窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 甘城ブリリアントパーク> 甘城ブリリアントパーク 第10話 もう打つ手がない!

甘城ブリリアントパーク 第10話 もう打つ手がない!

【Amazon.co.jp限定】甘城ブリリアントパーク 第1巻 限定版 (描き下ろし全巻収納BOX・ジャケットカード付) [Blu-ray]

甘城ブリリアントパーク 第10話。
ラティファが抱える病の正体と、西也が支配人代行を引き受けた理由。
以下感想

これは俺の問題

ラティファが抱える病の正体と、西也が支配人代行を引き受けた理由。

第5話第6話第7話でゲットした新アトラクションに新規キャストの活躍、
さらに従来のアトラクションのリニューアルもほぼほぼ成功したこともあり、
「甘ブリ」の集客力は以前に比べて格段に向上していた。
特に新アトラクションは本物さながらの大迫力ですし(というか本物ですし)、
それらがわずが30円で楽しめるとあれば放っておくわけがありませんよね。
あと不安要素があるすればやはりキャストの素行の悪さでなのですが、
現状で問題を起こしそうなのは裏方担当のトリケンぐらいなのでまぁ大丈夫かなw

そんなわけで、通常のパークであれば順調そのものと喜ぶべきところなのですが、
複雑な事情を抱える「甘ブリ」ではとてもじゃないけどそういうわけにはいかない。
ラティファはかつてとある魔法使いによってある呪いをかけられており、
そのラティファにとっては「甘ブリ」の閉園=死であった。
腹いせで罪なき少女を苦しめた魔法使いも問題ですが、
一度は承諾した約束を破った王様にも問題がありますね。
でもって他のキャストの脳天気っぷりを観ると、
呪いについて知っているのはいすずやモッフルといったごく一部だけなのでしょう。

このままでは目標人数の達成=甘ブリの存続には到底届かない。
ラティファの呪いについて知ってしまった西也は、
何が何でも目標達成しようとこれまで以上にピリピリと張り詰める。
しかしそんな態度がキャストたちの反感を買ってしまうことに。
社員と従業員の空気差が職場の雰囲気を悪化させていく。
まさにブラック企業ができあがる経緯そのものってカンジですね。

本来なら達成できっこない目標を掲げるトップを責めるべきところなのですが、
西也の場合は抱える事情があまりにも切迫したものですし、
ムリのある目標を達成してくれと頼まれた立場ですし、責める気にはなれません。

西也がここまでラティファを救うため必死になっていたのは、
幼少期、当のラティファももう覚えてない約束を今度こそ果たそうとしていたから。
あくまで「何度も失敗してたまるか」という自分本位な考えなのが西也らしい。
ひとりよがりになりそうなところが心配ですが(現に今、若干そうなってますし)、
物事すべてを他人事で片付ける無責任な輩よりははるかにマシに思えます。
一方で、ラティファの叔父であるモッフルが西也の発言に憤ったのは、
かつて自分に火をつけた西也の言葉を、その西也本人が真っ向から否定したから。
思いは強いんだけどイマイチ不器用、そんな似た者同士である2人だからこそ、
いつの間にやら最大の理解者同士とも言える関係にまで発展していたのでしょうね。

まとめ

てなわけで今回は目標達成までの期日、物語のクライマックスに向け、
改めてその目標の意義が語られた回。
気づけば名コンビになりつつある西也とモッフルの関係性が素晴らしかったです。
立場や趣向は違うけど同じ思いを共有している相手ってのは大切なものですよねぇ。

さて、いよいよ西也の甘ブリ再建も大詰め。
西也が繰り出す起死回生の一手とはいかなるものなのか気になりますね。
西也の性格や願望を加味すると、元天才子役という経歴を活かしたもの、
あるいはこれまでほとんど活用していない読心魔法を用いたものでしょうか。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

甘城ブリリアントパーク 第10話 「もう打つ手がない!」
「へっちゃらです…♪」 皆を心配させまいと気丈に振舞う姫様が健気すぎる(ノД`)・゜ へっちゃらと言う姫様ではあるけど過去にはあれだけその境遇を嘆いていて記憶も一年ごとにリセットなら精神的にもそれ程大きく変われることもないのだろうし無理をしてこう振舞っているのがよく分かる。パークだけでなく文字通り姫様の命運も掛かるという展開で焦燥感もあり盛り上がって来た。いやそもそもワニピー達の命も...
[2014/12/06 15:14] ムメイサの隠れ家
甘城ブリリアントパーク #10 「もう打つ手がない!」
甘城ブリリアントパーク #10 「もう打つ手がない!」
甘城ブリリアントパーク
甘城ブリリアントパークに関するアニログです。
[2014/12/06 16:38] anilog
甘城ブリリアントパーク TBS(12/04)#10
第10話 もう打つ手がない! アトラクションも増えて好評だった。ナイター営業も始まる。一部のアトラクションはお客さんの声を導入してリニューアル。間違った方向にリニューアルしていると思うが集客は増えていた。TV局の取材も訪れる。モッフル、ティラミー、マカロンと居酒屋で飲むいすず。来場者も増えてご機嫌なティラミーとマカロン。なぜだか暗いモッフル卿。 ラティファも新作のコロッケを創作中だった。しか...
[2014/12/06 17:35] ぬる~くまったりと
甘城ブリリアントパーク 第10話「もう打つ手がない!」
評価 ★★★ 起きないから、奇跡って言うんですよ\ありがとう~言わないよ~♪/   
甘城ブリリアントパーク 第10話「もう打つ手がない!」
【Amazon.co.jp限定】甘城ブリリアントパーク 第1巻 限定版 (描き下ろし全巻収納BOX・ジャケットカード付) [Blu-ray]『この俺にあってたまるか!!!』 原作:賀東招二 原作イラスト:なかじまゆか 監督:武本康弘 シリーズ構成:志茂文彦 アニメーション制作:京都アニメーション 可児江西也:内山昂輝   千斗いすず:加隈亜衣   ラティファ・...
[2014/12/06 21:03] 明善的な見方
甘城ブリリアントパーク 第10話「もう打つ手がない!」
甘城ブリリアントパークの第10話を見ました。 第10話 もう打つ手がない! 甘城ブリリアントパーク スターライトワールドも開幕し、ナイター営業も無事に始めることができたばかりか、アトラクションのリニューアルも行われたことで集客数は増えており、もうすぐ夏休みということもあって更なる伸びが期待できそうであったものの、西也以外浮かない顔をしていた。 テレビ局や雑誌の取材もして...
[2014/12/07 09:59] MAGI☆の日記
甘城ブリリアントパーク 第10話 「もう打つ手がない!」 感想
甘ブリも随分と変わりましたね。 これも西也のお陰というべきなんでしょうか…? ナイターまで始めちゃいましたけど費用とか大丈夫なんかね~ 甘城ブリリアントパーク 第6巻 限定版 [Blu-ray](2015/05/29)内山昂輝、加隈亜衣 他商品詳細を見る
甘城ブリリアントパーク 第10話 「もう打つ手がない!」 感想
七転八起―
[2014/12/07 21:18] wendyの旅路
甘城ブリリアントパーク第10話「もう打つ手がない!」感想
老朽化していたアトラクションの改装に加え、ナイター営業を開始した甘城ブリリアントパーク。 平日の入場者数も順調に増え、目標とする入場者数の達成も現実味を帯びてきていた。 そんな希望が見えかけた矢先にラティファが倒れ、西也はラティファが魔法使いによる呪いに苦しめられている事実を知る。 アニムスが欠乏する呪いにかかったラティファにとって、甘ブリが閉園する事は死を意味...
[2014/12/10 23:28] アニメ色の株主優待
甘城ブリリアントパーク 第10話 『もう打つ手がない!』 衝撃の事実!パークにはラティファの生命が掛かっていた!!
これは夢か幻か。あの閑古鳥パークにこんなにも客が。家族だけでなく若い女性が好んでくるようになったというのは大きい。これだよ、こういうのがやりたかったんだよ!とスタッフも大満足しているでしょう。でも西也はリニューアルの内容に不満。過激すぎてスグ飽きられることを気にしているのかな。  そんな折、またもラティファが昏倒。彼女の秘密が遂に明らかとなりました。ラティファには、魔法の国の住人に...