窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第781話 本懐

ONE PIECE 第781話 本懐

ONE PIECE ワンピース 17THシーズン ドレスローザ編 piece.10 [Blu-ray]

ネタバレ注意です。
以下感想

爪痕

死んだと思われていたローの、執念の一撃。

街を囲む「鳥カゴ」が徐々に収縮を開始。
ドフラはこの国の秘密を知った者を誰一人として生かしておくつもりはない。
ローやベラミーは一足先にくたばったにすぎない、と、
ドフラはルフィのことを挑発してきますが・・・。
ドフラの慢心が最高潮に達するこの瞬間こそが唯一にして最大の勝機。
よくぞまぁこれまで耐え忍んできたものだと感心するばかりですが、
ローの13年間の戦いに比べれば取るに足らない時間かもしれませんね。

ドフラの息の根を確実に止めるため、ローが繰り出したのは「ガンマナイフ」
外傷を与えず内蔵のみを破壊するこの技を受ければ、
たとえドフラとて助からない、と医者のローは語る。
虫の息であるのはお互い様なのですが、
それでも自らの手でドフラを始末しようとするローの執念は相当なもの。
そんなローの心境を察してか静観に徹するルフィがいい味を出しています。


しかしローの執念の一撃をもってしてもドフラを倒すことはできなかった。
時間さえあればドフラは自分で応急処置が行える。
つまりは糸を使って傷口の縫合を行っているってことなのでしょう。
とはいえ完治ではなくあくまで応急処置にすぎないはずなので、
全力で動けるような状態ではないはずですし、
強い衝撃が加えられれば塞いだ傷口が再び開いてくるはず。
ローが残したこの爪痕は後々ドフラを大いに苦しめるのではないかと。

まとめ

てなわけで今回は不屈の男トラファルガー・ローによる執念の一撃。
ローの脅威のしぶとさとオペオペの能力の強力さ、
さらにはドフラのイトイトの能力の応用範囲の広さに驚きの一話でした。
満身創痍でも何度も何度も立ち上がるローと、
そのローの後を引き受けたルフィが超カッコよかったです。

今回のローの一撃でさすがにドフラも弱体化したはず。
加えてベラミーとローの件でルフィも本気モード突入ですし、
さすがにここまでくれば勝利も目前かなってカンジですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/03/30 20:10 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL