窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .アニメ感想(放送終了)> 魔法科高校の劣等生> 魔法科高校の劣等生 第5話 入学編V

魔法科高校の劣等生 第5話 入学編V

ミレナリオ(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

魔法科高校の劣等生 第5話。
劣等生と、彼らを裏から操る「ブランシュ」の暴走。
以下感想

襲撃

劣等生と、彼らを裏から操る「ブランシュ」の暴走。

魔法が使えるから魔法師になろうとする者が多い中、
達也は「魔法を使ったエネルギー開発」という明確な目標を抱いていた。
それを聞いたクラスメイトのメガネっ娘、柴田美月は、
達也のことをえらく尊敬するようになるが、
達也が魔法師となった経緯は美月が尊敬するようなものではないらしい。
第1話冒頭の描写から軍人として魔法を修めさせられていたのでしょう。
確か戦争の理由も「エネルギー問題」だった気がするし、
達也が魔法をエネルギー開発に使いたいと考えるのも自然な流れですね。

学校側へ待遇改善を求める壬生さんは、仲間たちと共に放送室へと立てこもる。
しかし達也の狡い策によって立てこもり事件は速攻で解決し、
その後行われた討論会は七草生徒会長の圧勝、ただの演説会と化す。
劣等生たちはとにかく自分たちの中の劣等感を上手く処理できていない。
だから何か別のものに淀んだ感情をぶつけるしかできないのでしょう。
劣等生を見下すことで優越感に浸ろうとする優等生たちといい、
この高校は精神年齢の低い連中ばっかりですねぇ。

討論会の直後、学校内に無数の襲撃者が現れる。
魔法科高校って国家機関っぽいし、生徒もみんな魔法が使えるわけなんだけど、
だからって子供たちに向かって銃器を向けるか普通・・・?ww

しかしそんな襲撃者も生徒会の猛者たちにはまるで敵わない。
風紀委員の長である渡辺先輩は当たり前として、
第3話で達也にボロ負けした服部さんも実はすごく優秀だったんですねw

まとめ

てなわけで今回は中盤までは劣等生たちの精神年齢の低さに驚き、
終盤ではこの世界の治安の悪さにさらに驚かされた一話でした。
にしても生徒会の面々、すなわち魔法科高校のエリートたちの優秀さは、
他の生徒たちと比べても飛び抜けたものを感じますね。
達也といい、彼らが普段どのような環境でどのような教育を施されてきたのか、
とても気になってきましたよ。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/05/05 21:50 ] 魔法科高校の劣等生 | CM(2) | TB(7)
[ 2594 ] Re: 魔法科高校の劣等生 第5話 入学編V
>魔法が使えるから魔法師になろうとする者が多い中

これ逆なんだよ
魔法師の家系なので魔法が使えるから魔法を習わされるって感じです。


>第1話冒頭の描写から軍人として魔法を修めさせられていたのでしょう。

ちょい順番が違うんだよね^^;ある出来事で力を手に入れて→とある大事件→軍の非正規兵って順番です。
ある出来事とは追憶編で分かります(話数から今期だとしなさそう)
とある事件は冒頭で説明があった某国の沖縄侵攻です。

>この高校は精神年齢の低い連中ばっかりですねぇ。

みんな自尊心が高過ぎるからね^^;しょうがない所なんだよね。
魔法師の成り立ちが分かれば理由が分かります。

>魔法科高校って国家機関っぽいし、生徒もみんな魔法が使えるわけなんだけど、
だからって子供たちに向かって銃器を向けるか普通・・・?ww

あの銃は普通の銃じゃなくて対魔法師用の超高速弾仕様の軍用銃(テロリストはもとより小国では装備調達が不可能な高性能&高価格兵器)なんだよね。
ブランジュを操ってる黒幕は日本の魔法師=国防力の低下を狙ってるのでどんな手も使います。

主人公達がかよってる魔法科高校の正式名は国立魔法大学付属第一魔法科高校なんだよね。
魔法科高校は第一から第九まであります。(指導者の数が足りないのでこれ以上拡大化できない

>終盤ではこの世界の治安の悪さにさらに驚かされた一話でした。

寒冷化に伴う食料とエネルギーの取り合いで第三次世界大戦(2045年から2065年にかけて20年続いた)があって総人口が20億台にまで激減して数多くの国が消えたり併合されてますからねえ

そしてお隣の大亜細亜連合(大亜細亜中華が中心の高麗と吐藩が連合を構成する連合国家)という国とは未だに冷戦中(第三次世界大戦後も和平条約がが結べない状態が続いてる)で3年前には沖縄に侵攻されたりしてて日本は戦時体制が継続されてる状態です。
[ 2014/05/07 00:37 ]
[ 2596 ] mさん、コメントありがとうございます
> あの銃は普通の銃じゃなくて対魔法師用の超高速弾仕様の軍用銃(テロリストはもとより小国では装備調達が不可能な高性能&高価格兵器)なんだよね。
> ブランジュを操ってる黒幕は日本の魔法師=国防力の低下を狙ってるのでどんな手も使います。

あの銃ってそんな高性能仕様だったのですか。
テロリストのやられっぷりからはそんな気配は微塵も感じませんでしたし、
なんだか無用の長物ってカンジがしますねw

> 主人公達がかよってる魔法科高校の正式名は国立魔法大学付属第一魔法科高校なんだよね。
> 魔法科高校は第一から第九まであります。(指導者の数が足りないのでこれ以上拡大化できない

むしろ人口が激減している中、特別な学校がそれだけ設立されていることに逆に驚きです。
魔法が現代科学として確立されたことにより、
急速に魔法の適正を持つ子どもたちが増えたってことなのでしょうか。
[ 2014/05/11 11:11 ]
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL

魔法科高校の劣等生 第5話「入学編V」キャプ付感想
ただの生徒の不満からの事件はエスカレート。 政治結社のテロまで発生(^^;  物騒すぎる学園ですね…!    二科生の待遇改善を求める“学内の差別撤廃を目指す有志同盟”が放送室を占拠した。 彼らは差別撤廃を求めるが、達也や部活連の会頭・十文字克人によって占拠は失敗。 真由美から公開討論会を提案され、いったんは解散する。翌日、約束の討論会が開催された。 差別ではなく、差別...
[2014/05/05 21:56] 空 と 夏 の 間 ...
魔法科高校の劣等生 第5話「入学編Ⅴ」
「僕たちは生徒会と部活連に対し  対等な立場における交渉を要求します」 有志同盟の要求を受け入れ開かれる事になった公開討論会 当日、彼等の裏にいるブランシェが動き出す! 【第5話 あらすじ】 二科生の待遇改善を求める“学内の差別撤廃を目指す有志同盟”が放送室を占拠した。彼らは差別撤廃を求めるが、達也や部活連の会頭・十文字克人によって占拠は失敗。真由美から公開討論会を提案...
[2014/05/05 23:19] WONDER TIME
魔法科高校の劣等生 第05話 感想
 魔法科高校の劣等生  第05話 『入学編Ⅴ』 感想    次のページへ
[2014/05/06 15:11] 荒野の出来事
魔法科高校の劣等生 第5話 「入学編Ⅴ」 感想
意識の壁を崩せ―
[2014/05/06 19:06] wendyの旅路
魔法科高校の劣等生 Episode 05 「入学編5」
【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 1(完全生産限定版)(オリジナルステッカー付き) [DVD](2014/07/23)不明商品詳細を見る 魔法が使えないのに魔法士にされてしまったという司波達也。 これは、司波家あるいは四葉家の方針なのでしょうか? しかし、司波の両親は国立魔法大学付属第一高校に進学することに 反対していた。一体、ど...
魔法科高校の劣等生 #05 「入学編Ⅴ」
なんかいきなり校外勢力からの直接攻撃を食らう「魔法科高校の劣等生」の第5話。 前回、達也を勧誘して逆にその意図を問われて回答を持ってきたという 美少女剣士の「壬生 沙耶香(みぶさやか)」先輩。 やっぱり学校側への具体的な要求は打ち出せず、軽く達也に論破されて ガッカリする間もなく放送室を強制占拠。 達也は予めもらっていた電話番号で沙耶香に接触。 深雪に余計な怒りを買いなが...
[2014/05/07 12:49] ゆる本 blog
魔法科高校の劣等生 第5話「入学編 5」
アバンでの達也と美月の会話のシーン、初めて原作に目を通した時は何の予断も持たずにそのまま普通に読み流してましたけど、アニメでそれぞれに中村悠一さんと佐藤聡美さん声がついてるのを見ると、しみじみ思い出しますよね〜、『氷菓』(笑)。あの場面だけ登場人物を奉太郎とえるに置き換えてもほとんど違和感ないくらいの雰囲気を醸し出していたように思えました。もっとも『氷菓』と違ってこの2人にはフラグ立ちません...