窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> アルドノア・ゼロ> アルドノア・ゼロ 15 旋転する罠

アルドノア・ゼロ 15 旋転する罠

&Z(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

アルドノア・ゼロ 第15話。
スレインの罠が伊奈帆に、ザーツバルムに襲いかかる。
以下感想

父親殺し

スレインの罠が伊奈帆に、ザーツバルムに襲いかかる。

今現在、伊奈帆は連合内で唯一アルドノアを起動できる存在。
デューカリオンのクルーは伊奈帆に命を預けているも同然で、
本来であれば伊奈帆は最前線に出向くような立場でないはずなのですが、
伊奈帆自身はこれまで通り最前線で戦い続けることを望み、
マグバレッジ艦長やカームもそんな伊奈帆を支える覚悟を持っていた。
韻子ちゃんもライエもそれなりに腕を上げてきているみたいですが、
やはり現状で火星カタフラクトに対抗できるのは伊奈帆しかいませんからねぇ。
にしても「使用していない脳細胞にタスクを割り振り並列処理」とかCPUかよw

スレインは正式に火星騎士の一員となったものの、
地球人ということで伯爵位の連中にはまだまだ軽く見られている。
そんなスレインをザーツバルムは息子(養子)として迎え入れることとする。
かつて命を救ってもらった恩人への義理立ては1期ですでに済んでいますし、
ザーツバルムは本気でスレインこそが後継者に相応しいと思っていたのでしょう。
一方のスレインは、おそらく最初からこの展開を狙って、
ノヴォスタリスクでザーツバルムの命を救ったのでしょうけど、
まさかこのタイミングでその時が訪れるとは思っていなかったっぽいですね。

連合と火星の宇宙基地が接近し、かねてより語られていた総力戦がはじまる。
デブリ帯にて伊奈帆はまずスレインのタルシスと交戦し、
続いてザーツバルムのディオスクリアⅡと交戦する。
Ⅱとか言っておきながらバリアの弱点の位置をちょこっと変更しただけって・・・w
まぁ武装てんこ盛りのディオスクリアにこれ以上の装備は必要ないですけど。
それに身動きの取りづらいデブリ帯の戦闘では、
バリアやビームサーベルを装備するディオスクリアが反則的に有利なので、
スレインを下がらせて出しゃばってくるのもそこまで間違いではないかと思います。

伊奈帆と激闘を繰り広げるザーツバルムにスレインの罠が振りかかる。
それによりザーツバルムは命を落とし、彼の養子になっていたスレインは、
ザーツバルムの後を引き継ぎ伯爵位を得て、
「スレイン・ザーツバルム・トロイヤード伯爵」を名乗ることとなる。
前回の感想で「スレイン/タルシスの力は伊奈帆には劣る」と書いたのですが、
どうやら私はスレインの能力を甘く見すぎていたみたいです。

スレインは今回、戦闘開始の6時間も前から、
"タルシスの能力なし"でこの罠を仕込んでいた。
副官ハークライトによる軌道計算と、特に戦闘時における、
タルシスの未来予知を用いた"誘導"が欠かせなかったのでしょうけど、
この策を発案し実行に移し成功に導いたのは紛れも無くスレインの力です。
まさかザーツバルムを参戦させるためわざと軽微の被弾をしようとは・・・、
スレインのこの驚くべきしたたかさには鳥肌が立ちましたよ。

スレインはアセイラム姫を撃ったザーツバルムを許していたわけではなかった。
しかし伊奈帆が「嘘をついていない」と断言していたことから、
スレインがザーツバルムを「偉大な人物である」と心から敬愛していること、
そしてその遺志を継ぎヴァース帝国を変えるつもりでいることは間違いないです。
ただ優先順位として姫様がザーツバルムより上にいるだけでしかないのでしょうね。
そしてスレインはザーツバルムの理想を実現し、かつ姫様を守り続けるために、
1期最終回で見せたようなどっちつかずの甘い考えを完全に断ち切った。
その決意と成長を私はとても好ましく思っています。


まとめ

てなわけで今回はスレインによる二人目の父親殺し。
自分のことをとても大切に思ってくれている父親を自らの手で始末した。
これまたなんともスレインが叩かれそうな展開だったのですが、
上記のように個人的にはスレインへの好感度がうなぎ登りでした。

ザーツバルムも今作で伊奈帆と並んで好きなキャラでして、
もちろんその死は非常に悲しいものであったのですけど、
カタフラクトの能力的にも政治的手腕的にも1期ですでに頭打ちでしたし、
ここらへんで退場となるのも致し方ないことではないかと思います。
それにスレインは間違いなく彼の理想を一番に理解し、
その実現に尽力してくれる最高の後継者となるでしょうから、
彼にとってもこの幕引きはある種幸せなものであったと考えています。


伯爵という火星の軍人として最高の位を得て、
代表者のアセイラム姫もレムリナ姫も手中に収め、
いよいよスレインは火星の影の支配者としてその地位を確立した。
障害となりうるのは近い能力を持ちスレインの真意に気づいている伊奈帆のみ。
あとは今のスレインを見てアセイラム姫がどう思うかですね。
たとえこの先伊奈帆に勝利できたとしても、
アセイラム姫にこれまでの行動を認めてもらえるとは到底考えられない。
スレインの進む道の終着点はやはり破滅でしかなさそうなのですが、
今はその破滅の時が訪れることすら楽しみになってきました。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2015/01/26 00:15 ] アルドノア・ゼロ | CM(0) | TB(5)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

アルドノア・ゼロ 第15話『旋転する罠 -Toll for the Brave-』 キャプ付感想
アルドノア・ゼロ 第15話『旋転する罠 -Toll for the Brave-』 感想(画像付) サブタイ通りの罠だったでござるの巻(笑) ザーツバルムはどこまでスレインを信じていたんでしょうね。 息子にされても許すはずが無かったスレイン。 その忠誠は全てアセイラムにしか向いてないのか? いったい何を目指していくのでしょうね…。  
[2015/01/26 01:02] 空 と 夏 の 間 ...
アルドノア・ゼロ BS11(1/24)#15
EP15: 旋転する罠-Toll for the Brave- 僕は戦場に出て良いのですか?僕が死ぬとアルドノアは止まりますよ。伊奈帆自身は戦場に出撃したい。彼の意思を尊重して賭けてみたいとマグバレッジ艦長。 艦長と頭の中でチェスをする伊奈帆、左目が 脳を活性化するらしく7:3で利用しているらしい。アセイラム姫の血液だけでは他の者はアルドノアを起動できなかった。 ハークライトのの計算に基づい...
[2015/01/26 10:08] ぬる~くまったりと
もっとデレてくれていいのよ/アルドノア・ゼロ15話他2015/1/26感想
<記事内アンカー> 探偵歌劇 ミルキィホームズ TD 第4話「一発屋シテミル」 アルドノア・ゼロ 第15話「旋転する罠」  いかん、また単行本が溜まっていく……
[2015/01/26 20:30] Wisp-Blog
アルドノア・ゼロ 第15話「旋転する罠 —Toll for the Brave—」
「さよなら お父さん」 スレインを息子にしたザーツバルム卿 戦場に仕掛けられた罠が向かう先は…    今回も色々と衝撃的な展開になりましたね 嫌な予感がしたザーツバルム卿がアッサリと…(汗) これからどうなるのか ますます目が離せないです! 前線に出て戦いたいと言う伊奈帆の意思を尊重するマグバレッジ艦長 勿論 やられるような事態になればデューカリオンのアルドノアが...
[2015/01/26 20:55] WONDER TIME
アルドノア・ゼロ 第15話 『旋転する罠 -Toll for the Brave-』 スレインが覇道の男坂を登りはじめた!
起動因子が感染ってウイルスみたい。ちゅーと血がカギだと思っていたらもうちょっと科学的な説明されてますね。マウストゥマウスで起動因子が移り、血液で活性化した。ウイルス或いはナノマシンみたいのがあるのかな。 韻子モテモテ…女子に。学生あがり、火星人が所属とやっかみ半分としか思えないからかいを受ける韻子とライエ。でもライエは動じない。「火星人を一番憎んでいるのは自分」だからだろうか。...