窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > スポンサー広告> .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第745話 鳥カゴ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)

ONE PIECE 第745話 鳥カゴ

ONE PIECE ワンピース 16THシーズン パンクハザード編 piece.9[Blu-ray]

ネタバレ注意です。
以下感想

鳥カゴ

ドフラの能力「鳥カゴ」の発動と、狂気のゲームの幕開け。

キュロスに首を切られたはずのドフラの反撃。
糸でできた「操り人形」を駆使しルフィを圧倒する。
ロー戦からずっと思っていたのですが、
ドフラは「糸」という大して強そうでもない能力を、
よくここまで鍛え上げたものですよねぇ。

ピーカの能力で王宮からルフィたちを排除したドフラは、
秘策であり彼の能力の一つである「鳥カゴ」を発動する。
まるで鳥カゴのように糸で島を覆うような柵を作り上げ、
ドレスローザ島内にいるすべての人間の脱出を封じるだけでなく、
外部との通信まで遮断するシロモノ。
ドフラの能力の規模にも驚きでそちらにばかり目が行きがちなのですが、
地味にピーカの能力も相当にヤバイですね。
「石」なら地形すら思いのままとかどんだけだよってカンジです。


そしてドフラは「鳥カゴ」の中で、
自身と反乱分子たちの命を使ったゲームを催す。
これにより反乱分子たちは誰に命を狙われるかわからない状況となり、
ただでさえ烏合の衆であった彼らはこれで完全に共闘が不可能となるはず。
加えてドフラはピーカの能力と自身の操り人形で、
一人だけ安全圏にいながら騒動を自在に操作できてしまうと。
まさに形勢逆転の恐るべき一手ですねこれは。

まとめ

てなわけで今回はドフラの能力「鳥カゴ」の発動。
あれだけ劣勢に陥っていたドフラなのですが、
わずか一話でここまで見事に逆転するとは思いもよりませんでした。
ドフラの企画したこのゲームに対し、
海軍と革命軍がどう動くのかが激しく気になるところです。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/05/01 07:00 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。