窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> デュラララ!!×2> デュラララ!!×2 承 #12 艱難汝を玉にす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

デュラララ!!×2 承 #12 艱難汝を玉にす

デュラララ!!×2 承 3【完全生産限定版】 [Blu-ray]

デュラララ!!2期 第12話。
池袋の非日常に追いつくため、帝人は・・・。
以下感想

進化

池袋の非日常に追いつくため、帝人は・・・。

混沌としたケンカ現場に「池袋のフォルテシモ」、平和島静雄、参上。
女を人質にとった件でダラーズを見限り、帝人に脱退を宣言した後、
身を挺してヴァローナたちから茜を救出する。
今回の静雄は千景もに勝るとも劣らないフェミニストっぷり。
にしても、1期の斬り裂き魔事件以降、静雄は壊すこと以上に、
護ることに重きを置くようになりましたよねぇ。
まぁ軽~いチョップで太っちょ野郎の腕を粉砕したり、
乗用車をサッカーボールみたいにドリブルしてたりしましたけどw

現状ダラーズには明確なリーダーは存在しませんが、
ダラーズ内でも特別な役割を担う人物は帝人を含めて4人もいる。
一人は顔役としてダラーズ内で広く認知されているドタチン、
一人はダラーズはおろか池袋における最高戦力である静雄(脱退済み)、
そしてもう一人が陰ながらダラーズをここまで育てた張本人であるノミ蟲野郎。

千景が臨也のような人間こそダラーズのリーダーっぽいと語っていたように、
十人中十人が「ダラーズのリーダーは?」という問に上記3人の名前を挙げるはず。
当然ながら、ダラーズの創始者でしかない今の帝人では、
他の3人に勝るどころか追いつくことさえ夢のまた夢ですね。
そんなこと改めて言わなくても帝人だって承知のことだろうって話なのですが、
無力さを痛感した後、面と向かって指摘されると、相当こたえてしまうのでしょう。

千景との会話を終えた後、帝人は改めて青葉たちブルースクエアのリーダーになる。
契約書代わりに、ダラーズを貶めた落とし前代わりに、
そして杏里を巻き込んだことに対する制裁として、
帝人は青葉の手にボールペンを思いっきりぶっ刺す。
いきなりこんな行動に移ったことはもちろんですが、問題はむしろその後、
「いつもと同じ様子で青葉の身を案じる」その異常さに私は戦慄を覚えました。

どれだけ非日常の深みに嵌っていこうとも、
帝人の「日常の住人」としての顔は決して失われない。
上記の「リーダーっぽくない」と言われた件にしても、
裏を返せば敵対勢力から巧みに身を隠せる武器とも言える。
これは今回、これまで終始裏方に徹していたにも関わらず、
襲撃を受けてしまった臨也ですら持ち得ない恐るべき異常性ですよ。


まとめ

てなわけで今回は変化するダラーズに追いつこうと決意した帝人の進化。
「ダラーズ」という名のヤクザですら重宝するネットワークの管理人で、
「ブルースクエア」という名の過激派武闘集団のリーダー。
加えて本来持ち合わせていた非日常への強烈な憧れと凶暴性、
それと人畜無害な一般人としての顔を兼ね備える怪人へと進化した。
今の帝人であれば池袋の街を一変させることも不可能じゃないはず。
あとは帝人がこれらの力で池袋の街をどのように変えていくのかですね。
その結末は3ヶ月後までお預けですけれど。

あぁそれと、すっかり忘れ気味になっていましたが、
今回ラストでザックリ刺されてしまった臨也の安否もちょっとは気になるところ。
ぶっちゃけ煮るなり焼くなりご自由にってカンジではあるものの、
同じ穴のムジナである澱切陣内との潰し合いではあまり面白くない。
このノミ蟲野郎に引導を渡す相手はやっぱりしずちゃんじゃないとw
まぁこの手のタイプは驚くほどしぶといでしょうから大して心配はしてませんww
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/03/29 20:30 ] デュラララ!!×2 | CM(3) | TB(3)
[ 2971 ] Re: デュラララ!!×2 承 #12 艱難汝を玉にす
>まぁ軽~いチョップで太っちょ野郎の腕を粉砕したり、
乗用車をサッカーボールみたいにドリブルしてたりしましたけどw

こんな奴のパンチに四発まで耐えて、そのたった二日後にドタチンと互角の喧嘩をやらかし、
杏理とヴァローナの対決にまで割って入れる六条も、一般人から見たら十分に超人ですねw

>そんなこと改めて言わなくても帝人だって承知のことだろうって話なのですが、
無力さを痛感した後、面と向かって指摘されると、相当こたえてしまうのでしょう。

結果的に帝人の精神に最後の一押しをしたのが、六条の「善意の忠告」というのは皮肉な話ですね。
正臣も結局声をかけないで帰っちゃうしw(またしてもお互いが傷つくのを恐れて大事な場面で何もできなかったパターンw)

>いきなりこんな行動に移ったことはもちろんですが、問題はむしろその後、
「いつもと同じ様子で青葉の身を案じる」その異常さに私は戦慄を覚えました。

ボールペンで刺されても余裕を失わなかった青葉も、アレには気圧されてましたからねw
仰る通り、あの極端な二面性こそが帝人の真骨頂なんでしょうね。
[ 2015/03/31 02:18 ]
[ 2972 ] Re: デュラララ!!×2 承 #12 艱難汝を玉にす
茜を攫う依頼を受けておきながら、茜の父親の依頼も受けてたとは、スローンも節操が無いと言うか、神経が図太いというか・・・
確かに日本のヤクザを甘く見すぎだったみたいですねぇ・・・

臨也は絶対に生き延びて澱切に報復しますね!
ぼっち鍋の憂さ晴らし(それだけじゃないでしょうけど)で、これだけの騒動を起こす男が、やられっぱなしで黙ってるわけがないですw
シズちゃんと決着をつける日まで頑張ってもらわないと!w
[ 2015/03/31 20:06 ]
[ 2974 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> こんな奴のパンチに四発まで耐えて、そのたった二日後にドタチンと互角の喧嘩をやらかし、
> 杏理とヴァローナの対決にまで割って入れる六条も、一般人から見たら十分に超人ですねw

もっと言うと、1期でこんな奴の暴力を真正面から受け止めたサイモンはそれ以上のバケモノですねw
ヴァローナを赤子同然にあしらった赤林といい、池袋の街には超人が多すぎますよww

> 結果的に帝人の精神に最後の一押しをしたのが、六条の「善意の忠告」というのは皮肉な話ですね。
> 正臣も結局声をかけないで帰っちゃうしw(またしてもお互いが傷つくのを恐れて大事な場面で何もできなかったパターンw)

いやはやまったく、正臣は一体何のために池袋に帰ってきたのでしょうねw
帝人の精神状態からして正臣の言葉があっても望み薄かもしれませんが、
あのタイミングが帝人を思いとどまらせる最後のチャンスだったでしょうに。
[ 2015/04/05 21:22 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

デュラララ!!x2 承 TokyoMX(3/28)#12
最終回 第12話 艱難汝を玉にす 公式サイトから各所で燻っていた火種が大きな騒乱となって、池袋の街を飲み込んでいく。“ダラーズ”と“To羅丸”の抗争、その裏で糸を引く青葉、獲物を狙うヴァローナ の猛攻、攫われた茜を追うセルティ、逃走をつづけていた静雄、遠くの地で混乱する街を眺め嗤う臨也。彼らの向かう先に待つものとは。そしてこの騒乱の中、 帝人が出した答えとは――。 静雄がバイクを担いでやって...
[2015/03/29 22:27] ぬる~くまったりと
デュラララ!!×2 承
デュラララ!!×2 承に関するアニログです。
[2015/03/30 04:38] anilog
デュラララ!!×2 承 12話「艱難汝を玉にす」[終]
評価 ★★★★ だからこそガキってのは怖いよな           


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。