窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > アニメ感想(未分類)> <物語>シリーズ ファイナルシーズン 第体話 よつぎドール其ノ壹~肆

<物語>シリーズ ファイナルシーズン 第体話 よつぎドール其ノ壹~肆

【Amazon.co.jp限定】憑物語 第一巻/よつぎドール(上)(完全生産限定版)(クリアブックマーカー付) [Blu-ray]

<物語>シリーズ ファイナルシーズン、憑物語の感想です。

終わりの始まり

阿良々木さんの身に起きた異変とは・・・。

2月13日、大学受験まで残り一ヶ月と、
受験生としては一番の追い込みどころというタイミングで、
阿良々木さんはなぜか実妹(月火)とお風呂に入っていた。
どっからどう見てもそういう店のそういうサービスにしか思えないw
そりゃもうめちゃくちゃエロかったんだけど、個人的にはもう少し、
年頃の女の子らしい「恥じらい」が欲しかったかなぁww

そんな実妹プレイの最中、阿良々木さんは、
「鏡に自分の姿が映らなくなっていた」ことに気づく。
忍、それに専門家の影縫余弦と斧乃木余接による診察の結果、
阿良々木さんは「吸血鬼になりすぎて吸血鬼化しつつある」らしい。
グッチャグチャに折れた骨折も瞬時に回復する回復力、
それを実現させたのは吸血鬼の力とエロへのモチベーション。
あくまで受験への心配じゃないところがなんとも阿良々木さんらしいw

この吸血鬼化を元に戻すことは不可能、
ただしこれ以上吸血鬼化をしなければ現状維持は可能。
これ以上の吸血鬼化を進めれば、余弦の標的になりかねないし、
そうなれば忍だって黙っちゃいない、つまりは平穏の崩壊が待っている。
そういう事情を差し引いても、このあたりまでが、
阿良々木さんが人間のフリをしていられる限界である。
そのことを考えると、「人間のフリをしている人形」である余接が、
最後にああいう行動をしたその理由がよくわかります。
あれは同じ境遇にいる余接なりの、阿良々木さんへの警告だったのでしょうね。


阿良々木さんがもう二度と吸血鬼(忍)の力に頼れなくなった直後、
明らかに狙いすましたタイミングで、火憐と月火、そして神原の3人が、
「手折正弦」という怪異の専門家に拉致られる。
この状況を脱するには余弦との約束を破って吸血鬼化するか、
逆に忍を差し出すか、あるいは余接を差し出すか。
阿良々木さんがいずれを選んでも中途半端な状態じゃない、
「ちゃんとした状態」になることは間違いない。
そんな「阿良々木さんのためだけの舞台装置」として何者かに踊らされ、
最後にはそれに嫌気が差し自ら死を選んだ正弦が大層気の毒でしたね。

この一連の出来事、それに扇の言葉を聞いて連想するのは、
八九寺が「くらやみ」に追いかけ回された鬼物語での出来事。
「くらやみ」と違って有無を言わさず消し去るのではなく、
こうして事あるごとにヒントを残してくれることから、
扇の正体は「くらやみ」とは似て非なる存在ってところなのでしょうかね。
余接と正弦が当初の役割に逆らったことによって辿り着いたこの結末は、
果たして扇にとってどこまで想定通りなものだったのでしょうね・・・?

まとめ

てなわけで余接がいよいよメインヒロインにまで上り詰めた「憑物語」
すっかりエロ要員に落ち着いたファイヤーシスターズといい、
(最初からずっとエロ要員だったようにも思えますけどw)
キメ顔こそ出ないものの決めポーズだらけであった余接といい、
驚異的なデレっぷりを披露したガハラさんといい、
超凶暴な余弦以外のヒロインたちがめちゃ可愛かったなぁというのが、
安直ながら正直な感想ですw

可愛らしい愛玩人形が化物の一面を垣間見せた、
だけど結局名実ともに阿良々木家の愛玩人形に落ち着いた、と、
「ファイナルシーズン」と称しながらそれほど物語が動いたカンジはしない。
しかし黒幕であろう扇の思惑がだいぶ読めてきて、
この先の展開が激しく気になる内容ではありましたね。
で、果たしてこの続きはいつ頃観られるのでしょうね?w
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2896 ] Re: <物語>シリーズ ファイナルシーズン 第体話 よつぎドール其ノ壹~肆
>そりゃもうめちゃくちゃエロかったんだけど、個人的にはもう少し、
年頃の女の子らしい「恥じらい」が欲しかったかなぁww

アララギさんも大概ですが、あの妹たちも最近は恥じらいや警戒が薄れて、
以前に羽川さんが危惧したヤバい兄妹になりかけてますね。
というか、もう半分以上なってるかw

>で、果たしてこの続きはいつ頃観られるのでしょうね?w

そして傷物語はいつになったら観られるのでしょうね?w
時系列で一番最初の物語が放映されないまま、ついにファイナルシーズンに突入してしまいましたよw
[ 2015/01/01 19:13 ]
[ 2901 ] kさん、コメントありがとうございます
> アララギさんも大概ですが、あの妹たちも最近は恥じらいや警戒が薄れて、
> 以前に羽川さんが危惧したヤバい兄妹になりかけてますね。

あれはもう完全に都条例に引っかかりますよねw

> そして傷物語はいつになったら観られるのでしょうね?w
> 時系列で一番最初の物語が放映されないまま、ついにファイナルシーズンに突入してしまいましたよw

このコメントで久しぶりにその存在を思い出しましたよw
一体全体どういう状況になっているのでしょうね?ww
[ 2015/01/02 18:26 ]
[ 2905 ] Re: <物語>シリーズ ファイナルシーズン 第体話 よつぎドール其ノ壹~肆
アニメグラフィティというブログを書いているかがのと申します。

先ほどトラックバックを送信させていただいたのですがおそらくこちらの操作ミスで複数のトラックバックが送信されてしまいました…。
1つを除いて削除していただけないでしょうか。
大変お手数ですがよろしくお願いします。
[ 2015/01/03 22:51 ]
[ 2907 ] かがのさんへ
> 先ほどトラックバックを送信させていただいたのですがおそらくこちらの操作ミスで複数のトラックバックが送信されてしまいました…。
> 1つを除いて削除していただけないでしょうか。
> 大変お手数ですがよろしくお願いします。

申し訳ありません。
ブログサービスのエラーか何か原因はわかりませんが、
1つを除いて削除をしようとしたところすべてが削除されてしまいました。
もしよろしければ再度送信していただければ幸いです。

あと、トラックバックの多重送信はよくある話ですし、
私自身もしょっちゅうやらかすことなので、お気になさらずに。
この度はご丁寧にご連絡ありがとうございました。
[ 2015/01/04 21:39 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

<物語>シリーズ ファイナルシーズン 憑物語 第体話 「よつぎドール」 感想
青春に、別れの言葉は“つきもの”だ―
[2015/01/01 19:32] wendyの旅路
物語シリーズ 「憑物語 よつぎドール 其ノ壹〜其ノ肆」感想
毎年恒例になってきた物語シリーズスペシャル、今回は余接の物語。出るたびに存在感を増していく余接。怪異である余接、一体どんな過去を持っているんでしょうか…?色んな意味で物語シリーズらしい話だったと思います!本筋そっちのけすぎます〜。
[2015/01/01 19:45] コツコツ一直線
憑物語 BS11(12/31)
第体話 よつぎドール 公式サイトから受験勉強に追い込みをかける阿良々木暦は、小さいほうの妹、 阿良々木月火と入浴していた。その時、暦は自らの体に現れた“見過ごすことのできない”変化に 気付いてしまう―――。暦は、現れ始めた変化の原因を探るべく、忍野忍の助言で 影縫余弦・斧乃木余接との接触を図る。そこで判明した、これまでの報いとも言える変化の原因とは―――。肉体の吸血鬼化が進行していた暦。斧乃...
[2015/01/02 14:44] ぬる~くまったりと
物語シリーズ ファイナルシーズン 「憑物語 よつぎドール」
== 彼らの終わりの始まり ==  どうも、管理人です。昨日は結局更新した後すぐ寝たんですが、寝る直前に体温計ったら40℃超えてて噴いたwww ちなみに、今も37℃台なので、大人しく療養かなって。 === 余弦:「鬼ちゃん、あなたは吸血鬼になりすぎたのではなく、なり慣れてしまったんだよ」 ===  さて、およそ半年ぶりになるこのシリーズ。今回の話は、アララギさんの身に起こっ...
[2015/01/02 17:35] 戯れ言ちゃんねる
憑物語 第1話 よつぎドール其ノ壹
  大晦日に物語シリーズが放送されるのもおなじみになってきた感じがありますね。今回は憑物語です。 よつぎドール其ノ壹 最初のほうは余接ちゃんの紹介でした。人に似せているとかどうとか。 映像は余接ちゃんのイメージビデオっぽい感じでしたねw 過去の怪異のコスプレです。 ぺろぺろ余接ちゃん。 ここから物語が始まっていきます。 妹2人に起こされる朝。 いろいろあってうずくまっていますw 第...
[2015/01/04 21:55] アニメグラフィティ