窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> ラブライブ!> ラブライブ!(2期) #8 私の望み

ラブライブ!(2期) #8 私の望み

TVアニメ ラブライブ!2期 挿入歌(2)

ラブライブ!2期 第8話。
μ'sのスピリチュアルお姉さん、希の秘めたる思い。
以下感想

女神の名をした奇跡

μ'sのスピリチュアルお姉さん、希の秘めたる思い。

いよいよ最終予選目前、どうせなら新曲で挑みたいということで、
μ'sはこれまでありそうでなかったラブソング作りに挑戦。
しかし海未ちゃんをはじめ全員恋愛経験からっきしで曲作りは難航を極める。
恋愛映画の件を観ても、やっぱμ'sの面々にラブソングはムリっぽいよなぁw
にしても海未ちゃんは恥ずかしがり屋にも程があるだろうww

第6話での経験からしても、今さらラブソングに頼るのではなく、
今までの曲で自分たちらしく頑張るべき。
しかしあの物分かりがいいエリチが珍しく新曲作成にこだわるのだが、
これは親友の希の望みを汲んでのことであった。
かつて希にお節介をやかれまくったエリチや真姫ちゃんに、
今度は希がお節介をやかれる立場になるとは、
なんとも感慨深いものがありますね。

μ's結成の影の立役者、希の知られざる境遇と秘めたる思い。
希には自力で殻を破るだけの勇気が多少はあったのですが、
同時に殻を破れずくすぶり続ける人たちの気持ちもよく理解できていたと。
その結果最終的に自分のことは後回しになっていたとか、
確かにこれはエリチや真姫ちゃん以上のめんどくささですねw
というか希のあの方言ってただのキャラ作りだったのかよww

まとめ

今回はμ'sのスピリチュアルお姉さん、希のエピソード。
μ'sを影から支え続けていた希がこれまでずっと秘めていた思いと、
エリチ、真姫ちゃんの希への友情が感動的だった一話でしたね。
普段はスピリチュアルな希がはじめてみせた歳相応な一面と、
普段の希顔負けな母性を発揮したエリチが高ポイントでした。

μ'sには恋愛要素は皆無ながらかけがえのない友情がある。
ラブソング自体は無謀な挑戦なのでしょうけど、
希の願いである「9人の言葉を紡ぐ」はすばらしいアイデアだと思います。
より強い絆で結ばれたμ'sの面々が作り出す新曲と、
その新曲であのA-RISEに勝利することに期待ですね。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/05/27 01:00 ] ラブライブ! | CM(0) | TB(2)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

ラブライブ!2期 第8話 「私の望み」
最終予選で歌う曲を決めよう! 新曲で勝負の流れに。 ラブソングを提案する希ちゃん。 そういえばμ'sの持ち歌にはラブソングがない。 作詞担当の海未ちゃん、恋愛経験なかった^^; あるかないかみんなに詰め寄られるとは思っても見なかったでしょう^^;^^; 恋愛のイメージをふくらませましょう! あの手この手、いろいろやってみますが。 お芝居はツンデレ真姫ちゃんが秀逸でした。 ...
[2014/05/27 05:02] のらりんすけっち
希にラブソングを!! ラブライブ! 2nd Season 第8話「私の望み」感想
「ラブライブ!」の東京地区最終予選が迫る中、インタビューを受けた穂乃果はμ'sの優勝を宣言。 最終予選で歌う曲としてこれまで歌った事のない『ラブソング』の新曲を製作しようとするも、処・・・もとい恋愛未経験の海未達はラブソングを作曲する事に自信が持てずに二の足を踏む。 そんな中、ラブソングに拘る希の強い意見もあり作曲に繋がる着想を得ようと模索するが上手くいかない。 最終予選が迫る...
[2014/05/27 23:16] アニメ色の株主優待