窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第768話 あの日の引金

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ONE PIECE 第768話 あの日の引金

ONE PIECE ワンピース 17THシーズン ドレスローザ編 piece.8 [Blu-ray]

ネタバレ注意です。
以下感想

神の天敵

「D」の名を持つ神の天敵が、元天竜人を追い詰めていく。

久方ぶりにドレスローザ最終決戦へ舞台が戻ったところで、
まずは現在の各地の戦況を再確認。
ドンキホーテファミリーの幹部以上はまだ10人残っているが、
その戦場を満身創痍で決着の時は近い。
特に工場サイド、フランキーとセニョールの戦いについては、
一体いつまで同じこと繰り返してるんだよってカンジですねw

ロシナンテ曰く「D」の名を持つ者は神(天竜人)の天敵とされている。
しかしローにとってその言葉はただのキッカケに過ぎず、
ロシナンテに代わりドフラを止めることこそ自身の使命だと考えていた。
キッカケに過ぎないとは言うものの、
その言葉が今のローを大きく後押ししているのもまた事実。
同じ「D」の名を持つルフィを同盟相手に選んだ理由の一つでもあるでしょうし、
そのルフィの意思に感化された理由の一つでもあるでしょう。

まとめ

てなわけで今回はドレスローザ最終決戦の再開。
過去編を経てローの境遇と戦う理由が語られたところで、
必然的に流れはドフラからローのほうへと傾いてきましたね。
「所詮は迷信」と言いながらもローの正体に明らかに動揺し、
結果追い詰められていくドフラがなんだか可愛く思えてきましたw

ドフラはこのままローの勢いに押し切られてしまうのか、
それとも持ち前の強烈な悪意で踏みとどまるのか、に注目ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/11/23 15:00 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。