窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第776話 コロシアムの英雄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ONE PIECE 第776話 コロシアムの英雄

ONE PIECE ワンピース 17THシーズン ドレスローザ編 piece.11 [DVD]

ネタバレ注意です。
以下感想

怒りの一閃

新旧「コロシアムの英雄」同士の死闘。

王宮台地、ひまわり畑でのキュロスvsディアマンテ。
ヒラヒラと攻撃を躱され、大地を揺らされ、
ただでさえ片足でレベッカを庇いながら戦い続けたキュロスは、
当然ながら疲労困憊に陥ってしまう。
むしろこれだけのハンデを抱えながら、
これほどまでに相性の悪い敵を相手によくここまで耐え忍んだものですよね。

ディアマンテはそんなキュロスの弱点を容赦なく突いてきて、
その様子にレベッカは大層憤るのですが、
キュロス血まみれになりながらも倒れず、決してレベッカに剣を握らせない。
「無敗の女」というレベッカの肩書きは、
見聞色の覇気持ちという自身の特性を活かしたものでありましたが、
それ以上に母親との約束を守るためのものであった模様。
命のやりとりの最中、それでも相手を決して傷つけないというのは、
ものすごく強靭な意思が必要とされる偉業ですよね。
この意思の強さはさすがはキュロスの娘というところでしょうか。

愛する者に忘れ去られる絶望、何に触れても感じることのできない苦しみ。
この十年間、キュロスが、レベッカが、ドレスローザの住民が、
味わってきたすべての悲劇を怒りへと変換した一撃がディアマンテを襲う。
いやぁまさか片足のハンデを物ともせず、
ついには真正面からディアマンテを打ち破ろうとは・・・。
あまりのカッコよさに思わず涙が出てきますね。


まとめ

てなわけで今回はキュロスvsディアマンテ。
10年にも渡る苦悩の日々がようやく実を結んだ瞬間が描かれた回。
「キュロスマジかっけぇっす!」という一言に尽きる一話でしたね。

にしてもディアマンテはコロシアムでも結局サボに遅れを取っていましたし、
最高幹部の中ではかなり情けない男でしたよねぇ。
ヒラヒラの能力自体は汎用性も高くて便利な能力だと思うんですけど。
結局は相手を格下と侮っていたディアマンテの性格の問題かな。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/02/16 21:10 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。