窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!> Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話 独りの戦い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話 独りの戦い

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第1巻 [Blu-ray]

プリズマ☆イリヤ2期 第9話。
英霊すら屠る怪物を前に、イリヤは・・・。
以下感想

不退転

英霊すら屠る怪物を前に、イリヤは・・・。

バゼットは年増2人の前のカード回収担当者で、
単独でアーチャーとランサーのカードを回収したという実績がある。
それ故にアーチャーそのものと化しているクロでは到底太刀打ちできない。
しかしクロは聖杯の器としての能力も持っているはずなので、
そのクロを以前と同じ要領で倒せてしまうのは異常としか言い様がない。
肉弾戦特化ながらその実力は英霊以上という紛れも無い怪物。
この人ってもしかしたらあの綺礼よりも強いんじゃないの?

みんなで命がけで集めたカードを簡単に渡すわけにはいかない。
そしてなにより大事なクロを傷つけた相手を許すわけにはいかない。
姉らしくチキンにならずバゼットへと果敢に挑むイリヤは、
地力で圧倒的な差がある相手に知恵と工夫で対抗する。
魔術防壁を応用したバインド魔術とかなかなかに惚れ惚れとするセンスですねぇ。
相手は素手なんだから空から魔弾を撃ちまくればよくね?とも思いましたが、
多分間合いを取ろうにもバゼット相手では一瞬で肉薄されてしまうのでしょう。

そんなイリヤはバゼットの強烈な腹パンをくらってダウンし、
痛覚共有で同様のダメージを負ったクロも大した時間稼ぎはできなかった。
しかしそこへルヴィアのおつかいを終えた美遊が登場し、
イリヤが守り切った最後のカードでライダーの英霊と化す。
ライダーの騎乗スキルと幻獣種召喚の組み合わせはバゼットには効果テキメン。
これに加えて石化の魔眼まで持っているわけですから、
第5次ライダーって地味に超優秀な素晴らしいサーヴァントですよねぇ。
それでもZeroから入った私としては、やっぱりライダー=イスカンダルですけど。

イリヤとクロを傷つけられた上にルヴィアさんまで・・・。
ルヴィアのことも心から慕っている奇特な美遊は激おこ状態となってしまい、
石化の魔眼→ベルレフォーンという必勝コンボをバゼットに繰り出すのだが・・・。
年増2人やカレイドステッキの懸念通り、バゼットの切り札殺しの切り札は、
エクスカリバーにも匹敵するこの切り札を打ち破ってしまうでしょうか?
というか魔術で強化しているとはいえペガサスの突貫を受けてまだ五体満足、
魔術で対抗しているとはいえ石化の魔眼を受けてまだ身動きがとれるとか、
バゼットの肉体強度はなんかもういろいろとおかしいですよねw


まとめ

てなわけで今回はバゼットとクロ、イリヤ、美遊の三連戦。
相変わらず動きまくりなガチバトルに終始興奮しっぱなしの一話でした。
肉弾戦オンリーなバゼットに対するイリヤたちの戦法は、
お世辞にもあまり上手なものではなかったのですが、
それ故にとても見応えのある戦いに仕上がっていたと思います。

クロもイリヤも美遊も、今回はバゼット相手にそれぞれ単独で挑んでいた。
しかしこれまでの戦いで敵の単独撃破に成功したのは、
イリヤが能力を暴走させたセイバー戦やアサシン戦ぐらいのもの。
つまりはこれまでの戦果のほとんどは全員で力を合わせて得たものであり、
仲間との絆こそがバゼットに対抗しうるイリヤたちの武器であるはず。
なので次回はイリヤたち3人、さらにそこへ年増2人を加えた総力戦に期待ですね。
ぜひとも5人でこの人間離れした怪物をフルボッコにしちゃってくださいよ!w
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2707 ] Re: Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話 独りの戦い
>肉弾戦特化ながらその実力は英霊以上という紛れも無い怪物。

本編でも下手なサーヴァントよりも強いと言われています。
ただ1期の記事でもコメントしたと思いますが、この作品の黒化英霊は、不完全な現象にすぎず、理性も知性もなく、さらにすべての能力が1~2ランクほどダウンしています。
本来の第5次の英霊たちが相手なら、さすがにバゼットさんも、単独では勝てません。
特にランサーは、本当ならバゼットさんの切り札の相性が悪い厄介な相手でした。

ちなみにクロも基本能力は黒化アーチャーと同程度です。
本来なら七枚羽のロー・アイアスを四枚羽でしか展開できないくらいに劣化してます。
1期での黒セイバー戦でアーチャーのカードを使った時は、イリヤと分離してなかった上に封印が解放された直後で魔力があふれてたので、本物のアーチャーを上回るほどの力を発揮しましたが、今のクロに同じことはできないわけです。 

>この人ってもしかしたらあの綺礼よりも強いんじゃないの?

stay night時の綺礼よりは強いかもしれませんね。 本人も言ってますけど、Zeroの頃より多少は衰えているので(それでも真アサと渡り合えたり、英霊の腕を移植した士郎と互角以上に殴り合えるほどの実力なんだから大概ですが)
多分、バゼットさんの実力は、Zeroの切嗣戦での全盛期にして令呪の魔力で肉体強化してる綺礼より少し下位だと思います。
あの時の綺礼は、切嗣が聖剣の鞘を体に内包していなかったら、切嗣を瞬殺してたほどの強さでしたからね。
まあ、バゼットさんは本人の実力に加えて厄介な切り札を持ってるので、実際に戦ったらバゼットさんが勝つと思いますが。

[ 2014/09/04 23:20 ]
[ 2708 ] Re: Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話 独りの戦い
>第5次ライダーって地味に超優秀な素晴らしいサーヴァントですよねぇ。

真のマスターへの忠誠心も強かったですしね。
あのワカメ髪の自己中な性格や理不尽な命令に耐えられる忍耐力と冷静な判断力も有りましたしね。
そのせいでワカメが増長してた節がありますが・・・

イスカンダルも切り札の燃費が悪いのを除けば、かなり有能でしたよね。
切嗣も、「豪放なようで隙が少ない難敵」と評してましたしね。
ギルも認めてたし、ウェイバーをあそこまで成長させた指導者としての器は確かなものでしたしね。
[ 2014/09/05 21:27 ]
[ 2709 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> ただ1期の記事でもコメントしたと思いますが、この作品の黒化英霊は、不完全な現象にすぎず、理性も知性もなく、さらにすべての能力が1~2ランクほどダウンしています。
> 本来の第5次の英霊たちが相手なら、さすがにバゼットさんも、単独では勝てません。

それを聞いて若干は安心しましたが、
そもそもにしてサーヴァントを相手に勝つ負けるの議論ができてしまうのがおかしな話ですよねw

> stay night時の綺礼よりは強いかもしれませんね。 本人も言ってますけど、Zeroの頃より多少は衰えているので(それでも真アサと渡り合えたり、英霊の腕を移植した士郎と互角以上に殴り合えるほどの実力なんだから大概ですが)
> 多分、バゼットさんの実力は、Zeroの切嗣戦での全盛期にして令呪の魔力で肉体強化してる綺礼より少し下位だと思います。

なるほどなるほど、確かに若かれし頃の綺礼の戦闘力は、
・通常弾なら防弾衣との併用で完全無効化できる肉体強度
・一撃で対象の心臓を破壊したり、間合いゼロの状態から大木をへし折ったりするパワー
・片腕と片目を封じられた状態で3倍速で動く相手を捌き切る速度と戦闘技量
と、バゼットに負けず劣らず異常なレベルでしたよね。

封印指定執行者に代行者という対立する立ち位置で、お互い近接戦闘を得意としている。
万全の状態で正面からぶつかりあった時に真に強いのはどちらなのか、激しく気になるものですね。
[ 2014/09/05 22:22 ]
[ 2710 ] 通りすがりの幻想殺しさん、コメントありがとうございます
> あのワカメ髪の自己中な性格や理不尽な命令に耐えられる忍耐力と冷静な判断力も有りましたしね。
> そのせいでワカメが増長してた節がありますが・・・

いっそキャスターみたいにマスターを始末してしまえばいいものを・・・。
と本編プレイ中に何度も思ったものですw

> イスカンダルも切り札の燃費が悪いのを除けば、かなり有能でしたよね。

両者ともマスターが未熟という点で条件は大体同じとし、
切り札は得てして燃費やら使い勝手が悪いのでそれも仕方ないものとした時、
「やはり通常使用の宝具の性能差でイスカンダルのほうが優秀かな」
というのが個人的な見解だったりします。
メデューサの結界宝具もそれなりに有用性は高いと思うのですが、
如何せん対象が人間なのでサーヴァント戦には向いてないのが難点ですね。
[ 2014/09/05 22:39 ]
[ 2712 ] Re: Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話 独りの戦い
>いっそキャスターみたいにマスターを始末してしまえばいいものを・・・。

そうすると桜が自分のマスターに戻ってしまい、戦いに巻き込まれるので我慢してました。
ライダーさん、桜の事以外は割とどうでもいいと思ってるのでw
ライダーさんは、桜の境遇に、かつての自分を重ねてるので、桜に対して忠誠を超えた愛情を抱いてます。
そういう意味ではキャスターさんと似て非なる部分がありますね。
士郎に対して手加減してる描写があったのも、士郎が桜の想い人だと知っていたからです。
「あなたに桜は任せられない」と判断したら容赦しないですがw

ちなみにライダーさんのあの姿は怪物化する前のメデューサの姿です(服装についてはツッコんではいけないw)

>メデューサの結界宝具もそれなりに有用性は高いと思うのですが、
如何せん対象が人間なのでサーヴァント戦には向いてないのが難点ですね。

一応あの結界はサーヴァントに対しても魔力のランクを一つ下げる程度の効果はありますが、確かに決定打には足りませんね。 事前の下準備も必要ですし。
ただ石化の魔眼もサーヴァントに対して有効です。 
対象の魔力や耐魔力、距離や目を合わせたかなどで効力が変わりますが(目を合わせなくても視界に入っただけで効果が発揮されます)
アーチャー戦では、結界でアーチャーの魔力が下がってた事と距離が近かった事、一瞬とはいえ目を合わせた事などからアーチャーを膝辺りまで石化させています。

イスカンダルは第5次アーチャーより魔力のランクが低いので、同じ状況に持ち込めれば完全に石化できるかもしれません。
まあ、イスカンサルは豪放なだけでなく、アサシンの奇襲に対応できる程の隙の無い男なので、そう上手くはいかないでしょうけどね。
アーチャーにしても、桜を巻き込まないために大技を封じて戦ったから不覚を取っただけですしね。
でも、石化に抵抗できても、全ステータスを低下させる「重圧」の効果が発揮されるので、やっぱりあの魔眼は厄介です。 結界やベルレフォーンと合わせて使えばイスカンダルの切り札である「王の軍勢」に対抗することが可能なくらいです。
イスカンダルの戦車は破壊力ではメデューサのペガサス(ベルレフォーンを含む)を凌駕してますので、魔眼にさえ注意すれば基本的にはイスカンダルの方が有利ですが、戦い方次第ではメデューサにも勝ち目がある、という感じだと思います。
[ 2014/09/06 23:25 ]
[ 2715 ] 河原さん、コメントありがとうございます
> 一応あの結界はサーヴァントに対しても魔力のランクを一つ下げる程度の効果はありますが、確かに決定打には足りませんね。 事前の下準備も必要ですし。
> ただ石化の魔眼もサーヴァントに対して有効です。 
> 石化に抵抗できても、全ステータスを低下させる「重圧」の効果が発揮されるので、やっぱりあの魔眼は厄介です。 結界やベルレフォーンと合わせて使えばイスカンダルの切り札である「王の軍勢」に対抗することが可能なくらいです。

あの結界宝具にはそういう効果もあったのですか。
石化の魔眼といい、相手のパラメータを減少させる能力に秀でたサーヴァントですね。

ならばこそなおのこと、特に考えなしでも攻守共に優秀な性能を発揮できるイスカンダルとは違い、
運用するマスターの技量が大きく問われるサーヴァントといえますね。
あのワカメがマスターではロクに活躍できなかったのにも納得がいきますw
[ 2014/09/07 14:11 ]
[ 2718 ] Re: Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話 独りの戦い
>あのワカメがマスターではロクに活躍できなかったのにも納得がいきますw

しかも、あのワカメ、まともな魔術回路がないから、マスター適性はウェイバーどころか、龍之介にも劣りますw
セイバールートで慎二が魔術を使ってるシーンがありますが、あれは偽臣の書を通じてライダーの魔力で使用していました。 魔力を供給しないで搾取してたわけで、ホントに最悪なマスターですね…
ただロクな修練もしてないのに魔力があれば簡単な魔術を使えてしまう辺り、センスはあったみたいです。 色んな意味で宝の持ち腐れですがw
[ 2014/09/07 21:38 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話「独りの戦い」
美遊ちゃん、がんばっておつかい中! 買うのは水ようかんなんですが^^; ルヴィアさん何吹き込んだんだww なばちゃんバゼットさんつおい! 相手の攻撃を先読みできるのか。 カードのためならロリも容赦なし。 バゼットさん大人げないような^^; イリヤ善戦も及ばず。 美遊きたー! 激おこです^^;^^; さすがのバゼットさんも後退? 十八番技や切り札技をバゼットさ...
[2014/09/04 20:58] のらりんすけっち
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!「第9話 独りの戦い」
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!「第9話 独りの戦い」に関するアニログです。
[2014/09/04 21:08] anilog
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話「独りの戦い」 キャプ付感想
強すぎるバゼットさんの前に、倒されていくクロちゃん、イリヤちゃん…  大ピンチにお使いからやっと帰って来た美遊ちゃんのターン!  しかしバゼット相手に宝具は使ってはいけなかった?!     崩壊したルヴィア邸に茫然とするイリヤとクロの前に、殺気に溢れたバゼットが 姿を現す。クラスカードを狙うバゼットの攻撃に対し、激しい抵抗を試みるイリヤとクロ。 しかし、その圧倒的な力の前...
[2014/09/04 22:56] 空 と 夏 の 間 ...
アニメ感想 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話「独りの戦い」
後より出て先に断つ者
[2014/09/05 17:17] 往く先は風に訊け
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話「独りの戦い」の感想 バゼットさん強すぎぃ
今週もバゼットさんのターン。 強いバゼットが見れて良かったです。 でもこの人って空飛べなさそうだよね。 以下ネタバレあり。 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第2巻 [Blu-ray](2014/10/31)門脇舞以、名塚佳織 他商品詳細を見る
[2014/09/05 22:44] こう観やがってます
【アニメ】Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!感想 第9話「独りの戦い」
前回は恐るべきバゼットさんの登場と、破壊的な戦闘力が描かれました・・・。 凜&ルヴィアのコンビが敗れた今、イリヤとクロに全てがかかっています! そして、美遊と水羊羹の行方は!? ・・・いや、水羊羹なんて後でいいから、美遊も早く帰ってきてーーーーー!! ということで、第9話の感想になります。 (注意事項) ・基本、嫁にハア...
[2014/09/06 23:24] 今日から明日へ(仮)
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話 『独りの戦い』 イリヤとクロを圧倒するバゼット!そして現れた美遊の頼もしさ。
イリヤじゃ勝てない。何しろクロと魔力を割ってしまっている。現在の魔力は元の1/3程度という貧弱ぶりです。・クロ…魔力は強いが痛覚共有でイリヤのダメージも受ける。・イリヤ…魔力が弱い。二人がかりでも苦しいのは自明です。 クロがいち早くバゼットに対応した一方でイリヤ棒立ち。早く戦えと思っていたら、ルビーが反対していたんですね。イリヤの意思は固く渋々変身に同意すると。 ...
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第9話 『独りの戦い』 イリヤとクロを圧倒するバゼット!そして現れた美遊の頼もしさ。
イリヤじゃ勝てない。何しろクロと魔力を割ってしまっている。現在の魔力は元の1/3程度という貧弱ぶりです。・クロ…魔力は強いが痛覚共有でイリヤのダメージも受ける。・イリヤ…魔力が弱い。二人がかりでも苦しいのは自明です。 クロがいち早くバゼットに対応した一方でイリヤ棒立ち。早く戦えと思っていたら、ルビーが反対していたんですね。イリヤの意思は固く渋々変身に同意すると。 ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。