窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続> やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第2話 彼と彼女の告白は誰にも届かない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第2話 彼と彼女の告白は誰にも届かない。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説・サントラCD同梱) [DVD]

俺ガイル2期 第2話。
葉山グループの人間関係を守るため、八幡は・・・。
以下感想

もう一つの依頼

葉山グループの人間関係を守るため、八幡は・・・。

戸部の告白を成功させようと八幡たちがあれこれ画策する中、
八幡は三浦から「余計なちょっかいを出すな」と釘を刺される。
そりゃ部外者に自分たちの仲を引っ掻き回されていい気はしないですし、
そもそも部外者がそんな繊細な問題に首を突っ込んでくること自体が筋違い。
今回ばっかりは彼女の言い分が正論すぎてぐうの音も出ないです。

一方で依頼者の一人であるはずの葉山も、三浦と同じく「今が気に入っている」
八幡の言うとおり、「その程度で変わってしまうなら所詮はその程度の関係」
それでもそんな関係をなんとか守りたいとか夢見がちなことを考えてしまうため、
今回の事件においても葉山は何一つとして解決案を出せずにいた。
葉山が葉山なりに苦悩していたのはわかりますけど、
戸部にも海老名さんにも、自分の都合で巻き込んだ八幡たちにも、
ものすごく失礼なことをしているって自覚しているのでしょうか・・・?

戸部が告白を実行すれば、まず間違いなく戸部はフラれる。
それでも葉山たちの関係性を守る唯一の方法は「告白の横取り」
戸部の代わりに告白し、戸部の代わりにフラレて、戸部を諦めさせる。
またしても自らの社会的地位と人間関係を犠牲にした、
人気者な葉山には逆立ちしてもマネできない解決法。
ヘタすりゃ、というか普通なら戸部にぶん殴られてもおかしくない行いですが、
(八幡も最悪そうなることを覚悟していたでしょうけど)
戸部がいい具合にバカで良い奴だったのが唯一の救いでしょうかw

こうして八幡は、海老名さんによる「もう一つの依頼」を完遂したものの、
雪乃や結衣からはそのあまりのやり方から非難を受けることに。
八幡が行動を起こす直前の会話からして、
この2人は「もう一つの依頼」の存在に気づいていなかったっぽい。
しかし雪乃の洞察力は八幡に負けず劣らずですし、
結衣も葉山グループの一員で空気を読むことには長けていますし、
最終的には八幡の真意に気づき、その上で真っ向から否定したのではないかと。

「世界を正しく変えよう」という思想を持つ雪乃と、
八幡に仄かな好意を抱いている結衣が、
今回の八幡の行動に憤りを感じてしまうのは当然と言える。
しかし今回も結局は八幡一人の戦果、すなわち八幡こそが正義なわけで、
他に代案も提示せず八幡を否定するのはどう考えても間違っている。
一方で八幡も八幡で、いい加減にお得意の自傷行為が、
自分以外の誰かを傷つけてしまっていることを自覚するべきですし・・・。
う~ん、雪乃と結衣が八幡とは違うやり方で、
八幡一人では手も足もでない問題を解決する以外に、
奉仕部の3人が救われる道は存在しないのでしょうね。


まとめ

てなわけで今回は修学旅行編、早々のクライマックス。
1期の文化祭編と同等かそれ以上に胸糞悪い結末を迎え、
葉山はもちろん、八幡にも雪乃にも結衣にすら嫌悪を感じるエピソードでした。
上っ面だけのクソみたな人間関係を守るために、
無関係な人間まで巻き込まれ痛みを押し付けるだなんてバカげてる。
いっそ何もかもすべてぶっ壊れちまえばどれだけスッキリするだろうか・・・。
そんなことばかりを考えてしまう一話でした。

妙にあっさりと終わった今回のエピソードですが、それもそのはず。
奉仕部が抱える問題を浮き彫りにすることこそがこのエピソードの役割でしょう。
八幡のやり方に異を唱える雪乃と結衣が、
今度どのようなトラブルにて、どのような解決法で、八幡のやり方を否定するのか。
それこそが今後の物語のテーマとなるのでしょうね。
奉仕部への依頼者なんて自分のことしか考えてないゴミ同然の連中でしょうし、
そんな相手の悩みを解決する上で八幡のやり方以上に
的確な解決案なんてこの世に存在するとも思えないですけど。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2976 ]
一時期は共感出来る部分もあり楽しく拝見していましたが、最近の感想はなんだか気持ち悪くて不快に感じます。
このサイトを閲覧するのも今日で最後にしますね、今まで利用させてもらいありがとうございました。
[ 2015/04/11 03:55 ]
[ 2977 ] Re: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第2話 彼と彼女の告白は誰にも届かない。
補足、結論から言うと雪乃と結衣が最後八幡に怒った理由は違います。
結衣は八幡が傷付いた事に怒って、もうそうゆうのはやめてよねって意味で怒りました。
雪乃は八幡が葉山たちに歪んだ現状維持を選ばせたから
それは本来あなたが最も嫌悪していたものでしょう?
と言う意味です。
[ 2015/04/11 18:54 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている 続 #02 「彼と彼女の告白は誰にも届かない。」
=== 因果応報、モラトリアム ===  どうも、管理人です。さっきニュースサイトググってたら、「羊毛とおはな」というユニットのボーカルが亡くなったという知らせを見つけて、これまた落ち込む作業。ファンというわけじゃないですけど、全く知らないわけじゃないので、少し心が痛むというか悼むというか、つまりそんな気分。 == 八幡:「ずっと好きでしたつきあってください」 ==  今回...
[2015/04/10 23:34] 戯れ言ちゃんねる
【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続】第2話『彼と彼女の告白は誰にも届かない。』 キャプ付感想
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第2話『彼と彼女の告白は誰にも届かない。』 感想(画像付) たった一つの最低な解決法。 また八幡の自己欺瞞が炸裂…。 それで傷ついて、泣いてくれる人もいるんだけどね。 どうしようもなく嘘つきで不器用。  修学旅行先の京都で、依頼された恋の相談を成就させるべく動く八幡たち。 結衣たちとともに葉山グループのクラスメイトたちと...
[2015/04/10 23:50] 空 と 夏 の 間 ...
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続「第2話 彼と彼女の告白は誰にも届かない。」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続「第2話 彼と彼女の告白は誰にも届かない。」に関するアニログです。
[2015/04/11 05:38] anilog
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続2話他2015/4/10感想
<記事内アンカー> やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第2話「彼と彼女の告白は誰にも届かない。」 パンチライン 第1話「パンツパニック」  仮眠のつもりが朝;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン  しかし俺ガイルのタイトル、「他2015/x/xx感想」まで入ると長過ぎて台詞をエントリタイトルに入れられんな。
[2015/04/11 05:43] Wisp-Blog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。