窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> Re:␣ハマトラ> Re:␣ハマトラ Re:09 Symphony in the Moonlight

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

Re:␣ハマトラ Re:09 Symphony in the Moonlight

リプライ ハマトラ 1 初回生産限定版[Blu-ray]

ハマトラ2期 第9話。
ミニマムホルダーは、神か、獣か、人間か・・・。
以下感想

終わりの始まり

ミニマムホルダーは、神か、獣か、人間か・・・。

ナイスたちはスリーの頼みで演劇「竹取物語」に挑戦。
もはや何を目的としているのかわからない展開が続く中、
ナイスとかぐや姫のはじめちゃんが強烈なラブコメの波動を発する。
前回のはじめちゃん回からはじめちゃんのヒロイン力がストップ高。
というか冒頭でも相変わらず臭い語りをしていたけど、
ナイスってはじめちゃんとの出会いについてどこまで覚えているでしょうね。

ハニーの父親ドクトルは、野良ミニマムホルダーを「獣」と称し、
彼らには生きる資格はなく駆除しなければならないと強く主張する。
一方でもはや完全に悪徳宗教と化したフリーマムの代表アートは、
自分たちが自由に生きていくことができる「国」をつくると宣言する。
権利と義務ってのは2つセットでなければならないもので、
どちらか一方のみを求めるこの両者はどちらも極端すぎますよね。
人体実験にヤク漬けと、どっちもやってることはド畜生の所業で大差ないですし。

みんなで仲良くバカやっていられる日々にも終わりがやってくる。
バースデイは副作用の発生と同時期に病状を悪化させており、
そのバースデイとレシオの知人であるチユウはフリーマムによってヤク漬けに。
さらにかぐや姫を演じた後はじめちゃんがナイスの元を去ってしまったっぽい。
バースデイの不治の病設定とか「そういやそんな設定あったよねぇ」レベルw
チユウちゃんのこともここ数話の間は完璧に忘れ去っていましたよw

まとめ

てなわけで今回はおそらく最後のギャグ回兼終わりの始まり。
ドクトルとアートの語りといい、物語が動き出すまでのこれまでの流れといい、
何から何まで信じられないくらい長たらしかったですよねぇホントに。
まぁかぐや姫はじめちゃんがこれまで見せたことのない表情をしていて、
バツグンに可愛かったので良しとしましょうか。


このゆったりとした展開を「丁寧」ではなく「冗長」と感じるのは、
おそらくいまだにアートの真の目的が"具体的"に語られていないからでしょう。
「野良ミニマムホルダーが自由に生きられる国を作る」
それはアートの真の目的でないのはこれまでの描写からも明らかなのですが、
じゃあそれを土台にして最終的に何をどうしたいのか、
(想像はできるにはできるけど)いつまで経ってもハッキリと見えてこないから、
えらくフラストレーションが溜まるんですよねぇ。

今回のアートと同じように建国を高らかに宣言した仮面の変態男や、
新世界の神を目指したDQNネームの男なんかは、
早々に自らが目指す世界の明確なビジョンを提示してくれていました。
その理想に固執するあまり行動がブレたり暴走したりもしていましたが、
私はそういう思いの強さと人間臭さが本当に大好きでした。
今回のアートを観てこれらのキャラを連想し、
やはり今のアートには物足りなさを感じてしまうなぁと思った次第です。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/09/03 23:00 ] Re:␣ハマトラ | CM(0) | TB(2)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

Re: ハマトラ テレ東(9/01)#09
Re:09 Symphony in the moonlight 野良のミニマムホルダーは数々の事件に関与している。社会に貢献しない野良は処罰するべきだ。 ハジメを助けたモラルの地下施設。そこで救出した子供達は眠ったまま。社会復帰は難しいかもしれない。 スリーが引きとって育てていた子供達。邸が燃えたので施設に引き取ってもらった。その子供達のために演劇をする。商店街子どもまつりに出場するとハニー...
[2014/09/04 00:01] ぬる~くまったりと
Re:␣ハマトラ
Re:␣ハマトラに関するアニログです。
[2014/09/04 09:08] anilog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。