窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> デュラララ!!×2> デュラララ!!×2 承 #11 覆水盆に返らず

デュラララ!!×2 承 #11 覆水盆に返らず

デュラララ!!×2 承 3【完全生産限定版】 [Blu-ray]

デュラララ!!2期 第11話。
池袋に根を張る「無色」のカラーギャング、ダラーズ。
以下感想

ダラーズとは・・・

池袋に根を張る「無色」のカラーギャング、ダラーズ。

ダラーズというチームには良くも悪くも「縛り」がない。
どこにも存在しないけどどこにでも存在できる、
何色でもないけど何色にでも染まることができる。
あまりにも多種多様な価値観を内包している、
「チーム」よりは「街」とでも言うべき巨大コミュニティ。
日常の住人ながら非日常へ憧れ片足を突っ込み続ける、
創始者の在り方をそのまま体現した曖昧な存在ですよねぇ。
そしてそのことに当の帝人がようやく気づくことになると。

臨也が自分を騙って帝人に接触していたこと、
そして池袋の街で何か良からぬことが起きていることに気づいた正臣は、
恋人の沙樹に後押しされ、ようやく親友たちが待つ街へ戻る決心をする。
やるべきことは誰かに言われなくてもハッキリ理解しているはずなのに、
恐怖で足がすくんでなかなか最初の一歩が踏み出せない。
かつてのブルースクエアとの一件でも同じような失敗をしたってのに・・・。
まぁこういう人間らしい臆病さが正臣の魅力ではあるんですけどね。


学生たちがガバディで青春の汗を流す裏側で、
ドタチンと千景は激闘の末に固い友情で結ばれる。
しかしそこへ千景の彼女を攫った連中、その連中を追ってきた帝人は杏里、
ドタチンのケンカを見守っていた遊馬崎&狩沢、
杏里を追ってきたヴァローナ、さらになぜか静雄までが合流し・・・。
これはまたなんとも、毎度のことながら超絶カオスなケンカだなぁw
まぁ静雄ならすべてをキレイに一掃してくれることでしょうけどねww

まとめ

てなわけで今回はダラーズとTo羅丸の抗争のクライマックス。
青葉からの誘いを受けたばかりの帝人が、
最悪のタイミングで現状のダラーズの本質に気づいてしまった一話でした。
これは帝人がこの件を機に最悪な方向へと足を踏み出すことになり、
正臣はまたお得意の臆病のせいで間に合わなかったってオチになりそう。
物語的には帝人と正臣が、お互いのため、あえて敵対することになるのでしょうか。

現状のダラーズでは、創始者の帝人が振るえる力は毛ほどもない。
となれば帝人は、まずは自身の理想とするチームへと、
ダラーズを一から創り変えることをはじめるのでしょう。
帝人がブルースクエアという駒を使って、ダラーズというチーム、
もっと言えば池袋の街にどのような色をつけるのかに注目ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/03/22 20:40 ] デュラララ!!×2 | CM(0) | TB(4)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

デュラララ!!×2 承「第11話 覆水盆に返らず」
デュラララ!!×2 承「第11話 覆水盆に返らず」に関するアニログです。
[2015/03/22 21:08] anilog
デュラララ!!x2 承 TokyoMX(3/21)#11
第11話 覆水盆に返らず 公式サイトから臨也の策略により、千景の彼女の身が危険に晒される。暴走する“ダラーズ”を止めようと駆け出した帝人を待っていたのは、残酷な現実だった。一方、セルティに保護され新羅の待つ家に戻った茜は四木と再会。茜をめぐる騒動はこれで収束に向かうと思われたのだが……。また、帝人の身を案じつづける正臣にも決意の時が訪れる。 来良学園第2グラウンドで戦う門田と六条。臨也の情報...
[2015/03/22 22:43] ぬる~くまったりと
デュラララ!!×2 承 11話「覆水盆に返らず」
評価 ★★★★ こんなのは違う……!           
デュラララ!!×2承 第11話「覆水盆に返らず」
「こんなのは僕の望んだダラーズじゃない」 ダラーズを止めようと動く帝人 それぞれの騒動に関わる人たちが一か所に集まり始める!    【第11話 あらすじ】 臨也の策略により、千景の彼女の身が危険に晒される。暴走する“ダラーズ”を止めようと駆け出した帝人を待っていたのは、残酷な現実だった。一方、セルティに保護され新羅の待つ家に戻った茜は四木と再会。茜をめぐる騒動はこれで収束に向か...
[2015/03/25 23:24] WONDER TIME