窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> バクマン。> バクマン。 95ページ 毎晩と合体

バクマン。 95ページ 毎晩と合体

ネタバレ注意です。
以下感想
エイジの秘策
このままでは「NATURAL」どころか「CROW」まで
「PCP」に抜かれると言うエイジは、
「CROW」の原稿にある手直しをしたようです


岩瀬はエイジを"口説く"ため、毎晩エイジのもとを訪れるように
それを知った港浦と雄二郎は、大人として二人を注意します。

エイジの秘策は"セリフなしで、絵だけでストーリーを表現する"というもの
これを読んだサイコーは、
「自分は絵だけでここまで表現できる、おまえにどこまでできる?」
とエイジに挑発されていると感じました。

岩瀬の秘策
まずは「NATURAL」を抜く
「CROW」はセリフなしの回でさらに票数を伸ばし、
反対に「NATURAL」はアニメがスタートしながらも
大して票数を伸ばしていませんでした。
サイコーとシュージン、そして服部は、
まずはエイジを口説くことに夢中な岩瀬を
巻頭カラーの回で抜き去ることを目標にしました。

福田、高浜の新連載も大健闘
エイジ、岩瀬だけでなくこの二人も大きな敵になりそうですね。

岩瀬は「PCP」が巻頭カラーの回に「CROW」とのコラボ回をぶつけてきました
岩瀬がエイジを口説いていたのはこれをやるためでした。
2作同時連載なんて無茶なことやってるエイジだからできる芸当ですね。

まとめ
弱点を克服し、エイジと岩瀬に一気に肉薄したサイコーとシュージンですが、
やはりこの二人を抜き去るのは一筋縄にはいきませんでした。
特にエイジの通い妻にまでなって「CREOW」とのコラボを実現させた
岩瀬の勝利への執念が凄まじいですね。
ただプライドが高いだけの女かと思って侮っていました。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2010/07/26 16:32 ] バクマン。 | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL