窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .アニメ感想(放送終了)> Re:␣ハマトラ> Re:␣ハマトラ Re:04 For whom Talent

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

Re:␣ハマトラ Re:04 For whom Talent

千の翼

ハマトラ2期 第4話。
ハニーの幼児退行と、彼女の父親との過去。
以下感想

才能の使い道

ハニーの幼児退行と、彼女の父親との過去。

ハニーはミニマム発動直後に幼児退行する謎の現象に襲われるようになる。
当の本人や周囲はこの状況に困り果てていましたが、
文句無しに可愛いし需要もバッチリなんだから別に気にすることもないのにw
まぁこの後の展開みたいにいざという時ロクに行動できなくなるのは、
確かにちょっと困ったことではありますけど。

そんなわけで仕事なんて受けている状況じゃないハニーなのですが、
今回の警護担当が実の父親であることもあり独断専行をしてしまう。
ハニーの父親は「才能は世界のために活用するべき」という思想の持ち主で、
そのためなら実の娘に人殺しすら強要してしまう偏屈な男。
一方、そんなハニーの父親を利用しようと行動を起こしたのが、
第2話でも登場していた野良のミニマムホルダー組織、フリーマム。
この連中が差別対象なのはミニマムホルダーか否かの問題ではなく、
どう考えてもそのぶっ飛びまくった外見が原因ですよねw


ハニーは父親共々絶体絶命の窮地に陥るものの、
自身の才能に人殺し以外の可能性があると信じるハニーは抗い続ける。
そしてハニーと同じく贖罪のため子供を守ることに能力を使うスリーが、
間一髪のところでハニーとその父親の救出に成功する。
スリーの獣人化も1期に比べてより獣っぽい見た目になっていましたねぇ。
幼女を守るために夜の街を駆け、血を流す心優しき獣。
まさにロリコンの鑑ですよねぇライオンのおじちゃんはw

結局ハニーの幼児退行の原因はわからず終いかぁ、と思っていた矢先、
バースデイやレシオにもミニマムの副作用らしき謎の症状が発現。
どうやらこの副作用こそがアートがミニマム集めに勤しむ理由みたいですね。
にしてもこれまでミニマムに副作用があるなんて描写はどこにもなかったのに、
堰を切ったように複数のミニマムホルダーに副作用が現れるとか、
この事態には何か見えざる力が働いているようにしか思えませんね。

まとめ

てなわけで今回はハニー回。
とにかく幼女化ハニーが可愛かった、それがすべての一話でしたね。
内容自体はハニーの思いとスリーとの絆が描かれた普通にいい話、
ハニーの父親が最後までデレなかったのが少し残念だったかな。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/07/29 22:40 ] Re:␣ハマトラ | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。