窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第784話 ギア4(フォース)

ONE PIECE 第784話 ギア4(フォース)

ONE PIECE ワンピース 17THシーズン ドレスローザ編 piece.11 [DVD]

ネタバレ注意です。
以下感想

弾力

ルフィの新技、ギア4(フォース)"バウンドマン"

ギア4は骨風船ならぬ筋肉風船を駆使した技で、
スリラーバークでのナイトメア・ルフィを彷彿とさせる巨体へと変貌する。
ギア3との差異は身体の一部を極端に大きくするのではなく、
全身を程々に巨大化させている点。
さらに「ものすごく硬い」という触れ込みの骨風船とは違って、
武装色で固めた皮膚を空気で強引に伸ばすことによって、
ゴムならではの"弾力"を格段に高めているのが最大のポイント。
2年間の修行を経て身につけた新技なのですから、
そりゃ覇気を活用する技に決まってるよなぁと今さらながら思います。

自分の足で立つことすらできないバウンドマンを見て、
ドフラもただの悪ふざけかと一笑するものの、
弾力を高めたギア4からの技の数々はそんなドフラを圧倒していく。
パワーもスピードも桁外れに上がり、空も飛べるようになる。
なによりも武装色とゴムの組み合わせで打撃も斬撃も効かないという。
こんな反則技持っているんだったら最初から使えよwってカンジですが、
これだけ強力であればギア2や3以上の副作用があるのでしょうね。

まとめ

てなわけで今回はギア4の初お披露目。
武装色を活用してゴムの特性自体を高めるという非常に面白い技でしたね。
見た目的は妙にゴツくてあまりカッコいいとは言えないのですが、
そこがまた「猛獣との戦いで己を鍛え上げてきた」という、
ルフィの野生児らしさがとても出ていてよかったと思いました。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/04/28 06:25 ] ONE PIECE | CM(2) | TB(0)
[ 2985 ]
>見た目的は妙にゴツくてあまりカッコいいとは言えないのですが
尾田先生も初めからルフィにビジュアル的な格好良さは求めてなかったでしょうし、こういう無骨さこそルフィらしさって感じですね。
そして極めて強力な4は当然何かリスクはあると思いますが、それが気になるのですがかつての3の初披露みたいな展開だとネタ被りになるんですよね。
[ 2015/04/30 22:35 ]
[ 2993 ] 零崎零識さん、コメントありがとうございます
> 尾田先生も初めからルフィにビジュアル的な格好良さは求めてなかったでしょうし、こういう無骨さこそルフィらしさって感じですね。

「ゴム」を能力としている以上最初からビジュアル的な格好良さは度外視してますよねぇ。
で、だからこそ他作品の主人公との差別化ができているのだろうと思います。
[ 2015/05/10 16:53 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL