窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> 魔法少女リリカルなのはViVid> 魔法少女リリカルなのはViVid Memory;04 ブランニュー・ハート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;04 ブランニュー・ハート

魔法少女リリカルなのはViVid (13) (カドカワコミックス・エース)

リリカルなのはViVid 第4話。
春の大自然旅行ツアー&みんなでオフトレーニング。
以下感想

今までは一人だったけど、これからは・・・

春の大自然旅行ツアー&みんなでオフトレーニング。

ヴィヴィオたちは試験休みに、ノーヴェたちの引率で、
ルーテシアの家にて4日間の合宿を行うことに。
はやてたちを除いた機動六課主要メンバー勢揃いという、
よく考えなくても超人揃いなすさまじいメンツw
ルーテシアのキャラが変わりすぎてかなり困惑しましたが、
逆にキャロの変化の無さには安心感を覚えますねw

大人組が鬼教官にみっちりしごかれている一方で、
ヴィヴィオたち子供組は仲良く楽しく水遊び。
・・・と思いきやヴィヴィオたちの水遊びはただの水遊びじゃなかった。
拳圧で数メートル長の水しぶきを上げるとかもはや水害レベル。
最近の小学生たちが行う水切りっておっかないなぁw


ヴィヴィオはアインハルトのことを心底敬愛しており、
アインハルトもヴィヴィオのことを好ましく思っている。
しかしまた両方共相手との距離を微妙に測りかねている、
ってのが合宿開始時点での2人の仲だったわけですが・・・。
ちょっと一緒に遊べばすぐ仲良し、若いっていいものですねぇ。
とはいえイチイチ相手の流派を話に持ちだしてくるあたり、
やっぱりヴィヴィオとアインハルトはちょっと変わっていますよねw

まとめ

てなわけで今回は楽しく激しいヴィヴィオたちの合宿、の序章。
エリオやキャロ、ルーテシアといった懐かしの面々の参加に心躍りましたが、
今回はヴィヴィオとアインハルトの関係にスポットが当てられていましたね。
ノーヴェの気遣いとヴィヴィオの人柄もあって順分満帆といったカンジかな。

格闘技脳のアインハルトじゃないですけど、
この合宿で一番楽しみにしているのはやはり「模擬戦」
オーバーS魔導師たちの戦いが早く観たいものです。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

アニメまとめてプチ感想(ニセコイ:・ViVid・ソーマ・調ちゃん)
ニセコイ: 第3話 泣く子も黙る千棘ママン登場回。 恐るべきワンマンぶり…出来る人ではあるんだけど。 千棘があのリボンしている意味も明かされました。 ママンに伝わらないのが悲しいなあ。 もっと娘の気持ちわかってやれよと。 ここは楽の出番、次回いい男っぷりを見せてくれそうです。 魔法少女リリカルなのはViVid  第4話 みんなでお泊まり、可愛い水着回でした♪ 日常シーン...
[2015/04/26 13:06] のらりんすけっち
魔法少女リリカルなのはViVid TokyoMX(4/24)#04
Memory;04 ブランニュー・ハート 公式サイトから二度目の手合わせを終えて少しだけ気持ちが通じ合えたものの、まだぎこちない雰囲気のヴィヴィオとアインハルト。そんな折り、試験休みを利用しての特訓合宿に参加するコトに。合宿場所は、ルーテシア親子の住むカルナージ。コロナ、リオ、ノーヴェや、なのは、フェイト、スバル、ティアナ、キャロ、エリオの旧6課メンバーと一緒に、特訓をかねての川遊びやBBQ...
[2015/04/26 14:44] ぬる~くまったりと
大好きを示してくれる人たちがいるコト【アニメ 魔法少女リリカルなのはViVid #4】
魔法少女リリカルなのはViVid (13) (カドカワコミックス・エース)(2015/01/23)藤真 拓哉商品詳細を見る アニメ 魔法少女リリカルなのはViVid 第4話 ブランニュー・ハート 真っ直ぐ受けて止めてくれる その暖かさが―
アニメ感想 15/04/25(土) #ハイスクールD×D BorN 第4話、#魔法少女リリカルなのはViVid 第4話、#プラスティック・メモリーズ 第4話
ハイスクールD×D BorN 第4話『迎撃、開始です!』今回は・・・ほぼバトルで、おっぱいがほとんどありませんでした。何を見てるんだって話ですけど・・・おっぱいを見てるんです。こ ...
[2015/04/27 02:55] ニコパクブログ7号館
魔法少女リリカルなのはViVid Memory;04「ブランニュー・ハート」
ルールーの変貌ぶりについて、原作者の都築真紀はコミック2巻のあとがきで、 いろんな人に「いったい何があったの?」と 心配(?)されたルーテシアですが 特に何もありません。もともとこんな子です。 アギトあたりに言わせると「性格変わった」という印象すらないらしいです。 「そういえば声が大きくなったかな」くらいで。 と追記されてるのですが、ぜってー後付けだろ!ってツッコみたくなるのは気のせいでしょ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。