窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> HUNTER×HUNTER> HUNTER×HUNTER No.343 勧誘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

HUNTER×HUNTER No.343 勧誘

劇場版HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION- [Blu-ray]

ネタバレ注意です。
以下感想

参戦

欠員を抱える十二支んが新たにメンバーにと選んだのは・・・。

まずは前回の段階ではその意図がまるでわからなかった、
パリストンの理不尽すぎる強制二択について。
ええ、そういえばそうでしたね。
この男は強敵だからこそ絶対の信頼を寄せることができる、
大好きな相手だからこそイタズラをしたくなるという天邪鬼でしたね。
歪んではいるけどとにかく純粋で、不思議と可愛く思えてきましたよw

2名の欠員を抱える十二支んは、その補充要員として、
まずはレオリオを暗黒大陸行きのメンバーに勧誘する。
選挙編で得たレオリオの人望を考えれば納得の人選なのですが、
逆に現実主義者のレオリオがリスクの高すぎる暗黒大陸行きに
快諾したことはものすごく意外だったかも。
十二支んを通じて、選挙編では連絡も取れなかったクラピカを、
自分の前へと引きずり出すことも動機の一つかなと思います。

レオリオの推薦で選ばれたもう一人のメンバーはあのクラピカ。
緋の目の奪還を第一に考えているクラピカははじめは即答で断ったものの、
大量の緋の目の持ち主(カキンの第四王子)が同じ船に乗ると知ると、
一転して暗黒大陸行きへの参加を決める。
緋の目のこととなると相手が誰であろうと殺意むき出し。
クールに見えて実は超激情家であるところは相変わらずですね。

まとめ

てなわけで今回はレオリオ、そしてクラピカの暗黒大陸編への参戦。
ヨークシン編以降久しぶりとなるクラピカの本編参加、
これは超テンションが上がってきますね!

ネオンが念能力を奪われてから傾きまくりだったノストラードファミリーを、
クラピカは"用心棒"と賭博を収入源として立て直した模様。
そして今のクラピカは旅団の討滅より緋の目の奪還を優先しており、
ミザイの目から見ても相当な修羅場を潜ってきているらしい。
これらから、旅団戦にのみ特化していたクラピカも、旅団以外の人物と戦い続け、
十二支ん入りするのに相応しいだけの実力を得ていることが伺えますね。

ヨークシン編以降のクラピカの戦いの成果が描かれることが今から楽しみです。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/06/17 07:30 ] HUNTER×HUNTER | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。