窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> HUNTER×HUNTER> HUNTER×HUNTER No.341 厄災

HUNTER×HUNTER No.341 厄災

劇場版HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION- [Blu-ray]

ネタバレ注意です。
以下感想

パンドラの箱

暗黒大陸進出が人類にとって禁忌であった理由。

かつてビヨンド率いる調査団が独自で新世界へと渡ったが、
その結果は多数の犠牲者を出し「新たな厄災」を持ち帰るのみであった。
「突然目の前でひとりでに捻れた」「知人・縁故の繋がりが顕著」
この描写から真っ先に連想するのはそう、あの「ナニカ」ですよね。
なので「ナニカ」も暗黒大陸と深い関わりがある存在なのではと思います。

故ネテロ元会長が十二支んに残した要望、というか指令は、
「ビヨンドより先に暗黒大陸探検を成功に導いてほしい」というもの。
元会長の指令ということで暗黒大陸行きは満場一致となるものの、
代わりに「ビヨンドのハントの是非」について大モメとなる。
ジンがこのタイミングで十二支んを脱退したのはこれが理由でしょうね。
純粋に新世界開拓を楽しみたいであろうジンにしてみれば、
こんなゴタゴタに巻き込まれるのはまっぴらごめんでしょうしw


で、大モメの真っ最中であった十二支んに対し、
まずビヨンドのほうが接触しギブアンドテイクを持ち掛けてくる。
ビヨンドは生前のネテロですら抑えておくのが精一杯であった相手なわけですし、
こうして先手を打たれた時点でビヨンドのハントは難しいのではと思います。
そうなるとビヨンドにうまく取り行って彼にある種の方向性を与え、
厄災の解決に利用するのがベターでしょうけど・・・。
(元)十二支んの中でそれができそうなのがあのパリストンぐらいなんですよねぇ。

まとめ

てなわけで待望の「HUNTER×HUNTER」連載再開。
通常連載は2年ちょっとぶりってところでしょうか。
まぁこんなもんじゃないかなぁと感じるのは、
私の感性が完全に麻痺っているからでしょうか?w

今後どうなるか不安でしょうがなかった暗黒大陸編ですが、
今回を読む限りここから一気に面白くなりそうな予感はしてきますね。
なのであとの心配事は今回の連載がいつまで続くのか、ですね!w
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/06/03 07:35 ] HUNTER×HUNTER | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL