窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか> ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第3話 神様の刃(ヘスティア・ナイフ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第3話 神様の刃(ヘスティア・ナイフ)

井口裕香 /「Hey World」<アニメ盤> CD+DVD (2枚組) TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」オープニングテーマ

ダンまち 第3話。
ベルと共に歩み成長する相棒、ヘスティア・ナイフ。
以下感想

僕らの武器

ベルと共に歩み成長する相棒、ヘスティア・ナイフ。

冒険者になりたい、でもどこのファミリアにも入れてもらえない。
そんなベルの前に現れたヘスティアは、
まさしく女神様で、失い難い大切な家族であった。
一方のヘスティアにとってもベルは何者にも代えがたい大切な存在。
「貧乏神様のヘスティアとしても他に行く宛がないだろうなぁ」
とは言っちゃいけないんでしょうね、きっとw

ヘスティアがベルのために用意したナイフは、
ベルの成長に応じてナイフの性能も上がるというスグレモノ。
たとえ今のベルに合わせた武器を用意してもすぐに合わなくなってしまう。
ベルの急速な成長速度を考慮した一生ものの超便利武器ですね。
だからナイフの性能を最大限高めるためにステータスの更新が必須だった。
さっさとナイフを渡さずにちんたらしていたのにも一応理由があったんですね。

モンスターから逃げている間にさらに熟練度の上がったベルと、
そのベルの成長に応えるナイフで、ベルは巨大モンスターの退治に成功。
素早さについてだけは大したものなベルと、
急所狙いが基本なナイフの相性もバツグンってところですね。
というかあの無数の群衆は今の今までどこに隠れてたんだ?w

まとめ

てなわけで今回はヘスティアがベルに用意したナイフの本領発揮。
今回のように恐ろしくゆったりとした展開を、
「丁寧」と呼ぶか「尺稼ぎ」と呼ぶかは少し悩みどころなのですけど、
緊張感も高揚感もほとんど感じられなかったのはやはり残念でしたね。

あとはせっかくの新武器のスゴさもロクに伝わってこなかったですね。
「ベルの成長に応じて性能が上がるナイフ」であるのですから、
まずはステータス更新前のベルに一度使わせてみて、
その後でステータス更新を行ってモンスターと再戦、って展開にすれば、
間延びした印象もなくなってかつ武器の魅力もよく伝わっただろうに・・・。

で、次回は新たな武器に続いていよいよ新たな仲間の登場でしょうか。
見たところまたまた女の子っぽいですし、ヘスティアのリアクションに注目ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかに関するアニログです。
[2015/04/19 09:08] anilog
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか TokyoMX(4/17)#03
第3話 神様の刃 公式サイトから「僕はもう、家族を失いたくないです」モンスター・フィリアの喧騒の中、突如、脱走したシルバーバックからの急襲を受けたベルとヘスティア。唯一の家族を護るため、ベルは、たったひとりで格上の魔物と対峙することに――しかし、奮闘むなしく徐々に追い詰められていくベル。一方、不本意な形でベルに逃がされた ヘスティアもまた走り続けていた。再びベルに合流するため、彼女にとって唯...
[2015/04/19 10:23] ぬる~くまったりと
【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか】第3話『神様の刃(ヘスティア・ナイフ)』 キャプ付感想
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第3話『神様の刃(ヘスティア・ナイフ)』 感想(画像付) ベルとヘスティアの絆! お互いが、守りたい家族なんですね。 神と眷属を超えた絆に見えますね(笑)     「僕はもう、家族を失いたくないです」 モンスター・フィリアの喧騒の中、突如、脱走したシルバーバックからの 急襲を受けたベルとヘスティア 。唯一の家族を...
[2015/04/19 12:44] 空 と 夏 の 間 ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。