窓から見える水平線

アニメやマンガの感想を日々更新しています
HOME > .マンガ感想> ONE PIECE> ONE PIECE 第744話 革命軍参謀総長

ONE PIECE 第744話 革命軍参謀総長

ONE PIECE Log Collection  “IMPEL DOWN

ネタバレ注意です。
以下感想

サボ

コロシアムを優勝したあの男の正体は・・・。

コロシアム決勝戦。優勝は大会随一のダークホース、ルーシー。
メラメラの実を見事手に入れ、それを食したあの男は、
早速エースの技である「火拳」を披露。
というかニセモノだったりそもそも賞品がなかったりとかじゃなく、
マジでメラメラの実が用意されていたことに若干驚きですw

途中からルフィと入れ替わってルーシーとなり、
今回メラメラの実を手に入れた男の正体は、
革命軍参謀総長のサボであった。
サボがあれから革命軍のNo.2にまで成り上がっていたとはなんとも感慨深い。
そして今もまだルフィの兄でいてくれていることに安心感を覚えます。


一方、前回キュロスに首をはねられたドフラですが、
どういうわけだかこの状態でも死んでないし普通にしゃべることができてる。
そしてドフラはこの状況を打破するため「鳥カゴ」という策を使うつもりらしい。
ローの驚き方からすると相当ヤバそうな策なのですが、生首の状態で凄まれてもなぁ・・・ww

まとめ

てなわけで今回はついにコロシアム決着&あの男の正体が確定。
サボがエースの形見であるメラメラの実を手に入れるというのはなんとも喜ばしい,
ものすごく燃える展開ですよねぇ。
革命軍の本来の目的もルフィたちの目的に反していませんし、
あとは義兄弟の共闘が見れたらなぁと願うばかりです。
関連記事

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

[ 2014/04/15 06:50 ] ONE PIECE | CM(0) | TB(0)
コメントする








トラックバック
この記事のトラックバックURL