窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> プラスティック・メモリーズ> プラスティック・メモリーズ #04 うまく笑えなくて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

プラスティック・メモリーズ #04 うまく笑えなくて

プラスティック・メモリーズ Say to good-bye (1) (電撃コミックスNEXT)

プラスティック・メモリーズ 第4話。
ギフティアに育てられた子どもたち。
以下感想

優しい嘘

ギフティアに育てられた子どもたち。

今回のツカサとアイラは、幼くして身寄りをなくした少年から、
親代わりを務める唯一の家族を奪っていく、
というこれまた非常に胸が痛むお仕事を任される。
ギフティアのほうは驚くほど明るくおしゃべりなのですが、
少年のほうは反抗期真っ盛りといった印象。
マーシャの、頑張って明るく振舞っている感が観ていて辛くなってきます。

マーシャの持ち主、ソウタが半ば記憶喪失みたいになっているのは、
ギフティアに育てられたことに対する一種の防衛反応みたいなもの。
「せめて思い出だけは嘘だと思ってほしくない」と、
ツカサとアイラはソウタの誕生日パーティーの手伝いをするが・・・。
ソウタと同じ境遇のミチルが手を貸してくれたからなんとかなったものの、
このポンコツコンビじゃ調理の補助すらまともにこなせない。
アイラに至っては役割分担に忠実すぎてほぼ何もしてなかったですねw

生前、母親が得意としていたいちごタルトを見て、
「思い出なんてみんな嘘」だと頑なだったソウタも心を開く。
まだ8歳という彼の年齢を考えれば、むしろものすごく物分かりがいい。
人生ハードモードすぎるってのにホント立派なものですねぇ。

まとめ

てなわけで今回の案件はギフティアに育てられた子ども。
ツカサとアイラの恋を描いていくのも悪くはないとは思いますが、
やっぱり今回のように回収業務を通して、
人間とギフティアの様々な関係を見ていくほうが面白いですね。

ツカサとアイラの頑張り、というかミチルのフォローのおかげで、
ソウタとマーシャの問題も無事解決したのですが、
2人の最後の瞬間を台無しにしようとする畜生が現れる。
耐用期限の切れたギフティアの悲しき末路が描かれることによって、
改めて回収業務の必要性がわかってくることとなりそうですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

プラスティック・メモリーズ BS11(4/25)#04
第4話 うまく笑えなくて アイラが挨拶してくれて喜ぶツカサ。闇回収業者の事件も多発している。今回の仕事は小学生ソウタを育てるギフティアのマーシャの回収。3年前に両親は揃って他界した。ギフティアに育てられた子供をアンドロイドチルドレンと呼ぶ。 マーシャはツカサとアイラを歓迎する。両親はソウタを愛していたことを語るマーシャ。学校から帰ったソウタ、今直ぐ連れて行って。サインするから、ギフティアは嘘...
[2015/04/27 11:09] ぬる~くまったりと
変に意識してる/プラスティック・メモリーズ4話他2015/4/27感想
<記事内アンカー> シドニアの騎士 第九惑星戦役 第3話「針路」 プラスティック・メモリーズ 第4話「うまく笑えなくて」 「艦これ」春イベント2015:期間限定海域【発令!第十一号作戦】の『前段作戦』は下記から構成されます!
第1作戦海域:【発動準備、第十一号作戦!】
第2作戦海域:【第二次カレー洋作戦】
第3作戦海域:【 ベーグル湾通商破壊戦】&...
[2015/04/27 21:47] Wisp-Blog
消せないモノ、消えないモノ【アニメ プラスティック・メモリーズ #4】
プラスティック・メモリーズ 1【完全生産限定版】(イベントチケット優先販売申込券付) [Blu-ray](2015/06/24)内匠靖明、雨宮天 他商品詳細を見る アニメ プラスティック・メモリーズ 第4話 うまく笑えなくて いなくなってしまうけど 何もかもが消えてなくなるわけではなくて―


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。