる海賊はもれなくしぶといですからねぇ。
一方、虫の息のルフィからゴムゴムの実を奪うため、
これまで王宮内で戦いを傍観していたバージェスが動き出す。
ちゃっかり漁夫の利を狙ってくるあたりが非常に黒ひげ海賊団らしいですね。

10分後、覇気さえ戻れば、必ずドフラを打倒し「鳥カゴ」から人々を解放する。
そう約束するルフィを守るため、これまでルフィに力を貸さなかった方の
コロシアム参加者がドフラを足止めするため立ち上がる。
またルフィに迫り来るバージェスはサボが抑える。
さすがはルフィのもう一人の兄、安心感がハンパないですね。

まとめ

てなわけで今回はギア4の時間切れで状況が一転、大ピンチとなった一話。
ドフラの耐久度は軽く絶望と落胆に陥るレベルだったわけなのですが、
ギア4時のルフィの戦闘力は明らかにドフラを凌駕していましたし、
10分後のルフィ復活の折には今度こそ必ずドフラを打倒してくれることでしょう。
サボやゾロたちの活躍を楽しみながらその時を待つとしましょうか。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/05/19 07:20 ] ONE PIECE | CM(2) | TB(0)
[ 2998 ] Re: ONE PIECE 第786話 ギャッツ
正直、バージェスがいた事を忘れてましたw

バージェスは脳筋なイメージがあったんですが、
この状況で戦いに加わらずにルフィとドフラが弱るのを待ってたなんて意外としたたかですね。
さすがは黒ひげ海賊団の幹部だけの事はありますね。
[ 2015/05/19 19:52 ]
[ 3002 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> バージェスは脳筋なイメージがあったんですが、
> この状況で戦いに加わらずにルフィとドフラが弱るのを待ってたなんて意外としたたかですね。
> さすがは黒ひげ海賊団の幹部だけの事はありますね。

頂上決戦で漁夫の利を狙ってきたところといい、
黒ひげ海賊団は見た目にしろやり口にしろ非常に海賊らしい連中という印象ですね。
[ 2015/05/24 19:35 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。